ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 【春メイク】単色塗りで春まぶた!大人キレイな「2019年トレンド・アイカラー」5色

【春メイク】単色塗りで春まぶた!大人キレイな「2019年トレンド・アイカラー」5色

0

2019年03月24日 12:12  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
春になるとキレイな色が暖かい日差しとマッチしますね。

たったこれだけで老け見えしない!綺麗キープ力抜群の「ポーチINコスメ」5選

メイクでもカラーを取り入れるなら、断然アイカラーです。アイカラーのトレンドは単色塗りシングルのアイカラー。

グラデーションとは違って、目に奥行き感を出すわけではないですが、まぶたをキレイに見せ、明るい表情をつくってくれます。

またシングルカラーは色を重ねないので、キレイな色をそのままキープできます。

ニュアンスカラーが揃っているので、春のペールトーンのファッションに合わせて使うと、統一感が出てグッと春っぽくなりますね。

まぶたに広範囲にのせるので、濃い色よりは、色のニュアンスを楽しむような感じで、透明感のあるものが使いやすいです。高発色でも素肌が透けるようなカラーだと、重たくなりませんよ。

秋冬は質感が重ためのクリームアイシャドウも多かったのですが、春夏はやはりパウダータイプです。パウダーとはいっても粉っぽくならず、保湿感のあるものが多い印象です。これなら大人も使いやすいです。

今回は、トレンドと合わせて、春に使いたい大人の女性のためのシングルカラーを5色選んでみました。

■大人のためのシングルカラー5色

■シアーブラウン

春でも軽やかなテラコッタやナチュラルトーンのお洋服が旬の春夏。

メイクでもブラウンやベージュなど肌に馴染むアイカラーがあると何かと重宝します。ただそのままブラウンを乗せると重たくなってしまうので、シアー感のあるライトなブラウンを選ぶと春らしさが出て吉。

エクセルの『ディープシャドウ フューシャブラウン』は、透明感のあるキレイなブラウン。柔らかで暖かみのある色味で、使いやすいです。高発色カラーで一塗りでキレイな陰影ができます。

■赤めオレンジ

今年注目のカラーといえばオレンジ。オレンジのアイカラーをまぶたにオンするだけで、ナチュラルなオシャレ感が醸し出せます。

様々なオレンジカラーがありますが、ぱっきりとしたオレンジのものよりも、くすみ感のあるオレンジやオレンジのニュアンスのあるブラウン系のカラーだと肌に馴染みやすく、大人っぽく仕上がります。

セザンヌの赤系のマットカラーも、黄色味を抑えた赤オレンジ。赤としても使えて、シックにキマる大人色です。

■ラヴェンダー

引き続き、注目カラーのラヴェンダーやパープル。メイクで取り入れる時は、色がはっきり発色する系の紫ではなく、スキントーンを整えるくらいのライトパープルが今っぽい雰囲気です。

シアーで透け感のあるライトパープルを選んで、白浮きしない程度にのせ、目元を明るく引き立てましょう。

メディアの『ブライトアップアイシャドウ』のライトラヴェンダーは目元を上品に彩るニュアンスカラー。

暑苦しくならないので、春のブラックコーデやトレンドのレザーを取り入れたコーデにも抜け感をプラスしてくれます。赤リップとの相性もバッチリ。

■シアーピンク

定番化している大人ピンクも健在です。くすみピンクや青みピンクなどバリエーションが豊かですが、この春は久々にパステルカラーが増えています。

特にシングルカラーでトライするならパステル系のシアーカラーを取り入れてみましょう。

ペールトーンのファッションやチュールスカートにも似合いますし、小花柄やフリル、リボンなどフェミニンな雰囲気も盛り立ててくれます。

■ラメ感

小物やネイルでグリッターやラメ、メタリック素材などキラキラブームが続行中。

アイカラーでもラメの存在感が大きいものが可愛いこの春。ラメが大きすぎず小さすぎず、質感が上品で、密着感があり、落ちにくいものなど日常的に使いやすいラメのアイカラーが登場しています。

ひと塗りでキラキラ感を楽しめるアイカラーを選んでみてください。大人系のマットな口紅やヌーディメイクに合わせると子供っぽくなりませんよ。



シングルカラーは塗り方も特にテクニックはいりません。

どのカラーでも指にカラーを取ったら、まぶたの中心に色をのせ、目尻の方へ、目頭の方へぼかしていきます。ぼってりのせるとグラデが必要になるので、薄くのせて重ねていきましょう。

ラヴェンダーやライトカラー+ラメは、まぶたのベースを塗る容量で馴染ませ、ブラウンやピンクはその幅を少し小さめに塗っていくと自然に仕上がります。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定