ホーム > mixiニュース > 海外 > 米下院民主党、予算案の採決取りやめ リベラル派の反発で

米下院民主党、予算案の採決取りやめ リベラル派の反発で

0

2019年04月10日 11:21  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ワシントン 9日 ロイター] - 米下院民主党は9日、10日に予定していた2020年度連邦政府予算法案の採決を取りやめた。党内の左派が国内プログラム向け予算の増額を要求したことが背景。


昨年11月に共和党から下院を奪還した民主党だが、予算案を巡り党内のリベラル派と穏健派をまとめられないでいる状況が浮き彫りとなった。


下院リベラル派は、予算委員会が承認した計画に基づく民主党の法案が国防費の上限を6640億ドルと、国内の裁量的経費(6310億ドル)を上回る水準に設定していることに不満を示している。


リベラル派は国内予算に330億ドルの上積みを求めた。ただ、そうなると今度は民主党穏健派から予算案への十分な支持が得られない可能性があると議会関係者らは指摘している。


民主党指導部は、上院との協議は依然として進展する可能性があるとしている。


民主党議員らによると、予算での合意に向け、同党のペロシ下院議長がマコネル共和党上院院内総務と会談するという。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定