ホーム > mixiニュース > トレンド > ファストパスが東京ディズニーリゾート・アプリで夏より取得可能に! 何が変わる?どうやって取得する?先取りガイド

ファストパスが東京ディズニーリゾート・アプリで夏より取得可能に! 何が変わる?どうやって取得する?先取りガイド

1

2019年03月26日 17:32  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真 ©︎Disney
©︎Disney
東京ディズニーリゾートで2019年夏より「ディズニー・ファストパス」(FP)のアプリ取得が可能になります。

【TDR】ファストパスは時間が過ぎたら使えない! 「古い裏技」に騙されないで!

実際どのように使えるのでしょうか?

【2019年7月更新】
2019年7月17日よりスマホでのファストパスが取得がスタートしました。

最新の「ファストパス」活用方法はこちら

■2019年夏からファストパス電子化スタート

東京ディズニーランドや東京ディズニーシーで短い待ち時間でアトラクションを楽しめる「ディズニー・ファストパス」。

ファストパスが東京ディズニーリゾート・アプリで取得できるようになります(従来の紙での発券も併用されます)。

ウレぴあ総研ディズニー特集では2018年8月に「TDRのファストパスがスマホで発券可能に! 2019年度から導入予定」として報じましたが、今回株式会社オリエンタルランド広報部は「2019年夏を予定している」と細かな時期を明らかにしました。

一部報道では2019年7月24日の「ソアリン:ファンタスティック・フライト」オープンまでに導入予定とも報じられています。

どのようにアプリで取得できるようになるのでしょうか。

海外パークの事例と比べながら見ていきます。

■上海ディズニーの仕組みに近い?

世界のディズニーパークで最も早くファストパスの電子化を行ったのがフロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート。

「ファストパス+」と名前に「プラス」がつき、完全電子化を果たしています。

ルールはかなり変更されており、事前予約が可能。

アプリや公式サイトから、1日1パークにつき1度に3つまでのファストパスが予約できます。

当日パーク内でも紙のファストパスは発券されず、園内でアプリを利用し取得するか、専用の発券所でパスポートに登録する仕組みです。

東京ディズニーリゾートと近いシステムと思われるのが、カリフォルニア ディズニーランド・リゾートと上海ディズニーランド。

紙のファストパスは併用され、当日パークに入園してから1枚ずつ取得できるルール。

ルール自体は現行のものと変わりません。

ディズニーランド・リゾートでは「Disney MaxPass」という名前の有料オプションで、1日15ドルでファストパスのアプリ取得権とフォトパス(カメラマンの写真をダウンロードできる)がセットになっています。

MaxPassを購入しないゲストは、今まで通りファストパス発券所に行き、パスポートを読み込ませてファストパスを発券します。

上海ディズニーランドでは無料でアプリ取得が可能。

最も東京ディズニーリゾートに近い仕組みになるでしょう。

■どうやって取得する?

ディズニーランド・リゾート(MaxPass購入済の場合)と上海ディズニーランドでは、どうやってファストパスを取得するのでしょうか。

まず、アプリにパスポートのQRコードを読み込ませ、パスポートを登録します。

複数人のグループの場合、複数のパスポートをまとめて管理することも可能です(これは東京ディズニーリゾート・アプリでもディズニーeチケットでは既に可能)。

入園して、アプリの専用画面を開くと、ファストパス対応アトラクションの一覧と時間が表示されます。

乗りたいアトラクションを選択すると、ファストパスが取得できます。

あとは時間になったらアトラクション入り口に行き、パスポートかアプリのQRコードを表示させます。

■今までのファストパスも仕組みが変わる?

従来の紙のファストパスとの違いは、各アトラクションのファストパス発券所まで行く必要がないこと。

アトラクション入り口でファストパスの紙ではなくアプリかパスポートを見せること、が挙げられます。

従来の紙のファストパスは今後も併用され、基本的にルールは変わりません。

ただ、アトラクション入り口でパスポートを見せるようになる変化は起こるでしょう。

東京ディズニーリゾートによく行く方なら、ショー抽選が入場時に当選券からパスポートのQRコードの提示に変わったことをイメージするとわかりやすいでしょう。

■アプリで取得しないと損?

これまでは各アトラクションのファストパス発券所まで歩いて行き、ファストパスを取得していました。

それがアプリで取得できるようになると、入園後のエントランスからファストパスが取得できるようになります。

開園直後は多くのゲストがファストパスを取りにアトラクションへ向かって行きますが、アプリではその必要は無くなります。

逆にアプリを使わない人にとっては、移動している間に他のゲストがアプリでファストパスを取得しているわけですから、移動してファストパスを取得した時には今までより遅い時間になることが予想されます。

東京ディズニーリゾート・アプリは来園前に必ずダウンロードしておきたい必須アイテムになります。

■サーバー問題は?

ファンが心配しているのは、サーバー。

東京ディズニーリゾート オンライン予約・購入サイトは頻繁にアクセス過多の画面になり、ゲストが一斉にファストパスを取得したら同じようにアクセス過多で使えなくなるのでは、という心配です。

対策について株式会社オリエンタルランド広報部は「スムーズに取得できるよう検討している」と回答。

さらに2019年5月からはメインエントランス付近でフリーwi-fiも導入予定です。

電波状態が悪くてもメインエントランス付近ならwi-fiでアプリの取得やファストパスの取得ができるようになります。

このニュースに関するつぶやき

  • 結局、お金がある人優先、ということか。『 』
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定