ホーム > mixiニュース > 社会 > 仮定の話にはコメントしない=為替条項で麻生財務相

仮定の話にはコメントしない=為替条項で麻生財務相

2

2019年04月16日 09:46  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[東京 16日 ロイター] - 麻生太郎財務相は16日の閣議後会見で、日本時間同日に米ワシントンで開かれた日米通商交渉の初会合について「(内容を)聞いていないのでコメントしない」と答えた。ムニューシン米財務長官が日米交渉では為替条項を議論すべきと発言したことに対しても「『たら、れば』の話(仮定の話)にはコメントしない」と述べた。


日米交渉が内容次第で消費税率引き上げに影響し得るかとの質問に対しても「今の段階で何も出てない段階で余計なことを話すつもりはまったくない」と述べた。


経済協力開発機構(OECD)は15日、日本に対して消費税率を最大26%まで引き上げる必要があると指摘した。麻生財務相は「2025年までの基礎的財政収支(PB)をきちっとしたものにしたいが、それから先の話は今コメントする段階ではない」と語った。きょうグリアOECD事務総長と会う予定という。



(竹本能文※)

このニュースに関するつぶやき

  • 『たら、れば』の話が現実になった時には嘆いても遅い。日本が有利になる交渉はありえない。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 「『たら、れば』の話(仮定の話)にはコメントしない」この回答はすでに山本太郎に潰されている。「答えられない」とはっきり言え、ひょっとこおじさん。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定