ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 志尊淳 初カンヌ、主演作が日本ドラマ初の快挙「大変光栄」

志尊淳 初カンヌ、主演作が日本ドラマ初の快挙「大変光栄」

0

2019年04月08日 06:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

7月にカンテレで放送予定(関西ローカル、日本映画専門チャンネルでも放送予定、配信も予定)の志尊淳主演による6話連続ドラマ「潤一(じゅんいち)」(製作委員会にカンテレが参加)。このドラマで主演を務める志尊淳が、現地時間4月7日、フランス・カンヌのピンクカーペットに登場した。

今年で2回目となるフランス・カンヌで開催されるフランス・カンヌ国際シリーズフェスティバル「CANNESERIES=Cannes International Series Festival」。連続ドラマを対象とする国際的ドラマの祭典であり、世界中から応募されたドラマ作品の中から選ばれた作品のみが、4月にカンヌで開催される「カンヌシリーズ」でノミネート作品として上映され、その中から作品賞・主演賞・脚本賞・音楽賞・特別賞が選出される。全世界から応募された作品の中からノミネートされた10作品が、6日間に渡りカンヌ映画祭と同じ会場で上映され、現地時間4月10日の夜に授賞式が執り行われる。

そんなカンヌからの熱烈なラブコールを受け、今回、志尊淳、藤井美菜、北原栄治監督、広瀬奈々子監督、河村光庸プロデューサーが4月7日午後3時(現地時間)から始まった上映会に参加し、満員の観客から大きな拍手で出迎えられた。会場は、カンヌ市民をはじめ、同時期にカンヌで開催されている海外見本市に参加している世界各国の映像コンテンツ関係者などがつめかけ、ドラマの第一話、第三話が上映された。

その後、午後7時(現地時間)からは、会場前に敷き詰められたピンクカーペットに、同日に上映されたスペインからのノミネート作品「PERFECT LIFE」の出演者らと登場。主催者が用意した車からピンクカーペットに降り立った志尊は、海外メディアのインタビューやフォトセッションに応じながら、訪れた人々に手を振り、ゆっくりと歩みを進めていた。

今回が、カンヌが初めである志尊は、「日本の作品として初めてカンヌシリーズに招待を受けたことを大変光栄におもいます。まさかこのような形でカンヌに来れるとは、思ってもいなかったので、今はまだ地に足がついていない感じですが、カンヌの空気を吸い、さまざまな方とふれあい、この作品を沢山の人に届けたいという気持ちが強いです」と興奮した様子で話した。

このドラマは、小説「切羽へ」で直木賞を受賞した井上荒野の同名小説が原作。是枝裕和・西川美和を中心に設立された制作者集団・分福が企画し、『あゝ、荒野』『愛しのアイリーン』『新聞記者』(6月公開予定)など、話題作を作り続けるスターサンズがプロデュースした注目のドラマとなっている。寄る辺ない日常に埋れていた女たちの人生は、潤一に会って、束の間、輝きを取り戻す。だが、潤一は、一人の女のそばには決してとどまらず、ふらりと去っていく。小さな波紋だけを残して……。漂うように生きる潤一と年齢の違う6人の女性が潤一という青年を絡めて自分の人生を語る刹那の愛を繊細に描いている。


<志尊淳 コメント>
――初めてカンヌシリーズにきてみていかがですか?
日本の作品として初めて、カンヌシリーズに招待を受けたことを大変光栄に思います。まさかこのような形でカンヌに来れるとは思ってもいなかったので、今はまだ地に足がついていない感じですが、カンヌの空気を吸い、さまざまな方とふれあい、この作品を沢山の人に届けたいという気持ちが強いです。作品を撮っているときは、このようになるとは思っておらず、とにかく全員で一つの作品を作ることに徹していたので、キャストやスタッフのみなさんの熱意がこのような形となり感謝で一杯です。改めてカンヌシリーズか映画祭でこの地に戻ってこれたら、うれしいです。今度はゆっくり滞在したいです。

――このあとの上映ですが、お気持ちは?
言語や環境が変わったとしても、世界中の人に届くかどうかが不安でもあり、楽しみでもあります。この作品は捉え方によっては、色々な面があるので、逆にフランスの方々の感想をきいてみたいです。あと、フランスまで来れたので、北原監督のおすすめフランス料理が食べたいです(笑)。

©️2019「潤一」製作委員会

    あなたにおすすめ

    ニュース設定