ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > マクラーレン・カスタマーレーシング・ジャパン 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

マクラーレン・カスタマーレーシング・ジャパン 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

0

2019年04月17日 11:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真McLaren 720S/2019スーパーGT第1戦岡山
McLaren 720S/2019スーパーGT第1戦岡山
Media Information

2019年4月17日

株式会社チームゴウモータースポーツ
マクラーレン・カスタマーレーシング・ジャパン

チーム初戦となるスーパーGT開幕戦、クラス19位完走
<レース結果>
2019年4月13日、14日
スーパーGT第1戦
岡山国際サーキット
決勝結果:GT300クラス19位

 4月13日(土)、14日(日)に岡山国際サーキットにて、マクラーレン・カスタマーレーシング・ジャパンの初戦となる2019年スーパーGT開幕戦が開催されました。チームゴウが発足させたマクラーレン・カスタマーレーシング・ジャパンはGT300クラスで、第1ドライバーにベテランの荒聖治、第2ドライバーにスピードに対する熱い情熱を傾けるスペイン人のルーキー、アレックス・パロウを起用し、カーボンモノコックボディに4リッターV8ツインターボエンジンを搭載したマクラーレン720S GTS、カーナンバー720で戦いに挑みました。

 13日(土)、ドライコンディションながらも路面温度が低い中で行われた公式練習では、メカニカルトラブルにより大きく時間をロスすることになりました。その後、アレックス・パロウのドライブで出走したノックダウン方式Aグループでの予選も、パロウ本来のパフォーマンスを出し切ることは叶いませんでした。

 14日(日)の決勝レースは雨となり、気温12℃、路面温度14℃という難しいコンディションの中、荒聖治がスタートドライバーとしてステアリングを握りました。セーフティカーの先導によりスタートした決勝は、3周でセーフティカーランが終わった後、序盤からクラッシュが続く波乱の幕開けとなりましたが、16時30分近くに2度目の赤旗中段の後、そのまま終了となりました。大混戦の中、荒がドライブする720号車のマクラーレン・カスタマーレーシング・ジャパンは、クラス19位でレースを終えました。

荒聖治のコメント
予選の結果、後ろからのスタートだったので、雨を逆手にとってジャンプアップできればいいなと思っていたのですが、ここまで気温、路面温度が低く、雨も量が多かったので、このGTカーにとっては苦手な状況になってしまったと思います。レース全体が危険な状況でもあったので、中止も止む無しでした。次はさらに上を目指して頑張ります。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定