ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > 新型iPad miniが従来モデルの保護ケースを流用できない理由

新型iPad miniが従来モデルの保護ケースを流用できない理由

0

2019年04月02日 07:12  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真新型iPad miniと従来モデルを正面で比べたところ。外観はそっくりで、違いを見つけるのが難しいほど
新型iPad miniと従来モデルを正面で比べたところ。外観はそっくりで、違いを見つけるのが難しいほど

 iPad miniシリーズとしては「iPad mini 4」以来、実に4年ぶりの新製品となった「iPad mini(第5世代)」。iPhone XSやiPhone XS Maxと同じA12 Bionicチップを搭載しつつ、第1世代Apple Pencilへの対応まで果たすなど、性能だけでなく機能も大幅に強化を果たしたのが特徴だ。



【その他の画像】



 この第5世代iPad miniだが、ボディーサイズは同じであるにもかかわらず、従来のiPad mini 4用の保護ケース類を流用できないという話がネットを中心に流れている。実際のところどうなのか、入手した実機で各部のサイズをチェックしてみたのでレポートする。



●微妙に異なる音量ボタンとカメラの位置



 本製品のサイズは、iPad mini 4と共通で203.2(幅)×134.8(奥行き)×6.1(厚さ)mmだ。重量に関してはWi-Fiモデルで1.7gほど違いがあるが、これは内部構造の違いによるものとみられる。手に持った時の質感などもそっくりだ。



 ちなみに本体カラーのゴールドについては、iPad mini 4以降にiPhoneとiPadとも色味が変更されている関係で、両モデルを並べると本製品はかなり赤みがかって見える。以前のゴールドは好みだったが、今回のゴールドはちょっと……という人(もしくはその逆)もいるのではないだろうか。



 これらの事実から考えると、保護ケースはそのまま流用できそうに思えるが、現実的には少々難しい。なぜなら、側面の音量ボタンやカメラの位置がわずかに異なるからだ。



 具体的には、音量ボタンがiPad mini 4に比べて約3.3mmほど、端に向かって移動している。また、iPad mini 4では音量ボタンの隣りにあったマイクの穴が、本製品では上面へと移動しており、それによって位置がずれた格好だ。



 カメラに関しても、iPad mini 4に比べて上に約2mm、左にも約2.5mmほど位置が移動している。そのため、カメラの穴のサイズにぴったり合うように設計されたiPad mini 4用ケースに本製品をセットすると、カメラの視野の一部が欠けてしまう可能性がある。



 こういったことから、従来のiPad mini 4で使っていたケースを本製品に流用した場合、ボディーをはめ込むことはできても、音量ボタンが押されたままの状態になったり、カメラがケラレるなどの問題が起こる可能性が高い。原則として買い直しになると考えておいた方がよいだろう。



 ただ、ボタンやカメラの周囲に多少の余裕があるケースならば、これらのズレを吸収できる可能性は十分にある。特にカメラに関しては、従来と同じく背面との段差がない仕様なので、突起が邪魔をしてケースに収まらない恐れはない。加えて、そもそもiPadではカメラ機能は使わないという人にとっては、ふさがれたところで支障はないだろう。



 そういった意味では、うまく流用できればもうけものという発想で、新規のケースを買う前に、一度従来のケースを当てはめてみるのは悪くない。アクセサリーメーカーの中には、新製品に適合したケースの発売を急ぐあまり、調整が不十分なまま量産に踏み切ることもあるので、なおさらだ。



●正面側はサイズの違いがなく従来の保護フィルムも使用可能



 では、本体の前面はどうだろうか。前述のように外観に違いはなく、画面サイズや上下と左右のベゼル幅、フロントカメラの位置、ホームボタンの位置など、見る限り違いはない。



 従って保護フィルムやシート類に関しては、従来と同じものを流用できる。実際、本製品の発売直前から、iPad mini 4用の保護フィルムの対応機種に本製品を追加し、販売を行っているメーカーもあるほどだ。



 最も、本製品は強力な反射防止コーティングが施されているので、傷や汚れの防止であればまだしも、ギラつきを抑えるのが目的であれば、しばらく様子を見てからの方がいいかもしれない。特に反射防止のフィルムがなくても問題なかった、となる可能性もあるからだ。



 また、本製品は新たに第1世代のApple Pencilにも対応しており、こちらの用途で本格的に使うとなると、その筋の人にとっては定番である、紙の質感に近いタイプのシートの導入も視野に入ってくる。総合的に考えると、大急ぎで保護フィルムを買い求めなくてもよいのではないか、という気がする。



 ちなみにiPad mini本体に埋め込まれている、純正Smart Coverの吸着などに使われる内蔵マグネットだが、確認した限りでは個数および位置ともにiPad mini 4と同じで、マグネットを使って固定および開閉するカバー類は、同じものが使える可能性が高い。



 具体的には、ホームボタン左右に大型マグネットが2個ある。音量ボタンがない側面は「小大大小小小小小中」「中小大中中大大中」、音量ボタンのある側は「大特大大大大」という配置である。簡易的にチェックしただけだが、参考になれば幸いだ。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定