ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > マイケル・ダグラス、主演ドラマで『ローズ家の戦争』キャスリーン・ターナーと再共演

マイケル・ダグラス、主演ドラマで『ローズ家の戦争』キャスリーン・ターナーと再共演

1

2019年04月06日 15:02  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『ナイルの宝石』で共演した当時のキャスリーン・ターナーとマイケル・ダグラス 写真提供:AFLO
映画『ナイルの宝石』で共演した当時のキャスリーン・ターナーとマイケル・ダグラス 写真提供:AFLO
 映画『ロマンシング・ストーン/秘宝の谷』や『ローズ家の戦争』の俳優マイケル・ダグラスが主演するNetflix製作のコメディドラマ『コミンスキー・メソッド』。大好評を得てシーズン2の制作も決まっている同ドラマで、マイケルは彼と縁の深い女優キャスリーン・ターナーと共演するという。

【写真】『コミンスキー・メソッド』は作品賞! ゴールデン・グローブ賞<TVの部>受賞作品&受賞者フォトギャラリー

 マイケルとキャスリーンと言えば、『ロマンシング・ストーン/秘宝の谷』とその続編『ナイルの宝石』、『ローズ家の戦争』の名コンビ。最初の2作ではケンカしながら恋に落ちていく2人、3作目では派手な離婚バトルを繰り広げる夫婦を演じて抜群の相性を披露した。

 『コミンスキー・メソッド』は元俳優の演劇コーチ、サンディ・コミンスキーと彼のエージェントだった親友のノーマンが、老齢になってもなお押し寄せる人生の荒波にもまれる姿をユーモアに描く大人のコメディ。ノーマン役は映画『リトル・ミス・サンシャイン』の俳優アラン・アーキンが演じる。

 The Varietyによると、キャスリーンが演じるのはルース。ダグラス演じるサンディの元妻で、別れて久しくなった現在も元夫をイラつかせることができることに喜びを覚える女性とのことだ。出演はシーズン2の1エピソードの予定だが、評判によっては増える可能性もありそうな役どころだ。

 当初、元妻はガブリエルというフランス人女性の設定で、女優のジャクリーン・ビセットに決まっていたとのこと。しかしクリエイティブ上の変更が生じて、役の設定も変わったという。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定