ホーム > mixiニュース > コラム > 職人愛用の「マキタ」で大人気!買うべき家電5選!安い&高性能&ハイパー便利!

職人愛用の「マキタ」で大人気!買うべき家電5選!安い&高性能&ハイパー便利!

1

2019年03月25日 13:01  Business Journal

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Business Journal

写真「マキタ HP」より
「マキタ HP」より

 電動工具、木工機械、空気動工具、園芸用機器などの製品をラインナップし、工事現場や建築現場の職人が愛用するプロユースブランドとしてお馴染みのマキタ。チェーンソーやインパクトドライバーが主力商品といえば、「ああ、あのブランドか」と思い出す方も少なくないだろう。


 そんなマキタだが、近年は一般人からも人気を集めていることをご存じだろうか。


 しかも、電動工具、木工機械などはDIY好きな方の間では知名度が高かったが、最近ではそういった工具系以外のマキタ製品にも関心が集まっているのである。ホームセンターによく足を運ぶ方なら把握しているかもしれないが、マキタは掃除機やコーヒーメーカーといった製品も発売しており、リーズナブルでありながら高性能だと評判なのだ。


 たとえば掃除機業界は、「ルンバ」で有名なiRobotやダイソンといった有名メーカーがしのぎを削っているが、マキタも密かに存在感を示している。もともとは、工事や建築現場の職人が、作業後に現場を掃除するためのものとして「充電式クリーナ」を製品化したというマキタ。1982年から販売しているとのことだが、当時の製品は重くて充電に時間がかかるうえ、さらにパワーも弱かったため、家庭用として使うのには向いていなかったようだ。


 しかし、リチウムイオン電池を動力源とすることで、充電速度やバッテリーの持ちといった基本的な性能が向上。「充電式クリーナ」のエントリーモデルに関していえば、そのパワーは最大で3倍になったという。これにより、それまではプロユースの道具だった同製品が、一般家庭用としても注目され始めたのである。


 掃除機以外でも、そのシンプルさと操作性の高さ、価格の手ごろさが人気を呼び、「マキタの製品はコスパがいい」という口コミが、ホームセンター好きの方々を中心に広まっている。


 そこで、マキタのラインナップのなかでも、とりわけオススメな製品を5つ選んで紹介する。チェーンソーやインパクトドライバーといった工具系ではなく、それ以外のアイテムで厳選した。もともと現場作業のプロ向けであるため、どれもデザインは無骨だが、使用すれば素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれる製品ばかりなので、参考にしてほしい。


●充電式クリーナ CL107FDSHW/本体のみ標準小売価格:7700円(税別、以下同)


 調査のため筆者が足を運んだホームセンターで店員の方に話を聞いたところ、やはり「人気がある」とのことだった「充電式クリーナ」。同シリーズのなかでも、2016年に発売されて以降、長い間支持を得ている超人気モデルが「CL107FDSHW」だ。


 シンプルな見た目で、持ってみても非常に軽い同製品。本当にキレイに掃除できるのかと疑問を抱いてしまうところだが、プロも認める性能は本物。十分すぎるほどの吸引能力で、ホコリを漏れなく吸いこんでくれる。


 また、先ほどの店員によれば、「ダイソンなどと比べても、動作の音は静か」とのことだから、騒音の心配もなさそうだ。しかし、充電式のバッテリーは約20分しか持たないという。一軒家全体を掃除するといった用途より、一部屋をとことんキレイにしたいときや、自家用車の清掃、一人暮らしの方に向いているようだ。


 ちなみに、前述のホームセンターで「充電式クリーナ」は、家電や掃除機のコーナーではなく、高圧洗浄機やブロワー、工具の近くに置かれていた。店舗で探す際には、ご留意いただきたい。


●充電式クリーナ CL108FDSHW/7100円


 マキタの「充電式クリーナ」は、さまざまなタイプがラインナップされているのも魅力。「CL108FDSHW」は、上記の商品と同じ「10.8Vスライド式」のバッテリーを採用しているが、集じん方式に違いがある。


「CL108FDSHW」が搭載しているのは、カプセル式という集じん方法。「CL107FDSHW」の紙パック式とは違い、定期的なお手入れが必要となるものの、水洗いすることで繰り返し使えるフィルターが採用されているため、ランニングコストがかからず経済的だ。


 また、カプセル式の集じん方式はそのままに、手元のスイッチがボタンではなく、こまめな切り替えがしやすいトリガーが採用されている「CL106FDSHW」や、バッテリーが内蔵式のもの、より強力な14.4Vや18Vのバッテリーを搭載した上位モデルなども存在している。用途、予算などに応じて、自分に合ったものを選ぶことができる。


●充電式ファン CF102DZ/9900円


 現場のプロも愛用しているという充電式ファン「CF102DZ」は、本当にゴツい見た目をしている製品だが、このメカニカルなデザインが、むしろカッコよくて好きという方も少なくないようだ。


 14.4Vと18Vのリチウムイオンバッテリーで動作し、なおかつコンパクトであるため、どこにでも持ち運ぶことができる同製品。可動式のフックが付いているので、天井などからぶら下げることも可能だ。また、タイマーや首振り機能も搭載されているため、クルマの中やアウトドアキャンプなど、幅広い場面で活躍してくれるだろう。


 やや動作音が大きいが、それだけに風力は非常に強力で、インターネット上には「家庭用の扇風機と同じ程度の風力がある」といった書き込みもある。小さい本体から、広い範囲に涼しい風を送り込んでくれる優れものだ。


●充電式ラジオ MR108/2万5800円


「MR108」は、こちらも無骨な見た目ながら、クリアな音質に定評のある充電式ラジオである。防じん・防水性能も優れており、Bluetoothでスマートフォンと接続することも可能なため、屋外でラジオや音楽を楽しみたい方には、もってこいの製品といえるだろう。


 さらに、USB出力端子から、ほかの機器を充電することもできる。これ一台あれば、アウトドアやキャンプを音楽で彩ることができるだけではなく、災害などの非常時に、ラジオから必要な情報を集めることも、モバイルバッテリー代わりに使用することも可能だ。


●充電式コーヒーメーカー CM501DZ/1万1900円


 ここまで紹介した製品を揃え、すっかりマキタファンになったあなたにオススメなのが「CM501DZ」。相変わらずの男らしいデザインをした充電式のコーヒーメーカーだ。


 コーヒーメーカーでありながら、コードレスというこの製品。充電されたバッテリーさえあれば、さまざまな場所へ持ち運んで使用することが可能で、18Vのバッテリーならば、約5.3杯のコーヒーが抽出できるという。


 そして驚くことにマキタは、オリジナルのカフェポッドも発売している。レギュラーコーヒーも使える同製品だが、マキタのカフェポッドを用いれば、さらに本格的なドリップコーヒーを、電源が取れない場所やアウトドアの場面でも楽しむことができるのである。


――独断でセレクトし、ご紹介してきたマキタ製品5選。いかがだっただろうか。マキタブランドの製品は、どれもシンプルで頑丈、かつ高いスペックを誇っている。ぜひ一度、手に取ってみていただきたい。
(文=後藤拓也/A4studio)


このニュースに関するつぶやき

  • マキタの電動工具ってバッテリーが共用できるし、ランタンがあると停電しても安心。スマホの充電もできるし、電気に詳しい人なら車のバッテリー上がりの時にも使える♪
    • イイネ!3
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定