ホーム > mixiニュース > トレンド > 占い師が最新の「タロットVR」を体験してきた結果……完全に魔法の世界で感動した / ティフォニウム渋谷 ボヤージュ・オブ・レヴリ〜幻想の旅〜

占い師が最新の「タロットVR」を体験してきた結果……完全に魔法の世界で感動した / ティフォニウム渋谷 ボヤージュ・オブ・レヴリ〜幻想の旅〜

1

2019年04月02日 12:51  Pouch[ポーチ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

インターネットでもポチっとワンクリックで本格的な占いができるようになって久しい今日このごろ。なんと、VRでタロット占いができるようになったというではありませんか。

VR体験施設「TYFFONIUM 渋谷 (ティフォニウム シブヤ)」に2019年3月29日から登場したのは「タロットVR:ボヤージュ・オブ・レヴリ 〜幻想の旅〜」。

技術の進歩、半端ないですね……。というわけで、実際に体験して、占い師目線で感想をお伝えしたいと思います!

【タロットVRとは?】

「タロットVR」は自分が引いたタロットカードの世界の中に入り込めるというのが最大の特長。

心の中で占いたいことを念じながらVR画面に映し出されるタロットカードを引くと、自分が選んだカードの世界に入り込み、約3分間のストーリーを体験できます。

なんでも、そうすることでカードの意味をより豊かに受け取ることができるんだとか。

通されたのは椅子とVR装置が置かれた小さな部屋。スタッフに説明を受けてVRセットを装着し、魔法の杖となるコントローラーを片手に持ちます。

VRというと、立って歩くものが多いイメージでしたが、このアトラクションは基本的に椅子に座ったまま魔法の杖を動かすだけ。カードの世界に入ったあとは、この杖を動かすことで様々な演出が起こるとのこと。

【目の前が幻想的な占いの館に変身!】

VRが始まると……。目の前は幻想的な占いの館に変身。地面に魔法陣が浮かび上がり、22枚のタロットカードがぐるぐる回り始めます。これは……完全にファンタジーの世界!!

タロットカードの中から1枚を選び、魔法の杖で触れると……そのカードが表向きになり絵柄が現れて、一気に「カードの世界」へと誘われました。

【魔法の世界に入り込んだような臨場感】

カードの世界に入ると、そこは日差しのキラキラと差し込む高い塔のような場所。鳥かごのようなものに入れられて、上から下へとどんどん降りていきます。

静かで美しい景色が続く中、やがて、書物のようなものが舞い始めました。その書物に魔法の杖で触れると、キラキラと輝いて弾けて消えていきます。あ〜なんだかよく分からないけど、不思議できれいな世界だな〜、と思ったところでVRは終了

それにしても、ただ座ってるだけなのに、本当に高い塔を下に降りていくような感覚になるのがすごいです。高所恐怖症だったら逃げ出したくなるレベルの臨場感でした。

【実は何のカードを引いたのか分からなかった!】

最初にカードを引いたとき、タロットの絵柄が画面に映ったのはった数秒間。実を言うと、「ティフォニウム渋谷」オリジナルの絵柄ということもあって、自分が何のカードを引いたのかわからないままカードの世界へ来てしまいました。

とはいえ、「魔術師」なら杖やコイン、「恋人」のカードならアダムとイブが描かれる……といったように、基本的にタロットカードに描かれるモチーフはどんな絵柄でも共通しています。

なので「カードの世界に登場するモチーフに注目すれば、何のカードかわかるだろう……」と思って
いました。

ところが、単純にタロットの絵柄をVRに起こしただけではなかったため、VRが終わってもそれがどのカードだったのかイマイチ分からないままだったのです……。

【VR体験後にカードのプレゼントがあるよ】

VRが終わると、スタッフから自分が引いたタロットカードを渡され、その意味を簡単に説明してもらえました。(よかった……)

どうやら、私が引いたのは「女教皇」のカードだったよう。

渡された簡単な解説書には

「調べつくせ! この世界のすべてを!
本はこの世のすべてが詰まった知の宝庫。何かを成し遂げるには、世の中と断絶して知識と知恵を得ることに集中しましょう。あなたの人生は新しく始まります」

と書かれていました。なるほど、カードの世界で宙に待っていたのは、女教皇が持つ書物だったのか……!

窓から日差しだけがさしこむ塔のような場所は世の中と断絶した場所で、深く下っていくのは「集中」や「没頭」の象徴だったということのようです。うーん、面白い。

【占いとしては…?】

VRとしては、座ったままでも臨場感があるし、ビジュアルがとにかくきれいなので、本当に自分が魔法の世界に入り込んだかのような感覚になれます。

ただ、VR中に音声でタロットカードやその意味についての説明があるわけではないので、占いと考えるとちょっと上級者むけかも。具体的な答えを知るためではなく、おみくじ感覚で引いて楽しむのが良さそう。

タロットは絵を見て感じたインスピレーションがとても大事です。なので、カードの世界でどんなことを感じたかをしっかり覚えておくことをオススメします。占いが好きなら、このカードがこんな世界に!? と意外性を楽しめますよ。

「タロットVR」は1人1回800円。2人同時プレイ(1500円 / 人)もあります。2019年4月30日までは、特典としてコーヒーもしくはミネラルウォーターがもらえるそうですよ。

参考リンク=TYFFONIUM 渋谷
執筆=アリエス・マタ・ハリ (c)Pouch

この記事の動画を見る

このニュースに関するつぶやき

  • 紙を扱う仕事は煙草でも火炎球は禁忌の魔法。easy magicとして『lighting』 https://mixi.at/a6uBLTd
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定