ホーム > mixiニュース > 海外 > 原油先物1%上昇、米ガソリン在庫急減に反応

原油先物1%上昇、米ガソリン在庫急減に反応

0

2019年04月11日 06:09  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 米国時間の取引で原油先物が約1%上昇した。米ガソリン在庫が大きく減少したことが背景。石油輸出国機構(OPEC)月報でベネズエラの産油量の急減が確認されたことも押し上げ要因となった。


清算値はブレント先物<LCOc1>が1.12ドル(1.59%)高の1バレル=71.73ドル、米原油先物(WTI)<CLc1>が0.63ドル(0.98%)高の64.61ドル。ブレント先物は一時71.78ドルと、5カ月ぶりの高値を付けた。


米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が10日発表した前週の週間石油統計によると、原油在庫<USOILC=ECI>は700万バレル増の4億5660万バレルと、2017年11月以来の高水準となった。一方、ガソリン在庫<USOILG=ECI>は770万バレル減。減少幅はアナリスト予想の200万バレルを超え、17年9月以来の大きさとなった。


リッターズブッシュのプレジデント、ジム・リッターズブッシュ氏は「ガソリン在庫の減少の方が原油在庫の増加よりも市場では重要視された。原油在庫の増加は来週にも簡単に反転すると予想されていることが背景にあると考えられる」と述べた。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定