ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 【インタビュー】『バンブルビー』トラビス・ナイト監督 「10歳の自分が『見たい』と思ったものが、30年後にできました」

【インタビュー】『バンブルビー』トラビス・ナイト監督 「10歳の自分が『見たい』と思ったものが、30年後にできました」

0

2019年03月18日 10:20  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真トラビス・ナイト監督
トラビス・ナイト監督

 『トランスフォーマー』シリーズの起源にさかのぼった『バンブルビー』が3月22日から公開される。1980年代を舞台に、心に傷を抱えた少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)と、地球外生命体バンブルビーとの関係に焦点を当てた本作のトラビス・ナイト監督が来日し、インタビューに応じた。




−日本を舞台にした『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(16)に続いて、本作も日本が発祥のものです。これは偶然でしょうか。また、監督にとって日本はどういう存在なのでしょうか。

 「偶然はない」と言った人がいます。私の家族はみんな日本から影響を受けています。父は若い頃日本に来て、その時の経験がNIKEの創業に結びつきました。私も父と一緒に、8歳のときに初めて日本に来て、世界観が変わりました。建築物、音楽、食べ物、漫画…それまで見てきたものと全てが違っていました。その時、漫画を何冊か買ってアメリカに帰ったのですが、その中に「子連れ狼」があって、それが『KUBO〜』につながりました。トランスフォーマーも日本生まれですが、それらは偶然ではないと思います。私はいろいろな意味で日本とつながっていると感じていますし、日本を愛しています。そうした思いが結果としてつながったのではないかと思っています。

−今回のキャラクターのイメージは、アニメシリーズに似ていると思いました。それはご自分が子どもの頃に見ていたイメージを大切にしたからでしょうか。

 今回は“始まりの物語”ということで、時代を80年代に設定したことは理にかなっていると思いました。ここ10年の『トランスフォーマー』シリーズの監督はマイケル・ベイだったので、彼の感性や感覚が生かされていました。また、これまでトランスフォーマーのファーストジェネレーションは大画面では描かれていなかったので、もし私が監督をやるとしたら、アニメ番組が持っていた感覚や、シンプルなデザインのものを大画面で見せたいと思いました。つまり、10歳のトラビス・ナイトが「見たい」と思ったものが、30年後にできたということです。

−本作のプロデューサーの一人でもあるスティーブン・スピルバーグは、『レディプレイヤー1』(18)のときに、「80年代はイノセントで楽観的な時代だった」と語っていました。そうしたテイストが本作にもあったと思いますが。

 私は80年代に子ども時代を過ごしたので、映画的に最も影響を受けたのがスピルバーグの映画で、感動して泣いた初めての映画は『E.T.』(82)でした。主人公の少年とE.T.との関係性がとても美しく描かれた映画だと思いました。スピルバーグが設立したアンブリンの映画には総じてそうした美しさがあったし、見る者を泣かせて笑わせて、そしてあっと驚かせるという性質がありました。もちろん冒険も描かれていましたが、その中心には必ずハートがあるというのがアンブリンの映画だったと思います。私はそれらに影響され、インスピレーションを受けて育ちました。『トランスフォーマー』シリーズには、アクション面のベイとハート面のスピルバーグという2人の父親がいます。今回は、その両方を織り交ぜながら、そこに私のタッチを入れたいと考えました。

−今回、ベイやスピルバーグから何かアドバイスはありましたか。

 スピルバーグは、私は彼が作った映画からたくさんのインスピレーションを受けているので、それだけがアドバイスです(笑)。マイケル・ベイからはとても意味深い話を聞きました。彼が若い頃に、製作者のジェリー・ブラッカイマーから「プレッシャーを感じていると思うけど、この映画は君のものだ。この映画を守りなさい。周りの人からいろいろなことを言われ、それに影響されたり、流されたりしがちだけど、君以外にこの映画を守れる人はいないのだから」と言われたそうです。とてもシンプルな考え方ですが、私もいろいろなピンチに陥ったときに、その言葉を思い出して奮起しました。

−80年代カルチャーのお気に入りは? また、今回は80年代のヒット曲が効果的に使われていましたが、何かこだわりはありましたか。

 80年代の映画、テレビ、コミック、音楽の全てが、今の自分の一部を形成したと思います。音楽には、言葉にはできないけれど、それを通して何かを語ったり、気持ちを伝えることができるという効力があります。今回はダリオ・マリアネッリが作曲したものと、当時のヒット曲を使いましたが、キャラクターの気持ちを代弁したり、作品のテーマも的確に伝えるなど、とてもいい効果を発揮してくれました。例えば、チャーリーが一生懸命にフォルクスワーゲンを直そうとする場面は、なかなかフィットする曲が見付からなかったのですが、スティーブ・ウィンウッドの「ハイヤー・ラヴ」を使ったら、あのシーンが生き生きとしたものになりました。私自身はザ・スミスが大好きです(笑)。

−アニメ映画を経て、今回初めて実写映画の監督に挑んだわけですが、別のことに挑戦する上での心構えはありましたか。

 私は常に新しいことにチャレンジしていきたいと思っています。同じことをしていたのでは成長はありません。それには、常に自分を居心地の悪い状態に置いて、恐怖心やワクワクする気持ちをかき立てることが必要です。実写映画の監督は初めてでしたが、バンブルビーのキャラクターはアニメとも通じるものだったので、慣れ親しんだ部分もありました。その一方、こうしたフランチャイズ映画を撮るのも初めてだったので、怖い部分もありました。でも、私の哲学をこの映画に入れることができたら、いいものができるとも思いました。撮影中はスピード感があり、毎日新しいことを学ぶ日々でしたが、その奥には常に温かさがありました。ですから、この映画を作ることに喜びを感じたし、本当にいい経験をしていると思いました。私もそうですが、スタッフが皆楽しみながら作ってくれた気持ちが、この映画に反映されていると思います。だからとても温かい映画になったと思います。

−では最後に、日本のファンに一言お願いします。

 初めて撮影現場に入ったときは、とても恐怖心がありました。でもクビにもならず、何とか生き延びて…(笑)。でも、完成した映画を劇場で観客と一緒に見たときに、みんなが私と同じところで笑ったり泣いたり、息をのんでいる姿を見て、とてもうれしかったし、こういう機会を与えてくれた人たちに感謝しました。私は日本からいろいろな影響を受けて育ってきました。ですから、日本の皆さんにもぜひこの映画を見ていただいて、私の日本に対する愛を感じてほしいです。

(取材・文・写真/田中雄二)


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定