ホーム > mixiニュース > トレンド > 【京都】子どもが喜ぶ観光スポット12選!子連れ旅行におすすめ

【京都】子どもが喜ぶ観光スポット12選!子連れ旅行におすすめ

0

2019年03月22日 23:00  じゃらんニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

じゃらんニュース

写真写真

家族で京都に行こう!子どもも大人も楽しめる京都観光スポットをご紹介します。

京都の魅力って伝統的なものが多くて、子どもにとってはつまらない・・・?いえいえ、1日中遊べる体験型施設に、動物とふれあえるスポット、子どもも飽きずにたのしく歴史や文化を学べる神社、フォトジェニックスポットまでおすすめスポットが満載!

子連れで古都・京都の魅力を堪能して楽しい家族旅行を。

記事配信:じゃらんニュース

京都鉄道博物館

見て、さわって、体験して楽しむ鉄道の魅力

京都鉄道博物館
出展:じゃらんニュース
本物の蒸気機関車が牽引する客車に乗車することができる「SLスチーム号」(中学生以下100円・高校生以上300円)

鉄道好き家族も、そうでなくとも、子連れ京都観光でおすすめなのが京都鉄道博物館。
扇形車庫と3階建ての本館には、蒸気機関車を含む新旧の鉄道車両や、資料がずらりと展示されていて、1日中いてもまわりきれないほど。
今回は、そんな鉄道博物館の中でも、特に子どもに人気のスポットをご紹介!

京都鉄道博物館
出展:じゃらんニュース
実際に訓練で使用するシミュレータをもとに、運転士のおしごとを体験(要整理券)

京都鉄道博物館の魅力は、何といっても体験型の展示が多いこと。
往復1kmの蒸気機関車での旅気分を味わうことができる「SLスチーム号」(中学生以下100円・高校生以上300円)のほか、「運転シミュレータ」を使った訓練体験や、線路点検の際に使われている「軌道自転車」の走行体験なども人気です。

「運転シミュレータ」の体験には抽選式で配布される整理券が必要なので、入館したらまずは抽選券をゲットしに行きましょう!
そのほかの体験も時間が決まっているので、各コーナーで必ず確認してくださいね。

京都鉄道博物館
出展:じゃらんニュース
蒸気機関車がずらりと並んだ扇形車庫は圧巻

もうひとつ、必ず訪れたいのが「扇形車庫」。
国指定の重要文化財である扇形の車庫の中に、明治から昭和にかけて活躍した代表的な蒸気機関車の数々が展示されています。蒸気機関車が、ダイナミックに回転しながら向きを変える転車台も見ものです。
本館2F連絡デッキからも見ることができるので、間近と一望での違いを楽しんでみるのもいいですね。

京都鉄道博物館
出展:じゃらんニュース
本館3F南側にあるスカイテラスからの眺め

展示だけでなく、実際の走行車両も楽しめるのが、本館3Fの南側にある「スカイテラス」。
目の前をJR京都線や東海道新幹線などの多くの車両が行き交う様は、鉄道好きの子どもにはたまらない光景です。

そのほか、本館2Fには家族や子ども同士で自由に遊べる「キッズパーク」もあります。こちらの窓からは、嵯峨野線を走行する列車を間近に見て楽しむことができます。

京都鉄道博物館
出展:じゃらんニュース
昼食は、実際にブルートレインの食堂車として使用されていた車両内で、オリジナル弁当を食べてみては?

館内にはおむつ交換台や授乳室もあり、ミルク用のお湯も設置されているほか、ベビーカーの貸し出しもあります。
長期休み期間中など、子ども向けのイベントも多く開催されているので、ホームページを確認してみてくださいね。ホームページには、ゲームやアニメを通してSLのしくみ等を学ぶ「お楽しみコーナー」もあるので、子どもと一緒に予習してから訪れるのも◎

京都鉄道博物館
住所/京都府京都市下京区観喜寺町
営業時間/10:00〜17:30 ※入館は17:00まで
休館日/毎週水曜日(祝日は開館)・年末年始
アクセス/JR嵯峨野線「梅小路京都西」駅より徒歩約2分
京都市バス(205・208番)「梅小路公園・JR梅小路京都西駅」より徒歩3分
京都市バス(急行104・急行110・86・88番)「梅小路公園・京都鉄道博物館前」より徒歩すぐ
京阪京都交通バス(2・14・15・26・26B・28A番)「梅小路公園前」より徒歩3分
JR「京都」駅より徒歩約20分
京都線「西大路」駅より徒歩約15分
駐車場/なし
子ども料金
・3歳以上/200円
・小学生・中学生/500円
・高校生・大学生/1,000円
大人料金/1,200円
「京都鉄道博物館」の詳細はこちら

