ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 10年前に離婚した元旦那の死を、1年間知らされていなかった……子どもたちには訃報を知らせる?知らせない?

10年前に離婚した元旦那の死を、1年間知らされていなかった……子どもたちには訃報を知らせる?知らせない?

0

2019年04月04日 09:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


愛し合う2人が結ばれて夫婦となることもあれば、その2人が何らかの事情で離れてしまうこともあります。今回は、離婚した元旦那さんが1年前に亡くなっていたことを最近知ったという投稿をご紹介します。なんとも胸が締め付けられるような状況ですが、この事実に対して投稿者さんはどのような気持ちを抱いているのでしょうか。
『離婚してから10年、会ってすらいない、養育費も払わないまま再婚した元旦那が亡くなっていたらしい。今の奥さんが私の子どもたちにお金を取られるんじゃないかと懸念して、貯金は全て奥さん名義の口座へ。車や家もなし。1年前に亡くなっていたことを、最近知りました。子どもたちの記憶にはあるため、最後に子どもたちだけでも会わせたかった。子どものために。まだ亡くなったと言えていません。どうすることもできませんか?』
『ギャンブルが原因の自己破産での離婚だから、お金は期待していなかった。今までも私が昼夜働いて子どもたちを育ててきたしね。まぁ、養育費を請求しても仕事を転々として逃げ回った挙句、こちらに養育費は払ったこともないのに、再婚して遺したお金すら渡したくないっていうのは、もう人としてどうかと思うけどね。わかっていて結婚した今の奥さん然り』
『過ぎたことに腹を立てても仕方ないし、生きているときに会えなかったのも仕方ないと思う。ただ、子どもたちが父親に会わなかったのは、子どもたち自身の気持ちを無視した私と元旦那の意向。だから、それなりの年齢になって自分で対処できるようになったら、子ども自身の気持ちに任せようと思っていた。それもできなくなったのなら、お花くらいは手向けてあげたいとは思うよ。ただ、今の奥さんがそんな感じなのでどうしたもんかな? と思います』
10年前に離婚した元旦那さんの死を、1年間知らなかったという投稿者さん。「最後に子どもたちには会わせてあげたかった……」と、無念ともとれる気持ちを吐露してくれました。

亡くなったことは知らせるべき。今の奥さんは配慮に欠けるのでは


『離婚歴があるのも、前の奥さんとの子どもがいるのもわかっていて結婚したくせに、今の奥さんみたいな考えの人ってなんなんだろうね』
『普通の感覚の人間なら、前妻の子には亡くなったことを伝えるよね。今の奥さん、人としておかしい』
「今の奥さんは配慮に欠ける」というコメントがあがりました。今の奥さんにとっては赤の他人でも、旦那さんにとって投稿者さんとお子さんたちは、昔の配偶者と自分の血のつながったお子さんたち。亡くなったことを知らせることができない、複雑な事情が何かあったのでしょうか……。

子どもに伝えるか否か……さまざまな立場からのコメントも


子どもが自分で判断できる年齢なら伝える

『離婚して10年ってことは、子どもは小学5年生以上だよね。その年齢なら亡くなったと伝えてもよさそうだけどな。子どもがお墓参りに行きたいと言えば行けるように動く』
『生きていようが亡くなっていようが、子どもたちが今まで何も言ってこなかったのが子どもたちの答えなのでは? 亡くなったことは一応伝えて、遺留分の遺産のことを説明して、お子さんが請求したいと言ったら投稿者さんがアクションを起こせばいいと思うよ。あとはお子さんの意思でお線香、お花のひとつも手向けてきたらいいよ』

投稿者さんの子どもの立場だというコメントもありました


『私自身が子ども側の経験をしたことがあるけど、もう亡くなってしまったのならどのタイミングで聞こうが特に変わりはないなー。死ぬ前に会いたかったなーと思うだけ。小4で父と離れて、投稿者さんのところと同じで養育費や面会もなかったから、ときどき会ってみたいと思う気持ちになることはあったけど特に思い入れはない』
『私は投稿者さんの子どもの立場。私が3才のときに離婚して、その後再婚したみたい。自分が結婚して子どもを産んだとき、「父に会ってみたいな」と思ったけど、母が「後妻の方がいい気がしないからだめよ」と言われて会えなかった。たぶん亡くなっても知らずに過ごすことになる。お金はいらないけど、少しでも私のことを覚えていてくれたらいいな、とは思うよ。そして墓参りくらいはしたい』
元旦那さんの死を子どもに伝えるか否かで悩む投稿者さんに対して、いろいろな立場からのコメントが寄せられました。「昔、投稿者さんの子どもの立場だった」と告白してくれたママたちもいて、お子さんに死を伝えることに、賛成にしろ反対にしろ、その繊細な心の機微を丁寧に説明してくれました。

事情があって離れてしまったとはいえ、元々は愛し合って結ばれた仲。突然の訃報、そしてそれを知らされていなかったというショックは想像に難くありません。しかも元旦那さんとの間にお子さんがいれば、子どもの気持ちも考えて、後悔の念がより一層強くなるのではないでしょうか。嫌な思い出があったとしても縁があり可愛い子どもでつながれた同士。投稿者さんの「お花だけでも手向けられたら……」との純粋な気持ちが伝わると良いですね。

文・motte 編集・物江窓香

■ママスタセレクトで読む

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定