ホーム > mixiニュース > コラム > プロに聞いた「私が年間300回も筋トレを続けられる理由」

プロに聞いた「私が年間300回も筋トレを続けられる理由」

0

2019年03月24日 15:10  まぐまぐニュース!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まぐまぐニュース!

写真写真

メルマガ『届け!ボディメイクのプロ「桑原塾」からの熱きメッセージ』の読者から、塾長の桑原さんに、なぜ筋トレを続けられるのか、訊ねるメールが届きました。還暦が近づいてきたいまも年300回以上筋トレを続ける塾長が語る筋トレの魅力…その答えには確固たる自信がみなぎっていました。

年間300回以上筋トレをやり続けられる秘訣

Q. 私の職場では、まだまだ筋肉への誤解も多く、ランニングやヨガは人気でありますが、筋トレは日陰の身といった感じです。桑原さんが筋肉を鍛え続けるモチベーションとは、何かあるのでしょうか。年間300回以上筋トレをやり続けられる秘訣があれば知りたいと思いました。(33歳、男性)

桑原塾長からの回答

どんなことでも、関心の無い人に対してその魅力を語るのは難しいですよね。

私は色々なテーマやシーンでセミナーをさせていただきますが、ここ数年はなんといってもランニングが人気です。それに派生する形で、トレランやトライアスロンといったセミナーも人気が高く、ネットでの予約ですぐ定員になってしまうことも珍しくありません。

ところが、私自身は一切走らないので、目をキラキラ輝かせて聞き入る参加者とは裏腹にその魅力を理解していないのです。

イベントやトークショーなどでは、トップランナーの方ともご一緒させてもらい、その魅力についても話しを伺うのですが、その人の魅力は伝わってきてもランの魅力にはいまのところとり憑かれそうにありません。これは登山でもゴルフでも同様でして、きっと筋トレの魅力を理解できない人はこういう感覚なのだろうなぁといつも感じています。

確かに、筋肉がついたからといって手荷物が軽く感じられるとか、 階段の上り下りが凄く楽に感じるというレベルではありませんし、 さりとて年老いた時のサルコペニア対策というにはワクワク感が生まれてきません。

では、何で自分は筋トレというトレーニングを続けているのだろうと自問自答するのです。

出張先にまでトレーニングギアやサプリメントを持ち込んで、時間のない時には朝5時起きしてでも24時間営業のジムに行くわけですから、不思議といえば不思議なわけです。当然、その後は眠たくもなりますし、疲れてもきます。でも、自らの意志で行くのです。

もうこれには答えは無いといいたい所なのですが、もう少し考えてみるとなんとなく理由が見えてきます。その一つは、筋肉は歳をとっても右肩上がりに出来るからという理由です。

若い頃と違って、肉体的にはほぼすべてにおいて老いを感じる事があります。目にしても肌にしても、風邪などの治り具合にしても、です。ところが筋肉だけは、仮に20代の頃と比較しても決して劣ってはいません。

筋肉の回復力であるとか、スタミナという点では陰りもみえてきますが、単純に筋量ということでいうならばやはり右肩上がりなのです。

20年ほど前の武藤さんと初めて出会った頃の写真を見ると、二人ともまだ細いなぁという印象です。既にその頃は30代後半でしたが、武藤さんですら今と比べるとか細い印象です。

つまり20年間筋トレを続けてきたお陰で、年齢的には還暦が視野に入る状態になりましたが、筋量は当時よりも増えた状態になっているのです。これはどんなキャリアよりも自信になってくれます。

賞状やメダルや、はたまた学歴、経歴など、その人その人にとって自信の裏付けみたいなものってあると思いますが、どんなに素晴らしいキャリアも結局は過去のものなのです。

今持っている筋肉は、まさに今という現役感で満ち溢れていて、なおかつこの先も成長してくれるという期待感まで持ち合わせているのです。私はこれに勝る自信の源泉はないのではないかと思っています。

そして、筋トレのもう一つの魅力は、自信だけではなく謙虚さを教えてくれる点だと思っています。右肩上がりになるためには、自身の限界に常に臨まなければなりません。限界に臨むことはどんなに小さな事であっても、恐怖心がつきまといます。それに立ち向かう勇気が必要です。

だからこそ、そこから自信が生まれてくるのですが、同時に限界は簡単には超えることが出来ません。だから自信と同時に謙虚さが醸造されてくるのです。自惚れや思い上がりのような発想は、限界に臨む行為をしたと同時に即消されてしまうでしょう。このバランス感も筋トレの魅力の一つではないかと思います。

まぁ、筋トレに限らず他の事でも同様の魅力は味わえるのかもしれませんが、私自身が出会って魅了されたのは筋トレであったということなのでしょう。

4月になると58歳になります。今の一番の目標はアクティブな還暦を迎えることです。長生きが出来るか否かは分かりませんが、アクティブでいられるかどうかは自分の努力で実現の可能性がグッと増してきます。

そういった意味ではここ数年はアンチエイジングに関心をもち、幅広く全方位的にアンチエイジングに取り組んでいます。私が考えるポイントは大きく4つありまして、1つは抗酸化、2つめは抗糖化、3つめが成長ホルモンと性ホルモン、そして最後に筋肉なのです。

ですから、あくまでも他人ではなくて自分との比較であり競争を日々行っているという感覚があります。これは若い頃にはあまりなかった感覚で、常に他人と自分との比較の中でモチベーションを高めていた私が、去年の自分、昨日の自分を意識して進化を信じて日々取り組んでいるのが筋トレであります。

image by: shutterstock.com

MAG2 NEWS

動画・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定