東映太秦映画村

忍者に変身!映画の世界に飛び込んで、からくり忍者屋敷やヒーローショーに大興奮

東映太秦映画村
出展:じゃらんニュース

まるで江戸時代にタイムスリップしたような街並みに大興奮間違いなし

時代劇の世界をオープンセットやアトラクション、イベントを通じて楽しめる大型施設です。江戸時代にタイムスリップしたような街並みや、2種類の迷路、からくり忍者屋敷、お化け屋敷、手裏剣道場など子どもが楽しめるアトラクションが10種類以上!(追加料金がかかるアトラクションも含まれます。)

授乳・給湯施設やオムツ交換台のほか、こども用トイレ(男児のみ)も完備。もちろん、ベビーカーもOKなので赤ちゃん連れに優しいのも嬉しいですね。

東映太秦映画村
出展:じゃらんニュース
レンタル忍者衣装を着て、からくり忍者屋敷や忍者修行道場で忍者になりきれちゃう(1,000円/上下セット)

忍者衣装のほか、新選組隊士、若侍、戦国武将、町娘、お姫様など、子ども用から大人用まで様々なレンタル衣装(1,000円〜12,000円)が充実しているので、家族全員で変身して楽しめます。
日本橋や映画村の街並みを背景に撮影した写真は、インスタ映えも◎

東映太秦映画村
出展:じゃらんニュース
子どもも大人も息をのむ、大迫力のアクロバティックなショーは必見!

3Dマッピングの映像と照明を駆使した見ごたえのあるアクロバティックな忍者ショーも、毎日3回開催されています。

東映太秦映画村
出展:じゃらんニュース
ロープに引っかからないように気を付けながら斬りまくる「刀でGO!!」の鳴子くぐり

刀を持って、丸太橋わたり、床下ひそみ、鳴子くぐり、大屋根くだりなどの忍者修行に挑む「刀でGO!!」(3歳〜小学生:400円・中学生以上:500円 ※3歳未満の入場不可)。
シャボン玉や木人をビニール製の刀で斬って斬って斬りまくる爽快感は、子どもだけでなく大人も夢中になる楽しさ!

東映太秦映画村
出展:じゃらんニュース
「仮面ライダー×スーパー戦隊ヒーローランド」や「東映アニメギャラリー」もおすすめ

東映と言えば、テレビでおなじみの仮面ライダーやスーパー戦隊、プリキュアなども忘れてはいけません。土日祝と長期休み期間中には大人気キャラクターによるイベントも開催されています。映画村ならではのキャラクターショーに子どもたちの大興奮が止まらない!(詳細はホームページでご確認ください。)

東映太秦映画村
住所/京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
営業時間/9:00〜17:00 ※12月〜2月/9:30〜17:00
定休日/毎年1月中旬 ※ホームページでご確認ください
アクセス/JR「太秦」駅より徒歩5分
嵐電嵐山本線「太秦広隆寺」駅より徒歩5分
嵐電北野線「撮影所前」駅より徒歩2分
バス停「太秦開町」より徒歩2分
駐車場/あり ※1,500円(最大6時間まで)
子ども料金
・3歳以上/1,100円
・中・高生/1,300円
大人料金/2,200円
「東映太秦映画村」の詳細はこちら

嵯峨野トロッコ列車(嵯峨野観光鉄道)

トロッコ列車に乗って渡れ鉄橋!くぐれトンネル!

嵯峨野トロッコ列車(嵯峨野観光鉄道)
出展:じゃらんニュース

満開の桜のトンネルの中を走るトロッコ列車

廃線となった旧山陰線を、ディーゼル機関車に引かれ渓谷を縫うように走る嵯峨野トロッコ列車。
壮大な景色と、軽快なトロッコ列車の走行音に心も弾み、自然と笑顔がこぼれます。
普段見ることのない景色に、子どもたちも興奮しっぱなし!

ベビーカーもたたんで乗車できるほか、トロッコ嵯峨駅には授乳室やオムツ替えシートも設置されているので、赤ちゃん連れでも安心して利用できます。

嵯峨野トロッコ列車(嵯峨野観光鉄道)
出展:じゃらんニュース
トロッコ保津峡駅でお出迎えしてくれるたぬきの大家族たち

片道約7.3km、25分間のコースには、保津川沿いの豊かな自然だけでなく、嵐山の竹林、レンガ造りのトンネルや鉄橋、トロッコ保津峡駅でお出迎えしてくれるたぬきの大家族たちとみどころが満載です。
車両アナウンスでみどころをしっかり案内してくれるので、窓の外に夢中になりすぎず、耳も傾けてみて◎

嵯峨野トロッコ列車(嵯峨野観光鉄道)
出展:じゃらんニュース
鉄橋から保津川下りの舟に「お〜〜い!」と、ごあいさつ

トロッコ列車の平均速度は時速約25km。これはちょっと速い自転車くらいの速度で、絶景ポイントではさらにスピードを落として走ってくれるため、子どもでもしっかり楽しむことができます。
1人1台カメラを手に乗り込み、あとでそれぞれ撮った写真を見せ合うのも楽しみ方のひとつ。

