ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > ブラクラ検挙 県警捜査の実態

「あなたブラクラ貼ったでしょ?」→39歳男性を書類送検 検挙男性が明かす「兵庫県警“決めつけ”捜査の実態」

85

2019年03月20日 13:05  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真事件を伝えるNHK(NHKより/現在は削除済み)
事件を伝えるNHK(NHKより/現在は削除済み)

 「あなたがやったことはこれだけ大きな罪なんですよ」――インターネット上の掲示板に「不正なプログラム」を書き込んだとして検挙された男性がねとらぼ編集部の取材に応じ、兵庫県警に受けた取り調べの一部始終を語りました。「ブラクラ」という言葉すら知らなかった男性はなぜ書類送検されたのでしょうか。



【画像で見る:兵庫県警が「ブラクラ」と決めつけたページ】



●事件のあらまし



 猫のアスキーアート(AA)とともに、「何回閉じても無駄ですよ〜ww」と書かれたポップアップが繰り返し表示されるサイトのURLをインターネット上の掲示板に書き込んだとして、13歳の女子中学生が補導、39歳と47歳の男性が家宅捜索を受けたとの報道がなされたのは3月初旬のこと。



 一部では掲示板に貼られたURLが「ブラウザクラッシャー」(通称:ブラクラ)にあたるとの報道もありましたが、問題視されたURLを確認してみると当該プログラムにブラウザをクラッシュさせる機能はなく、厳密には「無限アラート」へのリンクであり「ブラクラではない」という意見の人が大半です。



 またポップアップについてもタブを閉じてしまえば消せることから大きな害はほとんどなく、いたずら目的のジョークページとみる人が大半ですが、女子中学生ら3人は「不正指令電磁的記録供用未遂の疑い」(通称:ウイルス罪)で兵庫県警の摘発を受けました。



 ネット上ではこうした兵庫県警の判断に批判的な声も多く上がっていますが、プログラミングに関する著書も持つデータサイエンティストの加藤公一(@hamukazu)さんは、「みんなで逮捕されようプロジェクト」と題して同様のプログラムを公開し、抗議活動を行っています。



 ねとらぼ編集部は「みんなで逮捕されようプロジェクト」の取材過程において、加藤さんを通じ、家宅捜索を受けた39歳の男性(以降、Aさん)とコンタクト。Aさんが家宅捜索を受けたときの生々しい状況や、現在の心境についてメディアではじめて語りました。



●早朝の扉ドンドンに家族が恐怖を覚えて通報 兵庫県警の不可解な家宅捜索



――兵庫県警が家宅捜索に来たのはいつのことですか。



Aさん:2019年3月4日の早朝6時20分ごろです。5〜6人の男女がインターフォンのチャイムを何度も鳴らしたり、ドアを激しくたたいたりしていたので、一緒に住んでいる家族が「変な人たちが家のドアをたたいてくるので怖い」と最寄りの警察署に通報しました。すぐに最寄りの警察署の警察官がうちに来てくれて、玄関前で兵庫県警と話し合い、「とりあえずドアを開けてください」ということになったので、家族がドアを開けたところ、兵庫県警の刑事がパシャッと家族の写真を無断で撮影しながら入ってきました。



――ご家族の写真をですか……。その後はどうなりましたか。



Aさん:私は2階の自室で寝ていたのですが、兵庫県警が大人数で部屋に入ってきて、「(部屋にあった携帯電話を見て)この黒い携帯電話はあなたが使っているものですか?」「今から家宅捜索するので部屋の中や携帯電話の中身を調べさせてもらいます」というようなことを言われました。そのとき「不正指令電磁的記録供用未遂の罪」と書かれた令状を見せてもらいましたが、何のことかさっぱりで、ずっとベッドの上でじっとしていました。



――そのときはブラクラや無限アラートに関係するお話は出なかったのでしょうか。



Aさん:なかったです。兵庫県警の刑事から「何の件で来たか分かるか」ということ聞かれたのですが全く思い当たらず、「身に覚えがないので分かりません」と返答していました。そのうちに私の携帯電話を解析しているらしい刑事の一人が「この携帯ではない」と言い始め、「(最近)携帯買い替えた?」と聞いてきたので、「2018年11月14日に買い換えました。以前使っていた機種は5年ほど使っていたものだったので、ボタンが変色していたり、充電器との接触が悪かったりして調子が悪かったんです」と答えました。すると、しきりに「なんで携帯変えたんだ!」「以前使っていた携帯はどこにあるか」「以前使っていた携帯電話の製造番号は残っていないか」と尋ねてきたので、「手元にはない」と答えました。



