ホーム > mixiニュース > コラム > 沖縄には「力強い民意」がある 直木賞作家が見た基地問題の現状とは?

沖縄には「力強い民意」がある 直木賞作家が見た基地問題の現状とは?

21

2019年03月22日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真真藤順丈(しんどう・じゅんじょう)/1977年、東京都出身。2008年、『地図男』でダ・ヴィンチ文学賞大賞を受けてデビュー。ほかに『畦と銃』『墓頭』など(撮影/写真部・大野洋介)
真藤順丈(しんどう・じゅんじょう)/1977年、東京都出身。2008年、『地図男』でダ・ヴィンチ文学賞大賞を受けてデビュー。ほかに『畦と銃』『墓頭』など(撮影/写真部・大野洋介)
 直木賞受賞作『宝島』では史実を交え、米国統治下の沖縄を描いた。作家の真藤順丈さんは、2月の県民投票で示された民意を受け、さらに風を吹かせたいと意気込む。

*  *  *
 初めて訪れた沖縄で、米軍嘉手納基地(嘉手納町など)の大きさに度肝を抜かれた。

「こんなにデケエんだ」

 作家の真藤順丈さん(41)は振り返る。小説『宝島』で1月、直木賞を受賞した。

 物語の舞台は、太平洋戦争後のアメリカ統治下の沖縄。当時、フェンスを越え、米軍施設から食料や衣類、医薬品などを盗み出す「戦果アギヤー」と呼ばれた若者たちがいた。沖縄の言葉で「戦果を挙げる者」を言う。中でも20歳のオンちゃんは、戦果アギヤーの英雄だった。だが1952年のある日、仲間たちと嘉手納基地を襲撃した後、こつぜんと姿を消した。

「英雄の失踪」という謎を軸に、1950年代から70年代までの沖縄が壮大なスケールで描かれる。残された仲間の男女3人、親友のグスク、弟のレイ、それに恋人のヤマコはその後、警察官、テロリスト、教師となりタフに生きていく。幼女強姦殺人事件、米軍機の小学校への墜落、反米暴動……。沖縄にとって忘れることができない史実を交え、奪われた「故郷」を取り戻すために立ち上がった若者たちの物語だ。

「どの時代のどの場所にも、見えない抑圧や差別はある。沖縄の統治時代はまさにそうだった。それにあらがって生きる人たちの息遣いや熱量を知ってもらいたかった」

 小説とは、「正史」や教科書からこぼれ落ちた人たちを描くものだと言う。

 構想から完成まで7年かかった。真藤さんの出身は東京。沖縄にルーツがない自分が、統治下の沖縄を描く重みを背負い切れなくなり途中、2年近く執筆を中断した。

 沖縄を訪れたのはそんなとき。嘉手納基地のほかにもコザ(沖縄市)の街を歩き、地元の人に話を聞き、街なかにぽつんとある御嶽と呼ばれる祈りの場も巡った。沖縄には3回訪れることになるが、自身の五感を通して感じた土地から立ち上ってくる命の力や脈動、さまざまな人々の言葉を拾い、物語を紡いでいった。

「(『宝島』が)沖縄のことを考える一助になってほしい」

 沖縄の歴史はすべて現在につながる。「基地の島」であることに変わりはなく、人々の頭上を米軍機やヘリが飛び交う。米軍による事故や深刻な事件も繰り返される。真藤さんは言う。

「統治時代の沖縄が、構造は変わらず地続きで今につながっている。解決していない問題ばかり」

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設に伴う名護市辺野古沿岸部の埋め立てを問うた2月24日の県民投票にも、強い関心を寄せていた。県民投票の全県実施を求めて沖縄の若者が抗議のハンガーストライキに踏み切った時は、固唾をのんで見守った。基地の移設には賛成、反対、さまざまな立場の人がいて声をあげている。その声を奪わないでほしい、と。

 沖縄の人たちは長年、基地がある世界で基地とともに生きてきた。その基地を、投票で一概に「賛成」か「反対」かで割り切って言えるものではないと考えていた。だが、県民は「どちらでもない」を選ばず、7割超が「反対」の意思を示した。自民党の支持層でも48%に上った。

「民主主義が生きている土地だなとすごく感じました。賛成、反対と多様な声がある中で、力強い民意が示されたと思う」

 そして、今度はわれわれの番だと言う。

 沖縄県外に暮らす人間が、今回の民意を受けて、動き、議論を活性化していく時だと話す。

「僕は小説家。小説家という立ち位置から、風を吹かせていきたい」

(編集部・野村昌二)

※AERA 2019年3月25日号

【おすすめ記事】直木賞作家の中島京子さんが選ぶ 大人の小説への入り口となる3冊


このニュースに関するつぶやき

  • 最高裁判決と過去の沖縄県民が苦労して纏めた民意を無視しておいて「民主主義」とは?普天間基地周辺住民を見殺しですかねぇ>「民主主義が生きている土地だなとすごく感じました。」
    • イイネ!2
    • コメント 1件
  • へぇぇ。直木賞って政治論文の権威だったんだ。初めて知ったよ。
    • イイネ!42
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(17件)

あなたにおすすめ

ニュース設定