ホーム > mixiニュース > 海外 > 米大統領、メキシコ国境閉鎖再び主張 「議会静観なら」

米大統領、メキシコ国境閉鎖再び主張 「議会静観なら」

0

2019年04月04日 00:57  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

[ワシントン 3日 ロイター] - トランプ米大統領は3日、議会が即座に入国管理や安全保障上の抜け穴に対応しなければ、メキシコ国境の閉鎖も辞さない構えを示した。


ソーシャルメディアの投稿で「(議会の)行動がなければ、国境またはその大部分を閉鎖する。これは国家非常事態だ」と述べた。


トランプ氏の発言直後、ホワイトハウスの報道官はメキシコとの国境問題の取り組みで進展が見られると指摘した。


トランプ氏は2日、メキシコがここ数日間、大規模な移民・難民の移動を阻止しており、状況は改善していると述べた。[nL3N21K46F] この日は議会に行動を促すため、閉鎖を辞さない構えを再び示した格好だ。


米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は3日のイベントで、貿易と安全保障はともに必要不可欠との認識を示した。国境閉鎖に伴う景気への影響について、政権が緩和策の検討を進めていると説明した。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定