ホーム > mixiニュース > 海外 > オーストリア、デジタル税の税率を従来計画から引き上げ=財務相

オーストリア、デジタル税の税率を従来計画から引き上げ=財務相

1

2019年04月03日 15:26  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ウィーン 3日 ロイター] - オーストリアのレーガー財務相は3日、同国政府がIT企業を対象に導入予定のデジタル税について、従来計画されていた同国内の広告収入の3%の税率から同5%に引き上げたと明らかにした。公共放送ORFのラジオ番組で語った。


オーストリア政府は米グーグル<GOOGL.O>や米アマゾン<AMZN.O>、米フェイスブック<FB.O>といったIT大手が適切な税金を払っていないとして課税強化など一連の措置を計画している。


一連の措置には付加価値税(VAT)の課税対象となる海外からの小額小包の最低額の引き下げも含まれる。レーガー財務相は、一連の措置によって年間2億ユーロ(2億2444万ドル)以上の税収が見込まれると述べた。

このニュースに関するつぶやき

  • ※ G20でデジタル課税を議論、詳細な課税ルールを詰められるかが課題 | 日経 xTECH(クロステック): https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/05129/
    • イイネ!2
    • コメント 15件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定