ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 女優・川栄李奈にオファー殺到

オファーが殺到する「女優・川栄李奈」にAKB48メンバーが憧れる理由

378

2019年03月26日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真川栄李奈 (c)朝日新聞社
川栄李奈 (c)朝日新聞社
 アイドルを卒業後、セカンドキャリアとして女優業を選ぶ者が多いが、いま、その中でダントツの仕事量をこなしているのが川栄李奈(24)だ。

【赤いシースルードレスの川栄李奈の写真はこちら】

 2010年にAKB48のオーディションに合格すると瞬く間に頭角を現し、バラエティ番組で「おバカタレント」として開眼。しかし、順風満帆だったアイドル生活をたった5年で自ら閉じ、女優に転身することを宣言。当時はまだ「おバカタレント」のイメージが根強く、彼女の女優転身にはそれほど注目が集まってなかった印象だが、気が付けば連ドラに出ずっぱりの人気女優に。1月期は3本の連続ドラマに出演、4月からは「いだてん〜東京オリムピック噺〜」と「家政夫のミタゾノ」の2本を掛け持つことになっている。

 いま、女優・川栄李奈になぜ出演オファーが殺到するのか? ある民放ドラマプロデューサーは次のように語る。

「当初は誰もそこまで期待してなかったと思うんですが、実際に芝居を観るとむちゃくちゃうまい。予想を遥かに上回るその演技力が、女優として引っ張りだこになった理由のひとつだと思います。あと、何かのインタビューで『仕事はすべてマネージャーにまかせていて、絶対に断らない。やれといわれたものをやるのみ』と語っていて、その思い切りのよさが芝居にもちゃんと出ている。迷いがないから役にしっかり憑依して、なりきることができるんだと思います。役の大小にもこだわらず、脇役もヒロイン役もなんでもできる。今後はもっと大きい役がメインとなっていくでしょうね」

 2018年のCM出演本数は11社と飛躍的に増え、「2018年CM起用社数ランキング」では綾瀬はるか(34)と同率の4位。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いである。スポーツ紙の芸能担当記者は彼女のブレイクの秘訣を次のように分析する。

「川栄さんのCMといえば2017年から出演している『au』三太郎シリーズの織姫役。たった15秒の尺なのに、抜群の存在感を出していました。独特の世界観をちゃんと理解して、織姫を瞬時に自分のものにしていたのはさすがの一言。以前、『櫻井・有吉THE夜会』で川栄さんを特集したとき、MCの有吉弘行(44)さんが『あのauのCMを見て、この子は売れるなって思った』と語っていましたが、それぐらいインパクトがありました。有吉さんも毒舌キャラに憑依して再ブレイクした人。川栄さんとなにか通じるものがあったんでしょうね。これ以降、CMやドラマのオファーが殺到して、今の彼女のブレイクにつながったんだのは間違いないです」

◆前田敦子や大島優子も成し遂げなかった偉業

 SNSでも自身のインスタで発信を続け、「女優然としすぎない」のが好感を持たれる秘訣のようだ。

「SNSの危険性について真面目に語ったり、ちゃんと自分の言葉を持ってる人として若者の間では認知されています。もう“おバカタレント”のイメージは皆無。また、意外にも毎日、自炊をしているそうなのですが、タレントがやりがちな『インスタで自炊アピール』を絶対にやりたくないとか。SNS上では女優っぽさを出さずフレンドリーなネタを発信し、アイドル感ゼロなのも彼女らしい。AKB48卒業組は正直、女優として大成しているメンバーはほとんどいません。同グループが全盛期だったころのツートップ、前田敦子(27)と大島優子(30)ですら女優としては苦戦していますよね。でも、川栄さんなら間違いなく女優として大成できる。現役のAKB48メンバーにとって、実は川栄さんが最も憧れの存在のようです」(前出のスポーツ紙記者)

 卒業から4年。いまや女優業だけでなくCMタレントとしても人気急上昇で、まさに順風満帆なセカンドキャリアを形成しつつある彼女。TVウォッチャーの中村裕一氏は、彼女の今後を次のように分析する。

「確かに彼女は今、勢いのある女優の一人であることは間違いありません。どんなジャンルの作品にも違和感なく溶け込めているのは、アイドル時代に培った度胸と適応力、そして勘の良さの賜物でしょう。かつての『おバカキャラ』もある意味“役”として演じていたのだと考えれば、女優としての成功はすでに約束されていたと言えるかもしれません。常に新しい才能が求められる映画およびドラマ界において貴重な即戦力として重宝されている彼女ですが、次の段階は代表作と言える作品との出会い。しかし、こればかりは自分一人ではどうにもならないので、今は焦らず、じっくり力を蓄えることが必要ではないでしょうか。ポテンシャルは十分にあるのですから、あとは持ち前の勝負強さを存分に発揮し、女優としての道をしっかりと切り開いて行ってほしいですね」

 この勢いのままに、いずれ川栄李奈が女優界のセンターを勝ち取るのか。期待して見届けたい。

(ライター・藤原三星)

このニュースに関するつぶやき

  • https://ameblo.jp/uranaisishuki/entry-12113227269.html ほらあね?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 神セブンとか呼ばれてたメンバーもAKB辞めてからロクに名前聞かんくなった中、川栄だけがぶっちぎりに活躍してる。「元AKB」なんて肩書きがなんの役にも立たない証拠だな。
    • イイネ!288
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(225件)

あなたにおすすめ

ニュース設定