ホーム > mixiニュース > 海外 > 英EU離脱、より長期の延期の方が好ましかった=独保守派議員

英EU離脱、より長期の延期の方が好ましかった=独保守派議員

0

2019年04月11日 19:49  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

[ベルリン 11日 ロイター] - ドイツの保守派議員、ノルベルト・レットゲン氏は11日、欧州連合(EU)首脳が英国のEU離脱期限を6カ月延期すると決定したことについて、より長い延期の方が好ましかったとの見解を示した。


レットゲン氏はドイツ与党、キリスト教民主同盟(CDU)の議員。


同氏はツイッターで、EU首脳の決定を巡り、マクロン仏大統領が欧州の統合よりも自身の選挙や利益を優先したと指摘した。


EUがブリュッセルで開いた緊急首脳会議では、多くのEU諸国はより長期の延期、英国のメイ首相は6月末までの延期を望んでいたが、フランスがより長期の延期に激しく抵抗し、半年間の延期に落ち着いた。[nL3N21T0VI]

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定