ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 15時間「疲れ・痛み」知らず!最強に快適なパンプスの選び方

15時間「疲れ・痛み」知らず!最強に快適なパンプスの選び方

0

2019年03月20日 20:01  ごきげん手帖

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ごきげん手帖

写真ごきげん手帖
ごきげん手帖

長丁場の立ち仕事。歩き回る外出先。ヒリヒリと痛みだす足裏に悩まされるパンプスを履いた午後。「オシャレさと実用性は相反するもの」なんてよく言うけれど、<ハイヒール>と<快適な履き心地>の2つは、実はトレードオフじゃありません。


「ハイヒールは疲れるし、痛くなるもの」そんな固定概念をくつがえすのは、ローヒール感覚で履けるパンプスと、手持ちパンプスの履き心地をアップデートする優秀アイテム。これを知ったら、もう鞄に替えのフラットシューズを入れる必要はなくなるかも!? 





ローヒール感覚で履ける!パンプスブランド


疲れないパンプスのスタメンブランド『ROCKPORT(ロックポート)』


ヒールでも疲れない&痛くならないROCKPORT。インソールに衝撃吸収クッション材が使われているので、足への負担が少ない機能性パンプスです。


“筋力なし+猫背”な筆者が長時間履いていても、ヒール特有の前かがみ姿勢になることなく、足裏もふくらはぎも疲れ知らずな一日を叶えてくれます。



View this post on Instagram

ROCKPORT Japanさん(@rockport_jp)がシェアした投稿 – 2019年 2月月20日午後3時12分PST



朝8時から夜23時まで歩き通しだった一日も、まるでローヒール感覚で過ごせたパンプスは、なんとヒール高9.5cm。これだけ高さがあっても、足がしっかりと包まれる安定感のおかげで、自転車も余裕でこげちゃう快適さ!



通勤靴を探しているなら、とりあえず一人一足、マストで手に入れたい魔法のパンプスです。



ヒールで走れる!DIANAの機能性パンプス『ルフリー』


老舗パンプスブランドDIANAの機能性パンプスシリーズ。クッション材によって歩きやすさを追求しているだけでなく、メッシュ素材なので蒸れにくく、足裏に汗をかきやすい人も安心。さらに、かかとのフィット加工により「歩行時、パンプスがスポッと脱げちゃう……」なんて悩みもクリアになるため、まさに女性の味方。



View this post on Instagram

DIANA(ダイアナ)さん(@dianashoespress)がシェアした投稿 – 2018年 7月月25日午後5時59分PDT




ヒール高は3cm、6cm、7cm、8cmとバリエーションが豊富なので、好みにあったヒールを選べるのも魅力的。細いヒールでも安定感があるので、華奢なヒールのデザインが好きな人も満足なスペックです。



買ってから後悔しないために!靴選びのいろは


試着したときは「これ歩きやすい!」と感動してお持ち帰りしても、いざ一日履いてみると、痛くて痛くて大後悔! なんて経験、誰しもあるもの。そんな失敗を繰り返さないために、靴の専門家によるフィッティングチェックの活用がおすすめ。





かねまつのパーソナルフィッティングは、一人ひとりの足の形に合わせて、プロがアドバイスをくれるだけでなく、靴の調整から、購入後のアフターケアまで至れり尽くせり。


輪郭に丸顔、たまご顔とタイプがあるように、足にも甲高、幅広などタイプがあるもの。自分の足のタイプを知らない方は、一度専門家に見てもらうと、今後の靴選びが格段に楽に!



手持ちパンプスをアップデートするアイテム


新しい靴も素敵だけれど、お気に入りのパンプスがあるのなら、履き心地を改良するインソールを取り入れてみて。つま先やかかと、土踏まずなど、疲れやすい部分にジェルパッドを入れるだけでも、これまでと比べて快適さが段違いになるはず。



靴屋さんで相談しながら買うもよし。ドラッグストアやバラエティショップ、ネットショップでも広く取り扱いがあるので、値段や大きさ、悩みなどに合わせてGETしてみて。筆者の愛用アイテムはコロンブスの「フットソリューション つま先コンフォート」と、ドクターショールの「ジェル ハーフ インソール」。


ただし、購入する際は一つ注意点が。分厚いタイプのものを買うと、履いたときに「キツイ……!」となってしまうので、厚さは慎重に選ぶのが鉄則です。



足の耐久性3倍以上!?最強に快適なヒール着用術


一日中、ヒールで歩き回る日もある筆者がこっそり実践している、痛み&疲れ防止策。それは「ソックス+パンプス」の組み合わせ。靴下の厚みによって、足への衝撃が軽減するので、ソックスありとなしとでは段違いに耐久性がアップ。秋冬は厚手のもの、春夏は薄手のもの、など靴下の素材を変えれば、一年中使えるテクニックです。





もし履き心地をレベルMAXにしたいのなら、「機能性パンプス+ソックス」または「手持ちのパンプス+インソール+ソックス」の組み合わせが最強です。


「オシャレは我慢」なんて今は昔。パンプスによる疲れや痛みから、足を解放してあげよう!



ライタープロフィール


美容ライター・馬場 さおり


ライター/美容家。専門の予防医学を基盤としたダイエット、スキンケアから化粧品、メイク方法など幅広い美容と健康分野で執筆。その他エステ業界誌の編集長を務め、美容家としてメディア出演、セミナー講師などを中心に活動中。


【保有資格】


予想医学エデュケーター/ダイエット検定1級/アロマテラピー検定1級/コスメコンシェルジュ



【あわせて読みたい】▽パンプスやヒールを快適に履くコツをもっと知る・保存版!プロが教える痛くないハイヒールの選び方・プロが教える!タコ・魚の目ができない、ハイヒールの履き方・痛くない・疲れない!自分に合ったパンプス・ヒールの選び方・可愛くって、疲れにくい!GUマシュマロパンプスの魅力


【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】 ・お風呂場持ち込みはNG!?「オイル美容」のNG習慣4つ・ご利益期待で気分高まる!プチブーム中の「浄化コスメ」3選・突然のゆらぎ肌に。集中ケアする秋の新発売「美容液」4選・老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ



【参考】
※ROCKPORT
※DIANA
※パーソナルフィッティング – かねまつ
※ドクターショール
※コロンブス

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定