ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 今夜『大奥 最終章』、木村文乃が鈴木保奈美&小池栄子ら女の戦いの渦中に

今夜『大奥 最終章』、木村文乃が鈴木保奈美&小池栄子ら女の戦いの渦中に

0

2019年03月25日 13:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真『大奥 最終章』場面写真(C)フジテレビ
『大奥 最終章』場面写真(C)フジテレビ
 女優の木村文乃が主演、俳優の大沢たかおが相手役を務めるフジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』(フジテレビ系/3月25日20時)が、今夜放送される。平和に暮らしていた紀州から江戸城・大奥で暮らすことになった久免(木村)が、天英院(鈴木保奈美)や月光院(小池栄子)を中心に繰り広げられる女たちの覇権争いに巻き込まれていく。

【写真】『大奥 最終章』フォトギャラリー

 本作は、2003年から連続ドラマ3本と単発ドラマ6本、映画1本が放送・上映されてきた『大奥』シリーズの完結作。幕府財政の再建を目的とした享保の改革を行い「徳川中興の祖」と称され「暴れん坊将軍」としてもあまりに有名な徳川第8代将軍・徳川吉宗。その将軍就任の裏にある大奥の女たちの愛憎に満ちたさまざまな思惑の中で、吉宗を精神的支柱として陰ながら支え続けた側室・久免の半生を描いていく。

 吉宗の生母・浄円院(松坂慶子)付きの女中であった久免は、吉宗が公家出身の病弱な正室・理子と死別した後に側室に迎えられ、素朴で優しい人柄を深く愛されていた。吉宗には、お須磨、お古牟(こん)、お梅という亡くなった3人の側室との間に、それぞれ長福丸(ながとみまる)、小次郎、小五郎という子供がいたが、久免は“なさぬ仲”の3人の子供たちをまるで自分の子供のように愛し、吉宗、浄円院と共にいつまでも仲むつまじい暮らしが続くものだと考えていた。

 しかし、吉宗を第8代将軍に推挙するという江戸城からの命で、平凡ながらも幸せな久免の生活は一変。慣れ親しんだ紀州藩邸での暮らしを捨て江戸城・大奥に移ることに一抹の不安を感じていた久免だったが、吉宗の高い能力を紀州藩主で終わらせるのはもったいないと彼の背中を押す。

 決断をしてからは、江戸城の絢爛豪華なふすま絵や家具調度品が楽しみと無邪気に考えていた久免。だが、天英院と月光院がさまざまな局面で覇権争いを繰り広げ、1000人もの美しく着飾った女たちが吉宗を誘惑しようとしのぎを削る大奥は、久免の甘い考えを打ち砕くには余りある存在だった。

 果たして久免は、権謀術数が渦巻く大奥から、吉宗や3人の子供たちを守り抜くことができるのか…?

 フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』は、フジテレビ系にて今夜3月25日20時放送。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定