――その後は警察署に移動して取り調べが行われたんですね。



Aさん:そうです。自宅からパトカーに乗って、最寄りの警察署の生活安全課に行き、当日は17時過ぎまで、翌日は10時半から19時半まで、チーフと呼ばれる男性刑事と女性刑事の取り調べに応じました。何度も聞かれたのは「何でここに来たのか分かるか」「掲示板で今まで書き込んできたことは分かるか」「たった1行だけのURLを投稿したことはないか」ということで、特に「たった1行だけのURL」についてはかなり何度も聞かれたのですが、本当に分からなかったので私自身困惑するばかりでした。



――無限アラートのURLの件だと分かったのはどのタイミングでしたか。



Aさん:刑事からURLをプリントアウトしたものを見せられたことからです。最初は「このURLを書き込んだ記憶はないか」という話でしたが、スレッド名とタイトルを見て、少しずつ記憶が戻ってきました。このときの様子を思い出せる限りでまとめてみます。



【 以下、Aさんの記憶をもとに兵庫県警とのやりとりを再現 】



チーフ男性刑事:不正指令電磁的記録供用未遂って聞いて、何かピンとくる?



Aさん:いえ、全く……。



女性刑事:ブラクラって知ってる?



Aさん:いえ……知りません。



チーフ男性刑事:あなたが貼り付けたURLがこれなんだけど。(兵庫県警がブラクラと呼ぶ、問題のURLが書き込まれたスレッドのプリントアウトを見せられ)見覚えは?



Aさん:いえ、覚えていません。



チーフ男性刑事:以前あなたが使っていた携帯から投稿されているんだけどね。



女性刑事:よーく思い出してみて。一つ前の「動画貼れやボケ」って書き込みに対して、あなたが返信する形でこのURLを投稿しているでしょ?



Aさん:はい。



女性刑事:故意に踏ませようとしてるよね?



Aさん:……はい。



女性刑事:ブラクラだと知ってて踏ませようとした?



Aさん:あの、ブラクラって何なんですか?



チーフ男性刑事:本当に知らない?



Aさん:はい。



チーフ男性刑事:今回あなたが貼り付けたURLのブラクラがこれなんだけど(兵庫県警がブラクラと呼んでいたループスクリプトを図解したプリントアウトを見せられる)。



Aさん:もしかして、猫のAAがバババッてやってるやつですか?



チーフ男性刑事:うん、そうそれ。思い出した?



Aさん:はい。確かあれを最初に見つけたのは僕がよく使う掲示板で、その時に貼られていたURLへの返信が「心臓に悪いだろ」「ビックリさせるなよ」みたいな反応だったんです。だからこのURLは僕の知ってるビックリ系のページへ飛ぶリンクなのかと思ったんです



女性刑事:ビックリ系って?



Aさん:クリックした途端に貞子みたいな恐ろしい画像と音声が画面いっぱいに表示されるやつです。



女性刑事:あぁ……なるほど、じゃあこのURLがブラクラだったという認識は無かった?



Aさん:はい。……あの、ブラクラってコンピュータウイルスのことなんですか?



女性刑事:いや、ウイルスとは違うけど、PCの動作に不具合を起こさせたりCPUに負荷をかける悪質なプログラムのことだね。



Aさん:あの……僕の貼り付けたURLがそのブラクラで、そのURLをクリックした誰かのPCが壊れたんですか?



女性刑事:いや、今回のはOKボタンをクリックするとポップアップがずっと消えずに永遠と表示され続けるループスクリプトなんだけどね。



Aさん:……ポップアップがどんな物なのかは想像付くんですけど、ループスクリプトって何なんですか?



女性刑事:まぁ簡単に言えば同じ動作を繰り返すプログラムだってことだけ理解しておいて。OKボタンを押す度にそのポップアップを何度も何度も表示させるのが今回のループスクリプトなんだよね。



Aさん:あの……さきほども言いましたが、僕は最初にこのURLを見つけたときに、「心臓に悪いだろ」「ビックリさせるなよ」というクリックした人の反応を見て、このURLはビックリ系のURLだと思ってたんです。だから、他人のPCを壊してやろうだなんて思って投稿なんてしてません! ただ驚かせてやろうとしただけなんです!