嵯峨野トロッコ列車(嵯峨野観光鉄道)
出展:じゃらんニュース
5号車の「ザ・リッチ号」と嵯峨野トロッコメインキャラクターのトロッキー

木製椅子に裸電球の通常車両も趣があって素敵ですが、トロッコ列車の魅力を一層楽しむことができるのが、窓ガラスのないオープン車両の5号車「ザ・リッチ号」。通常車両と異なり、当日販売のみの乗車券ですが、もし空席を見つけたら迷わずこちらの席を選びましょう!(通常車両の乗車券は、乗車日の1ヶ月前から購入可能。)
寒い季節には、石炭ストーブが設置されたストーブ列車で暖をとりながら、美しい冬化粧の景色を楽しむこともできますよ。

「子連れ京都観光の定番のひとつ」といっても過言ではないトロッコ列車。ぜひチェックしてみて!

嵯峨野トロッコ列車(嵯峨野観光鉄道)
住所/京都府京都市右京区嵯峨天竜寺車道町
営業時間/トロッコ嵯峨駅発 9:02〜16:02 ※時期により臨時列車運行有
定休日/水曜 ※祝日・春休み・GW・8月・紅葉の時期は運転
アクセス/JR「嵯峨嵐山」駅から徒歩すぐ
駐車場/なし
子ども料金(小学生)/310円(片道)
大人料金(中学生以上)/620円(片道)
※未就学児は大人1人につき1人まで無料。ただし、1人で席を利用する場合は子ども料金が必要。
「嵯峨野トロッコ列車(嵯峨野観光鉄道)」の詳細はこちら

ジオラマ京都JAPAN

まるで運転士!親子で楽しむジオラマの世界

ジオラマ京都JAPAN
出展:じゃらんニュース
子どもも大人も目を奪われる、毎時30分に演出される人気の天体ショー

ぜひトロッコ列車とあわせて楽しんでほしいスポットが、縦12.3m×横17.3mの広さに、2.7kmの線路と京都の街並みが広がる日本最大級のジオラマ、その名も「ジオラマ京都JAPAN」。
トロッコ嵯峨駅構内に設置されているので、トロッコ利用の前後で楽しむことができます。

超精巧に造られた京都の名所旧跡模型が立ち並ぶ広大なエリアを、縦横無尽に走り回る鉄道模型(HOゲージ)は、鉄道好きでなくとも圧倒される迫力です。

ジオラマ京都JAPAN
出展:じゃらんニュース
自動車ショーでは、本当の火事さながらに煙が立ち込めるなか、消防車たちがかけつける

夜空にきらめく星座と、灯りがともる京都の街を走る列車の室内照明が幻想的な雰囲気を醸し出す「天体ショー」や、街中が白い煙に覆われ消防車たちが消火活動を始める「自動車ショー」などが演出され、ジオラマの魅力を一層強めてくれます。
トロッコ列車・嵯峨野号も走っているので、ぜひ見つけてみて!

ジオラマ京都JAPAN
出展:じゃらんニュース
本物の機関車の運転席からジオラマ内の車両を運転することができる

1番のおすすめは、実際に走っていたブルートレインや貨物輸送車「EF66形電気機関車」の運転席から、ジオラマ内の鉄道模型車両(HO)を走らせることができる運転体験(1,000円/15分間)。
ジオラマ内を走る「特急はやぶさ」につけられた小型カメラの映像を見ながら運転できるのが、この体験のすごいところ。貸し出してもらえる制帽をかぶれば、気分はもう本物の運転士!

ジオラマ京都JAPAN
出展:じゃらんニュース
広大なジオラマで、子どもと一緒に愛機を走らせてみては?

鉄道模型愛好家にはたまらないのが、「HO鉄道模型レンタルレイアウト」のサービス。
自分のお気に入りの鉄道模型車両を、このレイアウトで自由に走らせることができます(1,500円/入場料+最初の1時間。以降1,000円/30分毎)。

ジオラマ京都JAPAN
住所/京都府京都市右京区嵯峨天竜寺車道町
営業時間/ 9:00〜17:30 ※臨時列車運行時は18:00まで ※最終受付は営業終了30分前
定休日/水曜 ※祝日・春休み・GW・8月・紅葉の時期は営業 ※トロッコ列車運休日と同じ
アクセス/JR「嵯峨嵐山」駅から徒歩すぐ
駐車場/なし
子ども料金(小学生)/300円
大人料金(中学生以上)/500円
※トロッコ列車の乗車券、または京都鉄道博物館の入館券提示でそれぞれ100円引き
「ジオラマ京都JAPAN」の詳細はこちら

京都市動物園

迫力の猛獣から勉強するゴリラまで!楽しみ満載の動物園

京都市動物園
出展:じゃらんニュース
正面エントランスすぐの「もうじゅうワールド」ではライオンやトラたちが堂々のお出迎え

直接動物とふれあう事のできる「おとぎの国」や、「もうじゅうワールド」、「アフリカの草原」、「ゾウの森」など6つのゾーンに別れ小型から大型の動物の観察ができます。
京都市動物園の素晴らしさは、何といっても動物たちとの距離が近いこと。至近距離でじっくり動物たちの様子を観察できるので、子どもたちも大満足!

