ホーム > mixiニュース > トレンド > あぶデカ劇中車も再現 トミカ

『あぶデカ』『西部警察』の劇中車も商品化 工事現場パーツや横転用スロープなど再現パーツ封入のこだわり

144

2019年04月09日 08:40  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真(写真左より)T-IG1805 さらば あぶない刑事 日産GT-R、あぶない刑事05 日産レパード(金)画像提供:トミーテック
(写真左より)T-IG1805 さらば あぶない刑事 日産GT-R、あぶない刑事05 日産レパード(金)画像提供:トミーテック
 コレクターやカーマニアの心を揺さぶるミニカーを発売してきた『トミカリミテッドヴィンテージ』『トミカリミテッドヴィンテージNEO』。“大人向けのミニカー”として実車を忠実に再現している両ブランドだが、ただの実車だけではない。懐かしのドラマ『あぶない刑事』や『西部警察』『太陽にほえろ!』『特捜最前線』などの劇中に登場するクルマも手掛けているのだ。そこで株式会社トミーテックのマーケティング部・金子俊介さんと企画2課の圓道智さんに劇中車のこだわりを聞いた。

【写真】タカとユージが乗ってたレパードにGT-R、『西部警察』『特捜最前線』の名車も超精巧ミニカーに(201枚)

■石原プロ公認の商品化、第1弾は“犯人”が乗っていた『日産 セドリック』だった

――ドラマに登場するクルマを再現するようになったきっかけは?

【圓道】私の上司である小林が『トミカリミテッドヴィンテージ』を立ち上げてすぐ、2006年に『東宝名車座』というシリーズを始めました。若大将(加山雄三)や植木等さんが出演した映画に登場する、脇役的なクルマを再現しました。とても反響が高く、シリーズを続けていたんですが、『西部警察』のクルマも手掛けたいという思いは我々の中にもずっとあったんです。そして2013年、石原プロから許諾をいただき、『西部警察』のクルマを商品化することができました。

――『西部警察』は1979年からテレビ朝日系で放送された刑事ドラマ。刑事たちの活躍も人気があったが、大門軍団の乗るスーパーマシンは今でも多くのファンの心をつかんで離さないほど魅力的。大門団長専用の「スーパーZ」や機関銃が備わった「RS-1」などが発売されるかと思いきや、最初に商品化されたのは違うモデルだったそうですね。

【圓道】はい。第1弾は犯人が乗っていたコアなクルマ(西部警察01 「西部警察PART1第18話『俺たちの闘い』より日産セドリック(230型)2台セット」)を商品化しました(笑)。パッケージの中には工事現場のパーツや横転用のスロープも全部作りまして、番組のアクションが完全再現できるキットとなっています。

――マニアにはたまらないラインナップですね。

【圓道】正直、我々もノリを楽しむところがありまして…。ほかにもフェアレディZが川を飛び越える有名なシーンがあるんですけど、そのクルマ(西部警察11 「西部警察PART-1第104話『栄光への爆走』よりフェアレディZ 2by2」)も製品化しました。パッケージの裏側にそのシーンの写真があるので、後ろに立てると、まさに同じシーンを再現できるようになっています。

【金子】やはり高額な商品となりますので、買った方が保存できるようパッケージを切ったりすることなく再現できるよう工夫しました。

■ドラマファンが泣いて喜ぶパッケージ形態

【圓道】まさに我々の本気度がどこまでかが、こちらのシリーズを見ていただくと分かっていただけると思います。たとえば、刑事ドラマでクルマが壊されるときって、壊れる瞬間、古いクルマに変わったりすることがあるじゃないですか。なので壊れる前と壊れるときの新旧両方のクルマ(西部警察13 「西部警察PART-1第4話『マシンガン狂詩曲』よりセドリック覆面パトカー230型/330型2台セット」)をパッケージに入れ込んだり。そうやってお客様が楽しんでいただけるよう、さまざまな商品を開発しています。

【金子】『西部警察』だけでなく『あぶない刑事』などのシリーズを作ることによって、新たなユーザー層にも購入していただいておりまして、そこから『トミカ』の世界に入っていただくという意味では、非常に有用なシリーズだと思っております。

【圓道】少し前に『さらば あぶない刑事』が公開されましたよね?

――はい。『あぶない刑事』は元々、1986年から日本テレビ系で放送されたドラマでしたが、2016年に映画『さらば あぶない刑事』が公開されました。

【圓道】実は『西部警察』のパッケージでインタビューさせてもらった方から、“あぶデカ”最後の映画をやるって話を教えていただきまして。ぜひモデル化したいという話があったんです。そして“あぶデカ”といえば日産のレパード。でも、劇場版では最初、日産が協力する予定じゃなかったらしくて。そこで、先にも話に出た上司の小林が日産と引き合わせたんです。映画の試写会で60歳を過ぎた柴田恭兵さんがレパードに乗っているシーンを見たときは、一同泣きそうになりました。単にクルマ好きの我々が貢献できて、本当に良かったなって思います。

(取材・文/今泉)

このニュースに関するつぶやき

  • 面白い!面白い! わしはモデルガンを揃えるタイプだけど♪ https://mixi.at/a6BYFOF
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 刑事ドラマも社会派とか小難しいこと言わないで、スカッとアクションな奴を作れば良いのに……
    • イイネ!26
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(56件)

あなたにおすすめ

ニュース設定