ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 「Ad Generation」のヘッダービディングによる広告配信が「ネイティブ広告」へも対応開始

「Ad Generation」のヘッダービディングによる広告配信が「ネイティブ広告」へも対応開始

0

2019年03月25日 12:01  MarkeZine

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MarkeZine

写真写真
 Supershipは、パブリッシャー向け広告配信最適化プラットフォーム「Ad Generation(アドジェネ)」のヘッダービディングによる広告配信において、新たにネイティブ広告への配信に対応した。


 ヘッダービディングによる広告配信に対応可能な広告フォーマットは、これまでディスプレイ広告のみだった。Supershipは、インフィード広告をはじめとするネイティブ広告への対応を希望するパブリッシャーの要望に応えるべく、新たに「Prebid.js」を用いたヘッダービディングにおいて、ネイティブ広告の配信への対応を開始した。


 「Prebid.js」とは、オープンソースで開発されたWebサイト向けのJavaScriptライブラリ。パブリッシャーは、ヘッダービディングのデマンドパートナー(ビッダー)として「Ad Generation」を追加することで、「Prebid.js」公式のプライバシーリンクを使ったオプトアウト実装を行ったネイティブ広告の配信が可能となる。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定