園内には約140本の桜の木があり、春はお花見を楽しむこともできます。季節によっては開園時間を20時まで延長し、ライトアップと共に動物たちの夜の姿を楽しむ夜間開園も行われています。(詳細はホームページをご確認ください。)

また、授乳室やベビーシート、トイレも完備されているので、小さなお子様連れでも安心です。

京都市動物園
出展:じゃらんニュース
「アフリカの草原」ではキリンやシマウマ、カバなどがゆったりと過ごしている姿を間近で観察

アフリカのサバンナで暮らしている大型草食獣、鳥類等がいる「アフリカの草原」ゾーン。ガラス張りの「キリンウォール」や、「キリンのエサ台」など、間近で観察できる工夫が凝らされています。
ミーアキャットがグラウンドから顔を出す「ミーアキャットのトンネル」や、シマウマやカバのおうちに入れるイベントもみどころのひとつ。

京都市動物園
出展:じゃらんニュース
京都市動物園に行ったら絶対に見逃せないゴリラのお勉強

「ゴリラのおうち〜樹林のすみか〜」では、ゴリラやチンパンジーがタッチパネルを使って勉強している、かなり珍しい姿を見ることができます。また、回転させたり、木の枝などの道具を利用したりしないとエサが取り出せない給餌装置などがあり、ゴリラやチンパンジーの知能レベルがとても高いことがわかります。
2018年12月に生まれた、とても可愛いニシゴリラの赤ちゃんも公開中!

京都市動物園
出展:じゃらんニュース
「いのちの尊さ、いのちのつながり」がテーマの「おとぎの国」

ヤギやヒツジ、テンジクネズミなどと触れ合うことができる「おとぎの国」もおすすめ。
そのほかにも、エサやりや触れ合い、体験を通して動物のことを学ぶ期間限定イベントがたくさん開催されているので、気になるイベントは事前にホームページで確認するのが◎

京都市動物園
出展:じゃらんニュース
正面エントランス内にある「図書館カフェ」

コーヒーやクレープを販売している「SLOW JET COFFEE」が併設された「図書館カフェ」には、約7,000冊の動物図書から絵本、写真集などがずらりと並んでいます。
動物園の帰りにちょっと一休みしながら、見てきた動物たちの本を広げるのもいいですね。

京都市動物園
住所/京都府京都市左京区岡崎法勝寺町岡崎公園内
営業時間/9:00〜17:00 ※季節によって変動あり ※入園は閉園30分前まで
定休日/毎週月曜日・12月28日〜1月1日 ※祝日が重なった場合、翌平日が休園日
アクセス/京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅から徒歩約7分
京都市営地下鉄東西線「東山」駅から徒歩約10分
京都市バス(5・32・100番)「岡崎公園 動物園前」より徒歩2分
京都市バス(31・201・203番)「東山二条・岡崎公園口」より徒歩10分
京都市バス(46番)「岡崎公園美術館・平安神宮前」より徒歩5分
駐車場/なし
子ども料金(中学生以下)/無料
大人料金(高校生以上)/600円
「京都市動物園」の詳細はこちら

嵐山モンキーパークいわたやま

子ザルたちに胸キュン!120頭もの野生のサルたちを間近で観察

嵐山モンキーパークいわたやま
出展:じゃらんニュース
動物園では見ることのできない野生のサルたちをじっくり観察できます

嵐山モンキーパークいわたやまでは、野生の状態で暮らしている約120頭ものニホンザルを、間近で見ることができます。
自然いっぱいの園内で、四季折々の過ごし方をしているサルたち。普段動物園でみるものとは、ひと味もふた味も違う顔を見せてくれます。

入口からサルたちが集まる休憩所までは、120段の階段となだらかな上り坂を進む、約20分の道のり。
道は整備されているので、歩くのが得意なお子様なら探検気分で楽しめます。赤ちゃん、よちよち歩きの小さなお子様は抱っこで◎(ベビーカーの場合、一部抱えて進む必要があります。)

嵐山モンキーパークいわたやま
出展:じゃらんニュース
2019年3月時点での「第1位オス・コジワ」。見分けるための大きな特徴はないらしい。

ニホンザル=「ボスザルがいる」 そう思っている方も多いのでは?
実はこの認識には、少し語弊があるそう。厳密には絶対的な支配力を持つ唯一無二の「ボス」ではなく、順位が存在する中での「1位」なんだとか。
「ボスザル交代」と言われているのは、この順位が変動したということなんですね。

嵐山モンキーパークいわたやま
出展:じゃらんニュース
生まれて3〜4か月もすれば、金網にも登れるようになります

春はサルたちの出産シーズン。タイミングによっては、生まれたての可愛い赤ちゃんザルたちを見ることができるかも…。
お花見がてら、足をのばしてみるのもいいですね。

嵐山モンキーパークいわたやま
出展:じゃらんニュース
サルたちがエサを食べる姿を、こんなに間近で見ることができます

山頂にある休憩所では1袋100円でサルのエサが販売されていて、自分たちでエサをあげることもできます。
ただし、「販売されているエサのみ」「エサは手渡しではなく棚の上に」のルールは必ず守るようにしましょう!

