ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 岡山で話題の「妊活食堂」が相談者150人を突破

岡山で話題の「妊活食堂」が相談者150人を突破

1

2019年03月23日 01:41  妊活・卵活ニュース

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

妊活・卵活ニュース

写真写真

ワクワクする楽しい妊活をサポート
「薬屋ふくべ」(岡山市南区)の相談者数が150人を突破したことが、2019年3月19日付けのプレスリリースで公表された。

不妊相談アドバイザーと薬膳コーディネーターの夫妻が二人三脚で経営している「薬屋ふくべ」は、昭和48年創業。店舗の1階は漢方薬などの販売コーナー、2階は食堂と各種イベントなどが開催できる多目的ルームとなっている。

食堂では多種多様な薬膳の効能を活かした妊活定食メニューを提供。「瞳きらきら定食」「お利口さん定食」「お肌つるすべ定食」などの豊富なメニューで、楽しくワクワクしながら妊活ができるようサポートしている。

自宅でも実践できるよう調理方法も指南。食事面だけではなく、ストレスの軽減方法など精神面のサポートも行っており、50組中36組の夫婦が子どもを授かった実績もある。

薬膳コーディネーターと助産師によるイベントも開催
「薬屋ふくべ」店舗2階ホールでは、産後の育児サポートとして「子育てサンサン広場」を開催。妊活中から通っている人ばかりなので参加者同士も意気投合しやすく、相談やメンタルケアの場として人気を博している。

いそがしさと疲労で食事がおろそかになりがちな産後にオススメの「子育て定食」も提供される。

生活習慣病相談やオーガニックマルシェも開催している「薬屋ふくべ」の営業時間は9時から19時まで。日曜日と祝祭日は定休日となっている。

(画像は薬屋ふくべ公式サイトより)

(画像は薬屋ふくべのプレスリリースより)

薬屋ふくべのプレスリリース/@Press

薬屋ふくべ公式サイト

薬屋ふくべ妊活専用サイト

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定