ホーム > mixiニュース > トレンド > 398段の階段の先に見える桜の絶景 ミシュラン表紙も飾ったお花見スポットとは?

398段の階段の先に見える桜の絶景 ミシュラン表紙も飾ったお花見スポットとは?

1

2019年03月30日 07:00  AERA dot.

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真新倉富士浅間神社
新倉富士浅間神社
 2019年の関東の桜は今週末が満開を迎えるところが多そうだ。われわれが「桜」という場合、ほとんどがソメイヨシノの開花を指しているが、カワヅザクラなどは2月くらいには咲き終わるし、カンザンなどは5月近くまで咲きほこっている。花見に行く場所によって、時期を選定しないと見頃を逸してしまうので、注意が必要だ。

 とはいえ、現代の桜の多くはソメイヨシノが中心なのでお花見の「開花情報」もソメイヨシノ一色である。今回は、神社仏閣における桜の見どころをいくつかご紹介してみたい。

●なんといっても「新倉山浅間公園」

 海外からの観光客にも大人気の桜のスポットといえば、「新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)」だろう。ミシュランガイドの表紙になったことでも名を知られたこの場所は、河口湖と山中湖の間の山梨県富士吉田市にあり、富士急行や中央高速道路富士吉田線にも近く交通の便がいいことも手伝って人気はうなぎのぼりだ。

 武田信玄が戦勝祈願をしたことでも知られる「新倉富士浅間神社」の桜とその裏手になる「新倉山浅間公園」の桜が、富士山と神社にそびえる忠霊塔と相まって美しい景色を見せる。今年も4月14日(日)まで新倉山では桜祭りが、また浅間神社では大祭が行われる。

 祭神の木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)は、富士山の神であり、桜の神さまとして知られている。富士山と桜と忠霊塔を眺めるスポットへは「新倉富士浅間神社」を抜け、祭神名をかけて「さくや姫」階段ともよばれる階段を上る必要がある。ちなみにこの階段の段数は398段あるらしい。

●樹齢2000年の「神代桜」

 日本で最古・最大級の巨木「神代桜」は、山梨県北杜市にある実相寺の境内にあるエドヒガンザクラだ。高さは10.3メートル、幹まわりは11.8メートル、枝の広がりは17.3メートルにも及ぶ。

 お寺の伽藍(がらん)が2度の火災にあい現在に残る寺宝はないが、国指定の天然記念物である神代桜は最盛期には枝の広がりが30メートルを超えるほどであったという。元は真言宗のお寺であったが、室町期に日蓮宗に改宗、川中島の合戦時に武田信玄が武運長久の祈願をしたことでも知られている。

 境内には、「神代桜」のほか、身延山から移された桜や若田光一宇宙飛行士とともに約8カ月間無重力の宇宙で過ごしたのち、地球に戻った「神代桜」の種子が芽吹き育った「宇宙帰りの神代桜」も。この「宇宙帰り」の桜からは、通常は5枚であるはずの花びらが6枚のものが見つかったのだとか。

●遅咲きの桜「御室桜」

 京都や奈良には桜の名所がたくさんあるので、少し変わり種をご紹介しておきたい。平安時代に創建された仁和寺は、明治時代まで皇族が歴代の門跡(住職)を務めたことから、「御室御所」とも呼ばれる真言宗御室派の総本山である。中門左奥に200本ほど咲く桜は「御室桜」と呼ばれ、樹高は2〜3メートルしかなく、根元からボテッとした花が下を向いて咲いている。すべてが同じ種の桜ではなく、十数種が混じっているらしいが、この土地特有の地盤が影響し、このような姿になったようだ。

「花が低い」ことから「お多福さくら」とも呼ばれ、江戸時代には「わたしゃお多福 御室の桜 鼻が低ても 人が好く」と唄われもした。境内には、しだれ桜やソメイヨシノも咲くが、「御室桜」の見頃は、毎年それよりも1カ月近く遅くなる。桜の花に包まれる感覚は、この「御室桜」でしか味わえないが、なぜこのような花に育ったのかは、未だにミステリーである。

●東京の標本木「靖国の桜」

 開花宣言が出されるのは標本木が開花したかどうかだが、東京の標本木があるのが靖国神社である。神社の境内に咲く約500の桜も見事だが、前を走る靖国通り沿い、道路を渡った「北の丸公園」そして「千鳥ケ淵」まで続く桜の大軍には圧倒される。皇居までを含めて「千代田のさくらまつり」が4月7日(日)まで開催されている。

 靖国神社の境内にある能楽堂では夜桜能が奉納され、また200名の力士たちが奉納大相撲を行うなど人気のイベントも実施されるため大変な人出となり、毎年最寄り駅の九段下などは平日でも大混雑を見せる。また、さくらまつり会期中は、夜10時まで千鳥ケ淵などがライトアップされ、夜桜も楽しめる。

 花札の手で“鶴に松”“梅に鶯”“桜に幕”の3枚を揃えることを「表菅原」、“松”“梅”“桜”の各短冊を揃えることを「裏菅原」(赤短)と言う。これは、菅原道真が梅松桜をこよなく愛したことに由来している。正確には歌舞伎の演目「菅原伝授手習鑑」でそう広まった。

 太宰府天満宮にある飛梅に代表されるように道真と梅の関係はよく知られているが、では松と桜はどうしたのか。松は太宰府までは飛べず途中の神戸で力つき、桜は悲しみのあまりその場で枯れ果ててしまったとか。このため、道真を祭る神社では、桜は根付かないという伝説が誕生した。

 確かに、全国的に調べても天満宮や天神社に有名な桜の名所はあまりない。太宰府天満宮にも500本の桜があるが、6000本あると言われる梅に比べれば見劣りするし、桜としては拗ねもするだろう。やはり桜は、木花咲耶姫命を祭る浅間神社関連を訪れるのが一番美しい姿が拝めるかもしれない。(文・写真:『東京のパワースポットを歩く』・鈴子)

【おすすめ記事】桜、紅葉、祇園祭、京都で宿がとれないときの裏技


    あなたにおすすめ

    ニュース設定