嵐山モンキーパークいわたやま
出展:じゃらんニュース
運動場にある「長〜〜い滑り台」

サルたちと楽しい時間を過ごしたあとは、運動場にもぜひ立ち寄ってみて。

嵐山モンキーパークいわたやま
住所/京都府京都市西京区中尾下町61
営業時間/9:00〜16:30 ※山頂は17:00まで(3月15日〜9月30日)
9:00〜16:00 ※山頂は16:30まで(10月1日〜3月14日)
定休日/ホームページでご確認ください
アクセス/阪急電鉄「嵐山」駅より徒歩5分
京福電気鉄道「嵐山」駅より徒歩5分
JR「嵯峨嵐山」駅より徒歩15分
京都市バス(28番)「嵐山駅」より徒歩5分
駐車場/なし
子ども料金(4歳以上)/250円
大人料金(高校生以上)/550円
「嵐山モンキーパークいわたやま」の詳細はこちら

京都・亀岡 保津川下り

「亀岡」から「嵐山」まで…2時間の感動と癒しの舟旅

京都・亀岡 保津川下り
出展:じゃらんニュース
春には川岸に咲く桜を眺めながら…。季節ごとに違う景色を楽しめるのも魅力

保津川の水流を利用して下流にある京都・大阪に物資を輸送することにはじまった川下りを、深淵や激流もはさみながら2時間かけて楽しむことができます。

海のようなうねりがないため舟酔いの心配もなく、乳幼児から大人まで年齢制限なく乗船できるのも嬉しいポイント。雨の日の天幕、暑い夏の日の日除けテント、寒い冬はお座敷暖房船なども準備されており、ベビーカーの持ち込みも可能。

トロッコ亀岡駅からバスで15分程のところに乗船場があるので、トロッコ列車やジオラマ京都JAPANと併せて体験するのがおすすめ!

京都・亀岡 保津川下り
出展:じゃらんニュース
船頭さんたちの力強く安定感のある技と、要所で繰り広げられるお話にも注目

自然を楽しむだけにとどまらないのが、この保津川下り。
個性あふれる船頭さんたちの匠の技に驚かされたり、各所の説明に「なるほど」とうなずかされたり…。船頭さんによっては歌ってくれる人もいるかも。

京都・亀岡 保津川下り
出展:じゃらんニュース
ちょっとしたスリルが味わえる激流ポイントで波しぶきを浴びよう!

え!激流?!子連れにはちょっと…そんな心配はご無用!
日々鍛錬を積んだ船頭さんの技で、岩と岩の狭い間をするりと舟が進んでいきます。
ジェットコースターとはまた違う、ちょっとしたスリルを味わえるのも保津川下りの魅力のひとつ。

京都・亀岡 保津川下り
出展:じゃらんニュース
全長16km・2時間のコース。四季折々の景色と共に京都の自然を感じてみては?

コースでは保津川の四季折々の風景だけでなく、サル・鹿・鳥などの生き物たちに遭遇することも。見逃さないよう、しっかり目を光らせておきましょう!
嵐山では船のコンビニがやってきます。お団子が有名なので、是非買ってみてくださいね。

保津川下り
住所/京都府亀岡市保津町下中島2
営業時間/9:00〜15:30 ※季節によって変動あり
運休日/増水(危険水位)時や悪天候時 ※その他の運休日はホームページでご確認ください
アクセス/JR「亀岡」駅より徒歩8分
嵯峨野観光鉄道「トロッコ亀岡」駅よりバス15分
阪急電鉄「桂」駅よりバス40分
駐車場/80台 ※無料
子ども料金(4歳〜小学生)/2,700円 ※3歳以下は膝上無料
大人料金(中学生以上)/4,100円
※冬季のみ予約可
「保津川下り」の詳細はこちら

貴布禰総本宮 貴船神社

水占いに船形の石!大自然に触れながら水の神様にお参り

貴布禰総本宮 貴船神社
出展:じゃらんニュース
春日灯篭が並ぶ石段の参道は、季節や時間帯によって違う表情に…

京都市内から少し離れた左京区・鞍馬山の麓にあり、水の神様がお祀りされている貴船神社。
子どもには少し険しそうに見えるこの石段も、歩くのが大好きなお子さんなら、わくわくポイントのひとつ。
ベビーカーやよちよち歩きのお子さんは抱っこで、澄んだ空気をゆっくり吸い込みつつ、目で、肌で、感じたことを話しながら登ってみましょう。(エレベーターなどはありませんのでご注意ください。)

日本屈指の縁結びのパワースポットとして有名な貴船神社ですが、今回は子どもが楽しみながら学べる、おすすめスポットや貴船神社にまつわるお話をご紹介!