チーフ男性刑事:でもさ、こんな猫のAA見て普通ビックリするか?



Aさん:それは僕の使っていた以前のガラケーからだと、恐ろしい画像や音声は表示されないのかな? と思ったんです。スマホやPCからアクセスすれば、猫のAAではなく、恐ろしい画像と音声が出るページへ飛ばされるのでは? と思っていたんです。



女性刑事:自分でURLクリックして確認してみた?



Aさん:はい。そのときに僕が見たのは、文字化けと下に少しスクロールしていくと現れる猫のAAだけでした。「何回押しても無駄ですよ〜」とか「byソル」なんて文面は表示されてませんでした。



女性刑事:じゃああなたが確認したのは、文字化けと下にスクロールしていったら現れる猫のAAだけ?



Aさん:はい。それで、最初に貼られていたURLの返信を思い出して、これはスマホかPCから見るとビックリ系のページに飛ばされるのでは? と思ったんです。



チーフ男性刑事:まぁ実際にはこのブラクラのページに飛ばされるんだけど、今回だとそれが不正指令電磁的記録供用未遂になるわけ。分かる?



Aさん:いえ、正直よく分かりません。



チーフ男性刑事:条文で、「人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録。前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録」って書いてるでしょ? あなたはこれに違反したの。



女性刑事:閉じようとOKボタンを押しても永遠にポップアップが表示され続けるでしょ? その「閉じよう」とする意図に沿うべき動作をさせずに、「閉じよう」とする意図に反する無限ループの不正な指令をこのプログラムは与え続けてるよね?



チーフ男性刑事:だからあなたのしたことは「不正指令電磁的記録供用未遂の罪」になるの。どうして未遂になるかって言うと、あなたが貼り付けたURLを誰がクリックしたか分からないから未遂になるの。分かった?



Aさん:……はい。何となく。



女性刑事:それで話は戻るんだけど、この「動画貼れやボケ」って書き込みに対して、あなたは返信する形でこのURLを投稿してるよね?



Aさん:……はい。



女性刑事:このURLを貼って相手を困らせてやろうとした?



Aさん:ビックリさせてやろうとしたんだと思います。さきほども言いましたけど、僕はこのURLをビックリ系だと思い込んでいたので……。



女性刑事:でも実際にはビックリしないよね? 画面が閉じれなくて困ることはあっても。



Aさん:……そうですね。



女性刑事:もし仮にこのURLがループスクリプトのページに飛ばされるんじゃなくて、悪質なウイルスサイトのページに飛ばされるURLだとしたらどうするつもりだった?



チーフ男性刑事:PC内部のデータが破損やデリートされたり、個人情報を抜き出す悪質なウイルスだった場合のこと、考えてみろよ。



Aさん:……はい。軽率だったと思います。



チーフ男性刑事:反省してる?



Aさん:……はい。



女性刑事:もう二度と同じことはしない?



Aさん:……はい。もうしません。



――ということは、AさんはURLのリンク先がビックリ系のFlashみたいなものだと思っていたということですか。



Aさん:そうです。私がガラケーで確認した時は猫のAAだけが表示されていただけでしたが、「きっとスマホなどで見ればビックリ系の画像が出るんだろうな」という感じでした。



――そもそもなぜ当該のURLを貼ろうと思ったのでしょうか。



Aさん:私が利用していた掲示板のスレッドの一つで「エロ動画を貼れ」というような書き込みがあったんです。それを見たときに、過去に同じ掲示板で見かけたビックリ系のURL(実際には無限アラート)を貼り付けたという感じです。本当に単純にびっくりさせようと思っただけでした。



――罪状についてはもう少し詳しく説明を受けましたか。



Aさん:誰でも閲覧可能な掲示板に貼り付けることが“供用”で、誰がクリックしたか分からないから“未遂”になると言われました。そしてエロ動画を求める人に対して、釣る(だます)目的でURLを貼り付けている(返信している)ことが“誘引”に該当するという説明がありましたが、正直意味が分からないところが多かったです。



――ほかにも兵庫県警からの言葉で気になるところはありましたか。



Aさん:後で分かったことですが私が掲示板からコピーして、当該のスレッドに貼り付けたURLはいわゆる短縮URLと呼ばれるもので、本来のURLよりも短いものだったことから「URLを偽装した」という風にも言われました。また「反省しています」という言葉を調書に必ず入れたいという意向があったようで、最終的には「どういう判決が出ても受け入れます」という文言で署名するようにと言われました。



