ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 同人誌の適正価格?そんなものは… 戦国時代に迷い込んだオタクの一言に納得 漫画家が込めた思いを聞いた

同人誌の適正価格?そんなものは… 戦国時代に迷い込んだオタクの一言に納得 漫画家が込めた思いを聞いた

9

2019年03月18日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真「戦国コミケ 〜同人誌の値段のつけ方は自由ですぞ〜 」の一場面=横山了一さんのツイッター
「戦国コミケ 〜同人誌の値段のつけ方は自由ですぞ〜 」の一場面=横山了一さんのツイッター

 同人誌の価格設定は高いのか?安いのか? 先日、ネット上で議論になったこのテーマに対して、ある漫画家が投稿した4ページの漫画が注目を集めました。どんな思いを込めたのか、作者に話を聞きました。

【画像】話題の漫画はこちら。戦国時代にタイムスリップしたコミケの達人のアイデアで饅頭屋が突然人気店に

登場するのはコミケの達人
 2月25日にツイッター投稿された4ページの漫画。

 描いたのは、コミケの達人・タケシが戦国時代にタイムスリップして活躍する「戦国コミケ」の作者である漫画家・横山了一さんです。

 今回投稿された漫画は、タケシが廃れたまんじゅう屋を訪れる場面から始まります。

値段を上げて売ると……
 店主が1個3文のまんじゅうを作ったところ、「たかがまんじゅうにこんな値段つけんな!」と客にキレられたといいます。

 「もう、いっそこうなったら赤字覚悟で全部バラまいちまおうか」という店主に対して、タケシがこう言います。

 「お任せくだされ 小生がクリエイターとしての正しい姿を教えまする」

 そう言って前よりも高い1個10文で売り始めます。心配する店主に対して、タケシはこう言い放ちます。

 「モノ作りというものは ごく一部のクレームを真に受けていてはどうにもなりませぬ……! 丹精こめて作ったモノを 売りたい値段で売ればよいのです!」

 すると続々と人が集まってきて、「この値段ならきっとうまいだろ」「キリのいい数字だな」と評判になります。

 最後のシーンは、タケシの「まったく どの時代もモノ作りは大変ですな……!」というセリフで締めくくられています。

作者に聞きました
 この漫画に対して、「タケシくんイケメン過ぎる」「この考えがもっと浸透してほしいな」といったコメントが寄せられ、リツイートは5千、いいねは1万4千を超えています。

 「同人誌の価格をめぐるニュースが話題になっていたので描きました。忙しかったのもあって、投稿するのが遅くなってしまいましたが」と横山さん。

 ツイッターで発表した作品が元になって単行本化されたケースもある横山さん。時折、そのことに対してツイッター上でイチャモンを付けてくる人もいるといいます。

 「2%のクレームを気にしても仕方ない。支持してくれる他の人たちのためにも気にせず描くように心がけています」

 そんな思いを込めたのが「丹精こめて作ったモノを 売りたい値段で売ればよいのです!」というメッセージだといいます。

 投稿が話題になったことについては、こう話します。

 「素直にうれしいです。批判を受けて描くのをためらっている人、萎縮している人がいたら、堂々と自信を持って活動してほしいです」

このニュースに関するつぶやき

  • なんという�Ԥ��Ԥ��ʿ�������昨日のyoutubeの呟きに通じるものがあるわ�Ԥ��Ԥ��ʿ�������いちいちネガティブな反応を気にするなと…��(��)
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 会場で試し読みした上で欲しくなりゃお買い得であろう?値段で萎えるならその程度であるから買わなければよろしい。
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定