ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 「明日、息子が家を出るんだ」父のバター干し芋 夜廻り猫が描く門出 「苦労しないわけがない、だから…」

「明日、息子が家を出るんだ」父のバター干し芋 夜廻り猫が描く門出 「苦労しないわけがない、だから…」

0

2019年03月23日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真夜廻り猫が描く「門出」
夜廻り猫が描く「門出」

 「つらいことの後には幸せがくる」。そう言って送り出してくれた父親。自分も息子を送り出す立場になった男性が感じたのは……。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られ、ツイッターで「夜廻り猫」を発表してきた漫画家の深谷かほるさんが「門出」を描きました。

【マンガ本編はこちら】明日は旅立ちの日 父が送ってくれたエールは…

つらいことの後に幸せが… 俺も父と同じように
 きょうも街を夜廻り中の猫の遠藤平蔵は、キッチンに立つ男性に声をかけます。

 「もし そこなおまいさん泣いておるな?心で どうした?」

 男性は、自分が18歳で家を出たときの思い出を振り返ります。

 硬くなった干し芋をバターで焼いてくれた父は、「人生は捨てたもんじゃない。つらいことの後には幸せがくる」と言って送り出してくれました。

 あれから数十年、男性もだんだんとそう感じるようになっていきました。

 明くる日は、自分の息子が旅立つ日。男性は「苦労しないわけがない だから俺もバター干し芋とあの意見で送り出そうかと」と笑います。

 遠藤たちも、新しい門出を迎える人たちに「どうか幸せに」とエールを送るのでした。

家賃の予算「2万円です」 いいご縁がありますように
 都内に住む作者の深谷かほるさんは、近所の不動産屋さんで何気なく物件の貼り紙を見ていたそうです。

 「やはり家賃の相場は1畳1万円だな……」と思っていたところ、まだ子どものような金髪の若者が中へ入って行きました。

 「この辺で、アパート探してるんですけど」
 「予算はいくら?」
 「2万円です」

 そのやりとりを聞いて、「……そうか! がんばれ! いいご縁がありますように!」と心の中で叫んだそうです。

 春から新しい生活を始める人たちにも、希望の未来がありますように。

漫画「夜廻り猫」
 猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
 泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
 そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。
 遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。姑獲鳥(こかくちょう)に襲われ、けがをしていたところを遠藤たちが助けました。
 ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受けた。単行本5巻(講談社)が4月23日に発売予定。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定