ホーム > mixiニュース > トレンド > 「落ちない」日焼け止め!?「話題のUVケアアイテム」2選

「落ちない」日焼け止め!?「話題のUVケアアイテム」2選

0

2019年03月22日 20:30  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン
40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

季節の変わり目を迎え、紫外線量も徐々に増えていきます。早めのUV対策で、シミやたるみなどのエイジングサインを予防しましょう。

コスメコンシェルジュの筆者が、最新のUV対策事情と「話題の日焼け止め」を2つご紹介します。

■最新UV事情と話題のUVケアアイテム2選

最新UV事情と話題のUVケアアイテム2選

みなさんは、日焼け止めを選ぶ基準として何を一番重要視していますか?

マイボイスコムによる「紫外線対策」に関するインターネット調査(2018年7月実施)では、「SPF値・PA値」を基準に日焼け止めを選んでいる人が、直近1年間に日焼け止めを利用した人の66.8%と非常に多いことがわかっています。SPF値やPA値はUVカット効果を一目で判断することができるため、便利ですよね。

しかし、いくらSPF値やPA値の高い日焼け止めを使用しても、結果的には多くの人が日焼けをしてしまいます。理由は、汗によって日焼け止めがムラになったり、摩擦により日焼け止めが落ちたりしていることです。

(1)今年は、「落ちにくい日焼け止め」がカギ

今年は、「落ちにくい日焼け止め」や「塗りムラを防ぐ日焼け止め」が登場しています。

“SPF値やPA値が高い=日焼け止め効果が期待できる”という発想ではなく、“落ちにくい日焼け止め=日焼け止め効果が期待できる”という発想で、UV対策を提案しています。

※SPF値=UVBによるサンバーンを防ぐ時間(1=約20分) ※PA値=UVAを防ぐレベル(+〜++++)

ビオレUV アスリズム/ビオレ

ビオレUV アスリズム/ビオレ

「本気で肌をやきたくない人へ」というキャッチフレーズとともに、今年2月に発売されたアイテムです。高温多湿の過酷な環境(気温40℃湿度75%)においても落ちにくく、SPF値・PA値ともに国内最高基準値を誇ります。

独自の「タフブーストTech」を採用しているため、薄く均一な耐久性にすぐれたUVブロック膜をつくります。80分間の耐水試験をクリアしたスーパーウォータープルーフにもかかわらず、せっけんで落ちる点が使いやすいですね。画像左:ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス(70g SPF50+ PA++++ ノープリントプライス) 画像右:ビオレUV アスリズム スキンプロテクトミルク(65ml SPF50+ PA++++ ノープリントプライス)

(2)メイクアップ効果のある日焼け止め

最近は、メイクアップ効果や日焼け止め効果のあるベースメイクアイテムがたくさん販売されていますが、あくまで化粧下地やファンデーションとしての機能がメインでした。

しかし、最近では「肌の魅せ方で選べる日焼け止め」が登場しています。「紫外線ダメージを防ぎながら肌をきれいに魅せたい」「フェイスだけではなく全身の肌を美しく魅せたい」という人の要望に応えた日焼け止めです。

パーフェクトUVカット キレイ魅せ/コパトーン

パーフェクトUVカット キレイ魅せ/コパトーン

これまで数多くの日焼け止めを世に送り出した、コパートンの最新アイテムです。2月に発売されたばかりです。

SPF値・PA値の高さはそのままに、使用後のメイクアップ効果が期待できます

画像左の「キレイ魅せUV マシュマロ肌」は、ナチュラルホワイトパウダーやピュア肌エッセンスを配合し、使用後の肌をワントーン明るくしてくれる効果が期待できます。

画像右の「キレイ魅せUV キラキラ肌」は、キラキラパウダーにより自然なパール効果を演出してくれます。

透明感のある「マシュマロ肌」か、パールによる輝きで「明るい肌」か。どちらを目指したいか、好みに合わせて選びたいですね。キラ魅せUV マシュマロ肌(40g SPF50+ PA++++ 税抜価格900円)キラ魅せUV キラキラ肌(40g SPF50+ PA++++ 税抜価格900円)

■SPF値やPA値以外の視点でも日焼け止めを選んでみる

最新の日焼け止め事情と日焼け止めをご紹介しましたが、いかがでしたか?

近年の日焼け止めからは、ユーザーのニーズに沿うように「SPF値やPA値が高くて当たり前」という印象も受けます。

ただ、いくらSPF値やPA値が高くても汗や摩擦によって落ちてしまうと、本来のUVカット効果が期待できません。キシキシしたテクスチャーや白浮きを我慢して使うのはツライですよね。

SPF値やPA値の高さに目が奪われがちですが、今年は日焼け止めを、使用感や落ちにくさ、メイクアップ効果などの視点で選んでみてください。

(コスメコンシェルジュ 美容ライター 岸田茉麻日本化粧品検定1級保有。美容部員の経験を生かし美容ライターに転身。コスメのみならず、食生活や生活習慣を含めた美容に役立つ情報を発信中。)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定