貴布禰総本宮 貴船神社
出展:じゃらんニュース
参道を登りきったら、まずは本宮をご参拝しましょう

貴船神社の創建年代は不明とされているほど古く、1300年前の社伝に御社殿造替の記録が残っているそう。
ご祭神が水の神様であることから「清らかなお水がいつまでもにごらないように」との願いを込めて、「きぶね」ではなく「きふねじんじゃ」と発音するのが正式なんだとか。

絵馬の発祥になったという説もあり。馬のモチーフが描かれた「何事もうまくいく絵馬」(1,000円)に願い事をしたためるものいいですね。

貴布禰総本宮 貴船神社
出展:じゃらんニュース
本宮社殿前の石垣からこんこんとあふれ出ている御神水

夏は冷たく、冬は不思議なぬくもりがある御神水は、自由に汲んで持ち帰ることができます。この御神水を目当てに日本全国から参拝客が訪れるほど。
容器は持参も大丈夫ですが、境内でオリジナルの御神水容器を買うことも可能(1本500円)。湧き出る水を汲み頂くのも、子どもにとっては特別な体験!

貴布禰総本宮 貴船神社
出展:じゃらんニュース
水に浮かべると文字が浮き出てくる楽しいおみくじ

こちらも、子どもが間違いなく喜ぶ「水占みくじ」(1枚200円)。
そっと水に浮かべて、文字が浮き出るまでじっと見つめる…。そんな時間も素敵です。
家族全員で、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

貴布禰総本宮 貴船神社
出展:じゃらんニュース
奥宮に鎮座している上部が平らな「船形石」(ふながたいし)

貴船神社が最初に創建されたとされている奥宮には、子どもにも興味深い言い伝えがあります。

龍神様が住むといわれる「龍穴」(りゅうけつ)
日本三大龍穴のひとつで、強力なパワースポットとしても有名。
本殿真下にあるこの龍穴は、本殿建て替えの際、誤ってノミを落とした大工が亡くなったという話が伝わっており、決して人目に触れてはならない神聖な場所です。

舟のような形をしている「船形石」
神武天皇の皇母・玉依姫命(たまよりひめのみこと)が乗った黄船(きぶね)が人目に触れないよう、石で包み囲んだと言い伝えられています。また、「貴船」の名の由来のひとつとも言われています。

神社にまつわるお話をしながら、子どもと一緒に京都らしさをゆっくりと味わってみては?

貴布禰総本宮 貴船神社
住所/京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
参拝時間(本宮 開門時間)/6:00〜20:00 (5月1日〜11月30日)
6:00〜18:00 (12月1日〜4月30日)
※正月三が日は20:00閉門 ※ライトアップ開催期間中は参拝時間延長
授与所受付時間/9:00〜17:00 (通年)※ライトアップ開催期間中は受付時間延長
休参拝日/なし
アクセス/京都バス(33番)「貴船」より徒歩5分
駐車場/25台 ※公共機関をご利用ください
※観光シーズン、ライトアップ期間等は混雑が予想されます。
「貴布禰総本宮 貴船神社」の詳細はこちら

えびす屋

人力車に乗ってめぐる、京都のいいとこどり観光

えびす屋
出展:じゃらんニュース
「京都の街並み×人力車」で撮る写真は、これ以上ないほどの最強の組み合わせ

「京都には名所が多すぎて全部まわりきれない・・・」「人が多すぎて、子連れでまわるには大変・・・」
そんなお悩みは人力車を利用すれば全て解決!

京都を訪れたら絶対はずせない定番から、ガイドブックには掲載されていないような穴場まで、京都の街を知り尽くした俥夫さんがしっかりと案内してくれます。
京都は石畳が多く、人も多いため、疲れやすいと言われますが、人力車ならそんな心配も必要ありません。

えびす屋
出展:じゃらんニュース
人力車に乗ると少し目線が高くなり、歩いているときとは違う景色を楽しむことができます

年齢制限なく、赤ちゃんからお年寄りまで利用できるのも、人力車の魅力のひとつ。
徒歩以上、自転車未満の絶妙なスピードと心地良い揺れに、子どもは大興奮間違いなしです。
夏は日差しを避けて涼しく、冬はあったか毛布でしっかり防寒しながら観光できるのも、嬉しいポイント。

えびす屋
出展:じゃらんニュース
明るく、元気いっぱいの俥夫さんたちの鍛えられた身体にもご注目!

