ホーム > mixiニュース > 海外 > トランプ米大統領がエジプト大統領を賞賛、人権問題などは触れず

トランプ米大統領がエジプト大統領を賞賛、人権問題などは触れず

0

2019年04月10日 11:17  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領は9日、ホワイトハウスにおけるエジプトのシシ大統領との会談を控えた共同記者会見で、シシ大統領を「素晴らしい大統領」と賞賛した。シシ大統領については米国の超党派議員グループから、人権問題や長期の任期延長に向けた動き、ロシアからの戦闘機購入計画などで懸念があるとの指摘が出ている。


エジプト議会は、シシ大統領の任期を2034年まで延長できる憲法改正案を提起しており、米ベテラン議員や人権団体は同国の人権問題とともに批判している。


トランプ大統領は、今後15年にわたる任期延長に向けた動きを支持するかと質問されたが、「彼は素晴らしい仕事をしていると思う。その動きについては分からない。ただ素晴らしい仕事をしており、素晴らしい大統領だとしかいえない」として明言を避けた。


シシ大統領は、2013年のモルシ前政権崩壊を受けて14年に就任。以来、イスラム教徒とリベラル派双方に対し、厳しい抑圧政策を取っている。


トランプ大統領は、シシ大統領を「私の友人」と表現し、人権問題には触れなかった。


エジプトはアラブ世界で最大の人口を抱え、イスラエルと平和条約を結ぶとともに、世界貿易にも米軍にも生命線といえるスエズ運河を管理していることから、米国にとって戦略上重要な存在。


エジプトがロシアのスホイSU─35戦闘機20機超と搭載用兵器20億ドル相当を購入する契約に調印したと報じられている件について、トランプ大統領は質問に答えず、「エジプトに関しては、テロリズムその他の問題について多くの進展がみられる」と述べるにとどめた。


さらに、「米国とエジプトの関係がいまほど良好だったことはない」と付け加えた。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定