ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > F1アゼルバイジャンGP全ドライバーのタイヤ選択:レッドブル・ホンダのふたりはソフトタイヤを多めに選択

F1アゼルバイジャンGP全ドライバーのタイヤ選択:レッドブル・ホンダのふたりはソフトタイヤを多めに選択

0

2019年04月17日 13:51  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真アゼルバイジャンGPの各チームのタイヤチョイスが発表に
アゼルバイジャンGPの各チームのタイヤチョイスが発表に
 次戦F1アゼルバイジャンGPでの各チームのタイヤチョイスが発表された。フェラーリはライバルチームよりもソフトタイヤを少なく選んでいる。レッドブルはこれとは対照的に、ソフトタイヤを多めに選んだ。

 ピレリはC2、C3、C4のコンパウンドをバクーに持ち込む。しかしセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは、赤いマーキングのソフトタイヤ(C4)を7セットとした。メルセデスのルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスの8セットより1セット少ない選択だ。

 またフェラーリは黄色のマーキングのミディアムタイヤ(C3)を5セットとしているが、メルセデスはこれを4セットとした。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペン、ピエール・ガスリーはソフトタイヤを9セット選択。しかしルノー、マクラーレン、レーシングポイントらはこれを10セット選んでいる。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定