乗り心地もさることながら、1番のお楽しみポイントは「俥夫」さんたち。
個性豊かな俥夫さんたちが、京都の歴史から最新の情報まで、あますことなく案内してくれます。

俥夫さんにカメラを預け、好きに使ってもらうのもツウな楽しみ方のひとつ。
名所を熟知している人にしか撮れないフォトジェニックな写真や、「え!いつ撮ったの?」という隠し撮り、更には俥夫さん自身の自撮り写真も入っているかも◎

えびす屋
出展:じゃらんニュース
東山の定番コースなら、観光名所のいいとこどりができます(ひとり4,500円/2名以上での利用の場合)

気になる料金は1区間(約1.2km・12〜13分)2,000円から(2名以上での利用の場合)。
要望に応じて色々なコースを提案してくれるので、俥夫さんに相談してみてくださいね。

せっかくの家族旅行。小さなお子様連れでも、しっかり京都めぐりを楽しみましょう!

えびす屋 東山店
住所/京都府京都市東山区下河原町531(一念坂人力車乗場)
営業時間/10:00〜18:00 ※変動あり
定休日/無休
アクセス/阪急電鉄「河原町」駅から徒歩約18分
京阪電車「祇園四条」駅から徒歩約18分
京都市バス(206・207番)「東山安井」から徒歩5分
駐車場/なし
子ども料金(未就学児)/保護者1名につき1人まで膝上無料
大人料金(小学生以上)/1区間2000円〜
「えびす屋」の詳細はこちら

「心-花雫-」

本物の舞妓さんが暮らす町で本格的な舞妓体験

「心-花雫-」
出展:じゃらんニュース
気分は本物の舞妓さん!「少し照れくさいけど、嬉しい」とお子様にも好評なんだそう

京都を訪れた際、一度はお目にかかりたい舞妓さん。
そんな舞妓さんたちが暮らす町で、子どもも一緒に本格的な舞妓体験ができるスポットがあります。
古き良き、文化や伝統がたくさん詰まった京都。観光だけではなく、ちょっと特別な体験をしてみてはいかがでしょうか?

「心-花雫-」
出展:じゃらんニュース
豪華絢爛の花魁体験プラン(子ども14,040円、大人11,880円〜)もあります

舞妓体験のメイクは、びん付け油、白粉、目の周りの赤いライン(厄除け)や口紅など、本物の舞妓さんと同じように仕上げていきます。ヘアセットには、舞妓さん用のかつらの上から、前髪やサイドの髪を添わせて仕上げる「半かつら」を使用するため、とっても自然な仕上がりに◎
花魁体験ではカラフルなアイシャドーにつけまつげ、お花をいっぱいつけたヘアーアレンジで、お姫様気分を味わうことができます。

「心-花雫-」
出展:じゃらんニュース
姉妹で体験すれば、まるでお茶屋さんにいるような雰囲気も味わえます

舞妓体験プランには、スタジオでの写真撮影のほか、写真4枚入りのアルバムと全カットのデータが入ったCD-Rまで含まれています。また、花魁体験プランには、花魁専用のスタジオ写真撮影と写真3枚入りのアルバムがついています。
自分で選んだお気に入りのお着物をまとった、特別な写真は一生の思い出になること間違いなしです。

「心-花雫-」
出展:じゃらんニュース
大人向けの全ての舞妓体験プラン(12,420円〜)にも、写真撮影がついています

大人向けの体験プランは、女性の舞妓体験、花魁体験だけでなく、男性の着物体験プラン(5,400円〜)もあるので、家族全員で楽しむこともできます。
体験前後の待ち時間用に、子ども向けDVDも用意されているので、子どものご機嫌を気にする心配もありません。

体験の年齢制限がないのも嬉しいポイントですが、小さいお子様はメイクや撮影中に泣き出してしまう可能性もあるため、5歳以上での体験がおすすめです。

非日常のきらびやかな世界で、普段とはちょっと違った家族旅行を楽しむのもいいですね。

「心-花雫-」
住所/京都府京都市東山区宮川筋3丁目273
営業時間/9:00〜20:00 ※予約最終受け付け17:00
定休日/不定休
アクセス/京阪電車「祇園四条」駅より徒歩2分
阪急電鉄「河原町」駅より徒歩10分
駐車場/なし
子ども料金/舞妓体験プラン(中学生以下)、花魁体験プラン(身長135cm以下)ともに14,040円 ※括弧内の規定を超える場合は大人料金を適応
大人料金/舞妓体験プラン12,420円〜、花魁体験プラン11,880円〜
※舞妓体験プランの一部に限り母娘割引あり。詳しくは店頭でお尋ねください。
「「心-花雫-」」の詳細はこちら

おたべ本館 おたべ手作り体験道場

生地からつくる自分だけの生八つ橋に心も体もほっこり

おたべ本館 おたべ手作り体験道場
出展:じゃらんニュース
おたべと同じ米粉を使って、生地から生八つ橋をつくる体験ができます

京都の有名なお菓子のひとつと言えばつぶあん入りの生八つ橋・おたべ。
お土産に買って帰るのはもちろんですが、手作り体験ができる施設があることをご存知ですか?京都ならではの体験も、思い出として持ち帰りましょう!

