ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 【海外で大人気】ディズニーピクサーの裏側を知れる展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が六本木で開催されるよ!

【海外で大人気】ディズニーピクサーの裏側を知れる展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が六本木で開催されるよ!

1

2019年03月24日 11:02  Pouch[ポーチ]

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』など、人気作品を続々生み出してきたピクサー・アニメーション・スタジオ(以下、ピクサー)。

そんなピクサーによるアニメーション制作の裏側を見ていくことができる展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が、2019年4月13日から9月16日までの期間に、東京・六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて開催されます。

この展覧会はアメリカやカナダで150万人以上を魅了してきた人気企画で、今回がアジア初開催

ピクサー作品を支える “科学” にフィーチャーし、数々の魅力的なキャラクターがどのようにして生み出され、作品がどのように作られていくのか、カギとなる8つの工程を通して紹介してくれるんですって。

【8つの工程を「体験」しながら学ぼう!】

展覧会は8つの工程を体験しながら学ぶことができる、 “体験型展示” で構成されています。

1つめは、キャラクターのかたちを作る「モデリング」。アーティストが描いたスケッチをもとに、キャラクターのバーチャル3Dモデルを作る工程です。

2つめは、キャラクターの動きを作る「リギング」。モデリングを経て生まれたキャラクターをリアルに動かすために、仮想の骨や関節、筋肉を作って“動き”を設計します。

続く3つめは、髪の質感や服の素材など、キャラクターの “外見” を決める「サーフェイス」。4つめは、そのキャラクターが生きる物語の世界を作る「セット&カメラ」

5つめは、キャラクターに演技をさせ、動かしてみる「アニメーション」。6つめは、キャラクターと一緒に髪や服を動かす「シミュレーション」

7つめは、昼や夜の明かりや、視点を誘導する光を調節する「ライティング」。そして最後となる8つめは、映画館などで楽しめる状態にする「レンダリング」となっています。

想像以上に手間がかかっていて震える……! アニメーション映画を作るのって大変なんだなあ!

【キャラクターと写真も撮れるよ!】

なお各エリアではキャラクターとの写真撮影も可能ということで、SNS活動も捗りそうですねぇ。

過去に開催された展覧会場には人間と同じくらいの大きさのバズ・ライトイヤーなどが飾られていたようなので、今回も期待せずにはいられませんっ。

【紹介動画をみて予習しておこ☆】

前売りチケットの価格は、一般が1500円です。

3月14日に開設されたばかりのティザーサイトおよびYouTubeには、展覧会の紹介動画も公開されているので、さっそくご覧になってみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース、「PIXARのひみつ展」展覧会ティザーサイト、YouTube
画像=© Disney/Pixar、© Michael Malyszko、© Nicolaus Czarnecki
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定