ホーム > mixiニュース > 海外 > 秩序だったブレグジットには10月末までの離脱延期が最善=独首相

秩序だったブレグジットには10月末までの離脱延期が最善=独首相

1

2019年04月11日 11:30  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ブリュッセル 11日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は11日、欧州連合(EU)緊急首脳会議後の記者会見で、英国のEU離脱(ブレグジット)を10月末まで再延長するとの合意について、秩序だった離脱を実現するための最善策との認識を示した。


首相は「われわれはこの問題を検討し、離脱期限を10月に変更することを決めた。われわれは秩序だったブレグジットを望んでおり、それはわれわれが英国に一定の時間を与えることで最も確実になる」と発言。


「決定的なポイントは英議会が離脱協定案をいつ承認するかだ。われわれは離脱合意が適用され、変更されることがない点を明確にした」と語った。

このニュースに関するつぶやき

  • 10月には再々延長の議論が始まって居るに残り全部。
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定