ホーム > mixiニュース > 海外 > 中国、カナダとの菜種巡る対立を激化させておらず=加当局者

中国、カナダとの菜種巡る対立を激化させておらず=加当局者

0

2019年04月04日 12:15  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[オタワ 3日 ロイター] - カナダの農務省当局者は3日、キャノーラ(菜種)輸出を巡る問題で、中国はカナダとの対立をエスカレートさせていないとし、加農務相のコメントは誤解されていると語った。


中国はカナダの主要輸出業者2社からの輸入を禁止。また、カナダのマリークロード・ビボー農務相は2日、第3の企業が中国当局からノンコンプライアンス通知を受け取ったことを明らかにした。


カナダ農務省当局者は農務相発言について「1月にカナダ企業3社がカナダから中国向けのキャノーラ種出荷に関してノンコンプライアンス通知を受け取った(ことを意味している)」と説明した。


敏感な問題であることから匿名を希望したこの当局者は「3月に中国は2社の登録を一時停止した。第3の企業の登録は停止していない。新しいことは何もなく、事態は深刻化していない」と述べた。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定