ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > A.B.C-Z 五関晃一、手塚治虫作品『奇子』で舞台単独主演

A.B.C-Z 五関晃一、手塚治虫作品『奇子』で舞台単独主演

1

2019年03月25日 16:10  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

手犲C遒量_荳酩福愆饂辧戮、A.B.C-Zの五関晃一の単独主演で舞台化されることが発表された。

本作は、手犲C遒砲茲襦叛弧浸寝痢 生と性の物語『奇子』を初の舞台化。漫画の神様、手犲C遒蓮▲劵紂璽泪縫坤牋遒譴觝酩で広く知られているが、その一方で、策謀や背徳といった人間の心の闇や犯罪、グロテスクで過激な表現など、そのイメージとは対照的な「黒い」作品も多く描いている。戦後の田舎社会を舞台に、少女監禁や近親相姦などセンセーショナルな描写も巧みに取り入れた『奇子』は、この作品群の代表作とも言える作品だ。

まだ暗い世相の敗戦直後の東北の農村地帯で、大地主一族の遺産相続をめぐる骨肉の争いと恐ろしい欲望の果てにこの世に産み落とされた、奇子。一族の体面のために土蔵の地下室に幽閉され、下界から隔絶して育てられた、言わば“純粋培養”の奇子は、やがて性に対して奔放な美しい成人女性として世に放たれていくことになる…。この物語が生まれたのは、戦後復興を遂げ高度成長期をひた走った日本社会が大きな曲がり角に差し掛かった 1970年代前半のこと。2019 年の今、「絆」が求められる時代に、昭和時代に手爐生み出した、愛おしくもおぞましい、「絆」の物語。

主演を務めるのは、A.B.C-Z のグループでの活動のほか、舞台「シェイクスピア物語〜真実の愛〜」をはじめ精悍な佇まいで俳優としても注目を集める五関。単独での主演は、今作が初となる。共演は、三津谷亮、味方良介、駒井蓮、深谷由梨香、松本妃代、相原雪月花といったフレッシュな感性と個性豊かな面々、さらに、独自の存在感で深みを増す中村まこと、硬軟自在の演技力が魅力の梶原善と、実力派が揃った。

そして上演台本と演出を手掛けるのは、物語の舞台となる青森県出身者でもある中屋敷法仁。気鋭の演出家ながら、その研ぎ澄まされた演劇感覚と手腕に定評のある中屋敷が、どう「奇子」を表現するのか。2019 年夏、演劇界に一石を投じる作品となるだろう。

五関晃一(A.B.C-Z)コメント
初めて原作を読んだ時、「本当に手爐気鵑虜酩覆覆里な?」と思うくらい生々しくリアルな人間模様に驚きました。そんな「奇子」という作品が舞台でどう表現されるのか、個人的にも今から楽しみです。仁朗の狂気の中にある愛や絆をしっかり演じきれるよう頑張っていきます。


【公演概要】
プレビュー公演(水戸公演)
公演日程:2019年7月14日(日)・15日(月・祝)
会 場:水戸芸術館 ACM 劇場

東京公演
公演日程:2019 年7月19日(金)~7月28日(日)
会 場:紀伊國屋ホール

大阪公演
公演日程:2019年8月3日(土)~4日(日)
会 場:サンケイホールブリーゼ




    あなたにおすすめ

    ニュース設定