――処分については何か聞いていますか。



Aさん:はじめは逮捕されるのかどうかを聞いたのですが、「それはあなたが正直に答えるかどうかだ」の一点張りでした。その後調べが進むにつれて書類送検されると言われたので、「もし起訴になった場合はどれぐらいの刑罰になるんですか?」と尋ねたところ、チーフと呼ばれていた男性刑事から「まぁ懲役3年罰金50万以下なんだけど、あなたは初犯だから略式起訴で罰金30万になるだろうな」と言われました。



――現在の心境を教えてください。



Aさん:警察が来てから取り調べが終わるまでの2日間、本当に頭が真っ白になってしまって、自分がどういう状況に置かれているのか。そもそも何の罪で調べられているのかが分からず、「警察の人が犯罪なのだというのだから、私がやったことはそういうことなのだろう」と思っていました。



 しかし、その後自分で色々と調べてみたら私が貼ったURLはいわゆるブラクラではなく、アラートスクリプトであったことが分かりました。つまりウイルス罪の要件を満たしていない可能性があるということです。それなのにどう喝役とみられる男性刑事からは「あなたがやったことはね、これだけ大きな罪なんですよ!」と本当に私が悪いことをしてしまったかのような態度ですごまれたり、反省を促されたりと非常に悔しい思いをしました。繰り返しになりますが、兵庫県警は今回のURLについて「ブラクラにあたる」と私に何度も説明していました。だからこそ当時知識のなかった私は「ブラクラにあたるのであれば、反省します」と話したんです。



 また取り調べの終盤には、チーフの刑事から「いや〜あなたが素直に認めてくれてこっちも助かったよ! プログラミングとかに詳しかったらどうしようかと思っていたけどね」というような言葉もありました。今にして思えば、プログラミングに関する知識のある人が相手だと、今回の摘発が不当である事実を突きつけられる可能性があったから、刑事の誘導尋問通りにズルズルと答えてしまっていた知識の乏しい私に対して、最後の最後でつい口が滑ってしまったのではないかと思います。



 それに書類送検の後に兵庫県警のサイトを確認したところ、利用者には告知せずGoogleアナリティクスを導入していたことも知りました。Googleアナリティクスはcookieでデータを取得していることをプライバシーポリシーに明記する必要があると利用規約で定めているわけですから、兵庫県警はこの違反状態にあったということです。自分たちはいい加減なことをやっておいて、私には反省を促すという兵庫県警の姿勢には甚だ疑問です。



――特に悔しい思いをした点を教えてください。



Aさん:私が取り調べを受けている間に家族が刑事に呼ばれ、「息子さんが使っていた前の携帯電話の製造番号を知りたいので、今からドコモショップへ行ってきてほしい」と頼まれるなど、家族を巻き込んだことです。家族は「それは警察がやることなのではないか」と言ったようですが、「警察ではできないことだ」と説明を受け、わざわざ近隣のドコモショップへ行き、以前の携帯電話の製造番号を印刷した用紙を警察に届けました。しかし全く事件に関係のない家族がなぜそんなことをしなくてはいけなかったのでしょうか。



 また私自身も指紋を取られたり、DNAを取られたり、写真を撮られたりという行為が非常に屈辱的でつらかったです。



――最後に、Aさんは現在書類送検されているという状況ですから、今回取材を受けることについては処分に影響が出るというリスクもあります。そうした状況でもインタビューを受けてくださった理由を教えてください。



Aさん:私は今回の書類送検については不当摘発ではないかと思っています。そして加藤公一さんをはじめ、多くの方々が兵庫県警察の補導や書類送検に対して抗議の声を上げておられます。今回の私のインタビューを通じて、私たちが行った無限アラートURLのコピペ行為が重大な犯罪にあたるのか、世間の皆さんにご判断いただければと考え、取材をお受けしました。



 ねとらぼ編集部では本件取材と並行して兵庫県警にも、「Googleアナリティクス」を利用者に無断で導入していた件について回答を求めていますが、3月20日現在回答は得られていません。


このニュースに関するつぶやき

  • ブリクラじゃないのか(古典)
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • 完璧な不当捜査、不正捜査ですね。やはり全ての刑事事件の取り調べに録画が必要。
    • イイネ!34
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(63件)

あなたにおすすめ

ニュース設定