ホーム > mixiニュース > トレンド > 日本最大級のコーヒーイベント

「東京コーヒーフェスティバル2019」57店舗出店&海外コーヒー都市に着目する新企画も

88

2019年03月25日 07:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真東京コーヒーフェスティバル(TOKYO COFFEE FESTIVAL 2019 spring)/画像提供:TOKYO COFFEE FESTIVAL 実行委員会
東京コーヒーフェスティバル(TOKYO COFFEE FESTIVAL 2019 spring)/画像提供:TOKYO COFFEE FESTIVAL 実行委員会
【東京コーヒーフェスティバル/女子旅プレス】日本最大級のコーヒーイベント「東京コーヒーフェスティバル(TOKYO COFFEE FESTIVAL)」が2019年4月13日(土)〜14日(日)、東京・青山の国連大中庭にて開催される。

「台湾フェスタ 2019」行列タピオカに小籠包…台湾本場グルメのフードフェス

今回は国外からの14店舗をはじめ、コーヒーロースター、カフェ、コーヒーのお供となるフード、アイテムなどを扱う合計57店舗が出店。毎回好評の100種類以上のコーヒー飲み比べでは、恒例のオリジナルミニマグに加え、イベントのあとも日常やアウトドアで使いやすいオリジナルタンブラーも登場する。
◆新たな面白さを発見する新企画「GUEST CITY」
今回より、世界各地の都市をひとつ取り上げ、その土地のコーヒーカルチャーや歴史、注目のロースターを紹介する企画「GUEST CITY(ゲストシティー)」が始動。

初回に取り上げるのはオーストラリア・メルボルン。イタリア文化がベースのメルボルンのコーヒーは、ここ十数年、文化や民族が急激に多様化することにより劇的な変化を遂げ、メルボルン独自の文化として成長を遂げてきた。

そんなメルボルンのコーヒーカルチャーを肌で感じてもらうことを目的に、現地から「ST.ALi(セントアリ)」「Patricia Coffee Brewers」をはじめとした6つのカフェと、クラフトチョコレートメーカー「Hunted+Gathered」が日本初出店する。

◆アジア産のコーヒーが一堂に集結
さらに、東京とアジアのコーヒーファーマーを繋ぎ、アジアの新しいコーヒーカルチャーをつくる「CUP OF ASIA(カップ・オブ・アジア)」がスタート。

日本に最も身近なコーヒー生産地であり、今まさに盛り上がろうとしている“アジア”のコーヒーに着目し、第1回目は、生産者を交えたトークと、ロースターと生産者をつなぐことを目的としたカッピング&オークションを実施。(事前申込制)

ラインナップは、今回来日するベトナム、イエメンの新しい収穫のコーヒーの他、インドネシア、ミャンマー、ネパール、ラオス、タイ、中国など。大いにポテンシャルを秘めたアジアのコーヒーを気軽に味わえる貴重な機会となる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■第11回東京コーヒーフェスティバル(TOKYO COFFEE FESTIVAL 2019 spring)概要
日時:2019年4月13日(土)〜14日(日)11:00〜17:00
会場:国連大学中庭(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
※Farmer’s Market@UNUと同時開催
料金:入場無料※雨天決行、荒天中止
来場:約2.5万人/日

情報:TOKYO COFFEE FESTIVAL 実行委員会

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • ふと思った事。「東京コーヒー」と「登校拒否」って語感が似てるよね��������
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 中国のコーヒー�����ҡ�ってまだ飲んだことないなぁ
    • イイネ!10
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(35件)

あなたにおすすめ

ニュース設定