ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 松坂桃李×菅田将暉×賀来賢人×間宮祥太朗×杉野遥亮、CM発表会で“洗濯愛”を猛アピール

松坂桃李×菅田将暉×賀来賢人×間宮祥太朗×杉野遥亮、CM発表会で“洗濯愛”を猛アピール

3

2019年04月01日 22:00  M-ON! MUSIC

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「僕はみんなをまとめるリーダー役だったんですが、まとめたシーンが1個もなくて…(苦笑)」(松坂桃李)「まとまる気がないメンバーでしたね(笑)」(菅田将暉)
花王株式会社は、独自に研究開発した花王史上最高の洗浄基剤「バイオ IOS」を主成分とする商品の第1弾として、衣類が甦る「ゼロ洗浄」をめざし、これまでの洗浄の概念を塗り変える衣料用濃縮液体洗剤、“アタック ZERO(ゼロ)”を4月1日に新発売。これを記念して、『アタック ZERO新CM発表会』が東京・ベルサール汐留で開催された。

イベントには、『アタック ZERO』の新広告キャラクターに就任した、松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人、間宮祥太朗、杉野遥亮が登壇。洗濯好きな社会人サークル「#洗濯愛してる会 」のメンバーでもある5人。まずは、CMでも行われていた洗浄力実験に挑戦。

実験大好き化学マニア・カッくんこと賀来賢人が、従来の洗濯洗剤と『アタック ZERO』をそれぞれ入れた洗濯機の中を再現したビーカーの中に、油汚れがついた化学繊維の布を投入。化学繊維、特にポリエステルについた皮脂などの油性汚れは、洗濯しても木綿の半分以下しか落とすことができず、この油性汚れが衣類に蓄積することで、ニオイや黒ずみ、肌触りの悪化などの要因になるのだとか。しばらくして「ご覧ください、こちらが『アタック ZERO』の洗浄力です!」と見事油汚れがきれいになった様子を披露した。

すると、人並みはずれた嗅覚の持ち主・スダくんこと菅田将暉が「やっぱりすごいね! 普段の洋服でも油汚れが落ちるのかを見てみたくなりますね」と興味津々な様子。「そう来るのではないかと思ってました!」と、今度は化繊のスポーツTシャツにしょうが焼きのたれをつけ、『アタック ZERO』の入ったお水で洗う賀来。軽く指でこするだけできれいに落ちる様子を実演し、再び「ご覧ください、こちらが『アタック ZERO』の洗浄力です!」とその洗浄力の高さを披露。「CM とは違った実験だったので内心ドキドキしてたんですが、『アタック ZERO』のすごさを皆さんにお伝えできてよかったです!」とコメントした。

実験の様子を食い入るように見ていた、最年長のまとめ役・トーリくんこと松坂桃李は「撮影でもTシャツはよく着るので、これだけ汚れに強いというのはうれしいですね」とコメントし、「あと、僕がイチ押しのワンハンドプッシュもお試しいただきたいです!」と続いて片手に持ってプッシュするだけで計量ができる「ワンハンドプッシュ」を実演。こちらは洗濯初心者から、子育て中の人やシニアの人など、多様な生活者に使いやすいユニバーサルデザインになっているという。

個性豊かな 5 人のキャラクター設定、リズミカルな会話、そして競い合うほどの「洗濯愛」も見どころになっている新CM。

それぞれ個性が強く、撮影はとても楽しかったと語る松坂は「僕はみんなをまとめるリーダー役だったんですが、まとめたシーンが1個もなくて……」と苦笑い。

そこへ「まとまる気がないメンバーでしたね」とすかさず菅田が笑いながらコメント。「もともと知っているメンバーだらけで、撮影が早朝スタートだったせいかもしれませんが、変なテンションになっていたのが面白かったです」と振り返った。

賀来は「“実験大好き化学マニア”というキャラクターだったんですけど、初日に監督からキャラ付けをしてほしいと言われ、自分でも模索していたんですが、どんどん足していくうちに引けないキャラに仕上がりました」と笑いながら裏話を明かした。

陽気で元気なムードメーカー・ショータローを演じた間宮祥太朗は「最初はキャラを作ろうとしていたんですけど、だんだん普段の感じに寄っていきましたね。CMの5人の空気感は素に近いと思います」と振り返った。

ちょっとドジなみんなの弟分・スギノを演じた杉野遥亮は、「人にも衣類にも優しいピュアボーイという自分の役がちょっとまだ恥ずかしくて……。まだまだこれから模索していきたいです」と語ると、メンバーからは「(4作出来て)まだ模索してるの?」とすかさず突っ込みが入るなど、仲の良さがうかがえた。

そして、アタック ZEROの「落ちにくい汚れゼロへ、生乾きのニオイゼロへ、洗剤残りゼロへ」の3つのゼロにちなみ、『この春、ZEROから始めたい○○〜!』と題して、あらたに ZEROから始めたいことを発表。

杉野は「僕がこの春、ZEROから始めたいことは『親との関係』です。今まで親の前では意地をはっていて、『ありがとう』とか素直に言えなかったのですけど、この機会に変えていきたいです」とコメント。「お父さん、お母さん今までありがとう」と両親に向けてはにかみながら伝えていた。

間宮は「レフト」と発表。趣味でやっているバレーボールのポジションで、最近チームに加入した経験者の友人から勧められたとのこと。レフトの特徴を聞かれ、「スパイクを決めるのが役割で、自己主張が強い人がやるらしい」と明かすと、メンバーは笑いながらも納得の表情を見せていた。

賀来は「キャンプ」と発表。「子どもがいるので、テントを組み立てたり火を起こしたりしてカッコイイと言われたい。キャンプに行って家庭内の地位を上げたいですね」と語った。

菅田は「インテリア」と発表。間宮に、冬場にも関わらず海水浴で使った浮き輪がそのまま置いてあると明かされるほど部屋は片付いていないとのことで、「整理をすることと、どうせならオーダーメイドで家具を作るくらいインテリアにこだわりたい」とコメントした。

松坂は舞台の立ち回りでバテてしまい、舞台袖で酸素吸引を行い、情けない思いをしたことを明かし、「僕はこの春『体力作り』を ZEROから始めたいですね」と語ると、メンバーからはすかさずバレーボールを勧められていた。

そして、イベントの最後に5人が『アタック ZERO』の魅力を改めてアピール。

松坂「アタック ZEROのワンハンドプッシュ、本当に便利です。一度お試しいただければ、もう手放せないと思います。ぜひ、アタック ZEROを試してみてください!」

菅田「アタック ZEROの消臭力は本当にすごいです! 部屋干し臭や生乾きのニオイもゼロです。 ぜひ試してみてください!」

賀来「アタック ZEROの高い洗浄力技術を、ぜひ体験いただき、新年度、新生活を、汚れゼロのキレイなお洋服で気持ちよくスタートしていただければと思います」

間宮「僕も CM と同じように、これを機にドラム式洗濯機を買おうと実際に探しています! ドラム式洗濯機には、ドラム式専用洗剤を! アタック ZEROのドラム式専用洗剤をよろしくお願いします」

杉野「アタック ZEROは、洗剤残りがないから、洗い上がりの肌触りが全然違うんです。洗剤残り ZEROの優れもの、アタック ZEROをよろしくお願いします!」

とそれぞれ同商品をアピールし、イベントを締めくくった。

なお、新CMは「アタック ZERO」の特設サイトでも視聴可能だ。

「アタック ZERO」特設サイト
https://www.kao.co.jp/attack/products/zero/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定