おたべ本館 おたべ手作り体験道場
出展:じゃらんニュース
おたべのこだわりは「国産コシヒカリ」・「北海道十勝産あずき」・「日本名水百選 瓜割の水」

「八ツ橋を焼く前の生の生地がおいしい」という話は、昔から八ツ橋屋さんのなかでは有名だったそう。そこにつぶあんを挟み、さらにかわいい三角の形にして「おたべ」が誕生しました。
おたべの生八つ橋の「つ」は、柔らかさをあらわすため、それまでのカタカナではなく、ひらがなを使っているんだとか。

おたべ本館 おたべ手作り体験道場
出展:じゃらんニュース
できあがった生八つ橋をお抹茶と一緒にいただきましょう!

手作り体験では、おたべに使われているものと同じ、自家製粉したコシヒカリの「米粉」から生地を作り、おくどさん(かまど)を使って蒸し上げます。蒸しあがった生地に自家製餡した「あん」を詰めて、三角形に折れば、自分だけのおたべの完成です!

おたべ本館 おたべ手作り体験道場
出展:じゃらんニュース
蒸している間の時間を利用して、実際のおたべの製造工程も見学できます

この手作り体験の対象年齢は小学校5年生以上。4年生以下も大人と一緒に体験可能ですが、蒸しあがったばかりの生地はとても熱く、やけどの恐れもあるので十分に気を付けましょう。
1週間前までに、webサイト、または電話での予約が必要です。

それぞれで作ったおたべを、ひとくちずつ家族で味見しあうのもおもしろいですね◎

おたべ本館 おたべ手作り体験道場
住所/京都府京都市南区西九条高畠町35-2
営業時間/9:30〜、12:00〜、14:00〜の3回
定休日/なし
アクセス/近鉄京都線「十条」駅より徒歩10分
京都市営地下鉄烏丸線 「十条」駅より徒歩30分
JR「西大路」駅より徒歩30分
駐車場/20台 ※無料
子ども料金・大人料金/600円 ※小学生4年生以下は大人と一緒に体験可能
「おたべ本館 おたべ手作り体験道場」の詳細はこちら

蹴上インクライン

線路の上をお散歩しながら学ぶ舟運の歴史

蹴上インクライン
出展:じゃらんニュース
春には線路沿いに桜が咲き乱れ、お花見気分で線路を散策できます

蹴上インクラインは、大津と京都の間の舟運において、落差が大きく船をそのまま運航できない区間で、船を台車に載せて輸送するために作られた傾斜鉄道です。長さは582mで、建設当時、世界最長だったそう。
現在は使用されていないため、線路の上を歩きながら、四季折々の景色を楽しむことができます。
普段は「絶対入っちゃダメ!」と言われる線路。子どもにとっても、大人にとっても、わくわくしますよね。

蹴上インクライン
出展:じゃらんニュース
新緑の季節にも、春とは違った景色と風を楽しむことができます

傾斜鉄道という名の通り、緩やかな坂道の上に線路が敷設されています。
最寄りの地下鉄「蹴上駅」から蹴上インクラインまでのアクセス方法は何通りかありますが、抱っこやよちよち歩きの小さいお子様連れのご家族は、1番出入口から出て左方向に進み、「日向大神宮」側の出入り口から入るルートがおすすめです。こちらの出入り口は坂の一番上にあるため、あとは坂を下るだけ!
線路内は石も多いので、ベビーカーでの散策はあまりおすすめできません。

蹴上インクライン
出展:じゃらんニュース
蹴上船溜には,復元された運輸船とあわせて滑車(現物)が展示されています

線路散策以外にも、子どもが喜ぶポイントをいくつかご紹介!
インクラインの上端には、かつて船の荷降ろしなどが行われた「蹴上船溜」や、復元された運輸船の展示、疏水のトンネル、第一疏水と第二疏水の合流点、旧御所水道ポンプ室などがあります。
また、下端にある「琵琶湖疏水記念館」には噴水もあります。この噴水は、疏水の高低差による水圧だけで噴き上げています。

蹴上インクライン
出展:じゃらんニュース
レンガを螺旋状にねじった様に組んで作られたトンネル「ねじりまんぽ」

インクラインが上部を走るレンガ造りの歩行者用トンネルは、上からの大きな負荷に耐えられるよう、ねじったように斜めにレンガを組んで作られたことから、「ねじりまんぽ」と呼ばれています。
近くには、京都市動物園や南禅寺などの観光スポットもあるので、是非あわせて足をのばしてみてください。

蹴上インクライン
住所/京都府京都市東山区東小物座町339 ほか
営業時間/24時間
定休日/なし
アクセス/京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅より徒歩約3分
駐車場/なし
こども料金・大人料金/共に無料
「蹴上インクライン」の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか?
魅力満載の京都。次のお休みは、是非ご家族で京都を満喫してみてください。

※この記事は2019年3月時点での情報です
※価格はすべて税込です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定