ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > オリ育成出身の榊原プロ初勝利

オリの育成出身・榊原がプロ初勝利 6回1失点の力投、吉田正3試合連続弾

18

2019年04月17日 21:24  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真日本ハム戦に先発したオリックス・榊原=京セラドーム大阪(C)KYODO NEWS IMAGES
日本ハム戦に先発したオリックス・榊原=京セラドーム大阪(C)KYODO NEWS IMAGES
○ オリックス 6 − 4 日本ハム ●
<5回戦・京セラD大阪>

 オリックスは日本ハムに2連勝。育成出身の先発・榊原が、6回1失点の力投でうれしいプロ初勝利(1敗)を手にした。

 榊原は初回、一死から連打を浴ピンチを招いたが、4番・近藤を一ゴロに仕留めるなど無失点スタート。2回以降も走者を背負う投球が続いたが、粘りの投球で要所を締めた。4−0の5回は、二死から3連打を浴び失点。それでも、二死満塁で5番・中田を右飛に退け勝利投手の権利をつかんだ。

 6回は先頭の代打・杉谷に左翼線への二塁打を浴びたが、続く横尾の投ゴロを身を挺してブロック。打球を受けた影響が心配されたが、後続をいずれも内野ゴロに退けさらなる失点は防いだ。20歳の育成出身右腕は、6回107球を投げ、6安打4奪三振4四死球で1失点。同じく6回1失点だった7日の楽天戦(京セラD大阪)に続き、2試合連続で先発の役割を果たした。

 打線も効率よく右腕を援護。初回、3番・吉田正の3試合連発となる5号ソロで先制すると、2回以降も8番・若月の中前適時打などで小刻みに加点した。4−3の8回には、メネセスの右犠飛などで2点を追加。6−3と再び日本ハムを突き放した。

 投手陣は榊原が降板後、7回に2番手の吉田一が2失点、3点リードの9回にも抑えの増井が1点を失ったが、何とかリードを守り榊原が初白星を手にした。

このニュースに関するつぶやき

  • 育成の星頑張って欲しいです( ^ω^ )
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 榊原が育成出身とかではなく、オリックス史上初の育成出身投手の初勝利。本当におめでとう��ちなみに今日のファームの練習試合にてケガで出遅れていた黒木が復帰登板したそうな
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

あなたにおすすめ

ニュース設定