ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 今年のフジロックに出演!メロウな音が魅力の『サンセット・ローラーコースター』

今年のフジロックに出演!メロウな音が魅力の『サンセット・ローラーコースター』

0

2019年04月15日 16:10  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)

音楽プロデューサー, CD・レコードショップのバイヤー、ライブハウスのスタッフ、音楽評論家、海外在住の音楽ライターなどなど、様々なジャンルな方々が毎日日替わりでヤバい音を紹介する「GEEK OUT」のコーナー。4月10日(水)のオンエアでは、海外の音楽事情に迫ります。

登場してくれたのは青山のライブハウス『月見ル君想フ』のオーナー、寺尾ブッダさん。
台湾の音楽シーンに精通していて、日本と台湾を行き来している寺尾さんが紹介してくれたのは『落日飛車(サンセット・ローラーコースター)』という、いま台湾でアツいアーティス。ト


■80’s~90’sのシティッポップの現代版

POPS・ROCK・HIPHOP・いろんなジャンルがある中、台湾で共通して流行っているのがちょっとレトロな音。80年代の日本のシティポップが一部では流行っていて、そんな懐かしさと新しさの両方の要素をもってるミュージシャンが特に人気なんだそう。

そんな80’s~90’sのシティッポップの現代版と言えるのが『落日飛車(サンセット・ローラーコースター)』

寺尾:80年代に世界で流行したAORというジャンルの音楽をやっているバンドで、台湾ではもちろん、世界中で人気が高まりつつあります。
あっこゴリラ:ライブはどんな感じなんですか?
寺尾:曲調はすごくメロウでゆったりしているのですが、台湾の人がライブに来てゆったり体を揺らして楽しむような感じです。
あっこゴリラ:いいですね〜! 日本の音楽シーンとも相性がいいですね。
寺尾:日本のシティポップと言われてる新しいバンドたちの音とかもこっちでは聴かれてます。今年はFUJI ROCKにも出演します。
あっこゴリラ:今、勢いがあるバンドですね。


■ロマンティックをとことん突き詰めたライブが魅力

寺尾:彼らの持つ音とか歌詞の世界観がメロウでロマンティックなんですよ。ロマンティックをとことん突き詰めたライブだったり音なので、世界中どこ行ってもみんな感じるところがあるのかなと思います。
あっこゴリラ:なるほど!

【オンエアはこちら】『Burgundy Red』落日飛車(サンセット・ローラーコースター)をradikoで聴く

あっこゴリラ:ロマンティック! 懐かしい! シンセの音が鳴った瞬間から世界観が違いますもんね。時空が歪むばりに。
寺尾:80年代のフレーバーがありつつ現代っぽさもあるバンドだと思います。

寺尾ブッダさんオーナーの青山のライブハウス『月見ル君想フ』にて『DSPS』という台北バンドの来日公演が5月9日(木)に決定。気になる方は是非チェックしてみて下さい。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定