ホーム > mixiニュース > コラム > 仕事中の姿に自信はありますか? オフィスワーカーの約8割「姿勢が悪い」と自覚

仕事中の姿に自信はありますか? オフィスワーカーの約8割「姿勢が悪い」と自覚

1

2019年03月26日 17:51  ウートピ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウートピ

写真仕事中の姿に自信はありますか? オフィスワーカーの約8割「姿勢が悪い」と自覚
仕事中の姿に自信はありますか? オフィスワーカーの約8割「姿勢が悪い」と自覚

デスクワークをしていると、姿勢が悪くなっていてハッとすることはありませんか?

文具やオフィス家具を製造・販売するコクヨは、全国の大都市圏でデスクワークに従事する日本のオフィスワーカー6178人を対象に、「デスクワークの実態と健康意識」に関する調査を行いました。その結果デスクワーク時の姿勢は、身体の不調感や仕事の生産性への影響があることがわかりました。

「姿勢」に自信は?

「あなたが勤務時間中に椅子に座っているときの『姿勢』は良いと思われますか」という質問に、「やや悪い方だと思う(悪い時が多い)」が47%、「かなり悪い方だと思う(常に悪い)」が29%で、合計して76%の人が「仕事中に座っているときの姿勢が悪い」と思っていることがわかりました。

勤務中に不調感を感じることはある?

「勤務時間中に身体の不調感を感じることがあるか」聞いたところ、86%の人が「なにかしらの不調感を感じる」と回答しました。

どのような不調感があるのか聞いたところ、肩コリ、首コリ、眼精疲労、腰痛などが上がりました。

生産性低下につながっているという自覚も

不調感を感じたことがあると回答した人に、仕事への影響を聞いたところ87%の人が「影響がある」と回答しました。

具体的にどのような影響を感じるか聞いたところ、「集中力の低下」「作業効率の低下」「意欲の低下」などが上がりました。

「座りすぎ大国」だからこそ

調査を行なったコクヨは、「当社は、過去にオフィス環境に関する様々な調査を実施し、そのひとつに『座り過ぎ問題』を取り上げてきました」とし、「オフィスワーカーの『座り方』は、『座りすぎ大国』と言われる日本でも近年大きな注目を集めており、その健康リスクについても様々な方面からの警鐘とされております。特に長時間座っているオフィスワーカーの比率が高い企業では、働き方改革の推進においても重要なテーマとなっております」と調査の背景について述べました。

調査概要
調査名:デスクワークの実態と健康意識に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2019年3月8日〜3月11日              
調査対象:1都2府5県※1に勤める20代〜60代の男女
有効回答数 :6,178名<オフィスワークを主とする職種※2>
※1東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県
※2営業、事務(一般企業、公務員)、エンジニア・設計、研究職、デザイナー、クリエイター、専門職

「スマホ老眼」かも? 眼科専門医が教えるケアと予防法7つ

このニュースに関するつぶやき

  • 自信ない。足をよく動かしているから片足すぐスリッパが脱げて行方不明になってしまう。……
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定