ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が今秋日本公開へ

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が今秋日本公開へ

0

2019年03月22日 09:20  RBB TODAY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

RBB TODAY

写真タイトル:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド公開日:2019年秋 全国ロードショー配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
タイトル:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド公開日:2019年秋 全国ロードショー配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
 エンティン・タランティーノの9作目の長編監督作となる最新作『Once Upon a Time in Hollywood』の邦題が『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に決定。さらに、海外版のティザーポスターや特報映像が解禁された。


 同作の舞台は1969年のロサンゼルス。詳しいストーリーはまだ明かされていないが、タランティーノが、実際に自分が育った当時のハリウッド、そしていまや失われてしまったハリウッドを、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本執筆したという。公開された1枚目のポスターは、ともにタランティーノ作品で活躍したレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの2ショット。2枚目は、女優シャロン・テート役のマーゴット・ロビーだ。

 また、今回解禁された特報映像には、ハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしている、ちょっと落ち目のテレビ俳優、リック・ダルトンを演じるレオナルド・ディカプリオと、長年彼のスタントマンを務めているクリフ・ブース(ブラッド・ピット)が登場。クリフがブルース・リーらしき東洋人とカンフーアクションを撮影するシーンや、共演した子役の少女に「私が生きてきた中であなたは 最高の役者よ」と囁かれ、リックが涙ぐむ姿などが描かれている。

 なお、同作の全米公開は 2019年7月26日。日本公開は 2019年秋が予定されている。




自宅が観光地化!?福田こうへいの秘密を熱狂的なファンがぶっちゃけ
ニトリの似鳥昭雄会長がバラエティ番組に登場!規格外の逸話が続々明らかに
坂上忍、ピエール瀧容疑者出演『麻雀放浪記2020』の公開決定に「勇気あったな」

    あなたにおすすめ

    ニュース設定