ホーム > mixiニュース > 海外 > 大麻抽出成分を使ったハンバーガー、米国で「大麻の日」に限定販売

大麻抽出成分を使ったハンバーガー、米国で「大麻の日」に限定販売

0

2019年04月18日 10:45  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

[17日 ロイター] - 米ハンバーガーショップのカールスジュニアが、大麻(マリフアナ)から抽出されるカンナビジオール(CBD)を使ったバーガーを20日の1日だけ、コロラド州デンバー店で販売する。ファストフードチェーンとしては初で、「大胆で予想外の」フレーバーを試す戦略の一環としている。


「ロッキーマウンテン・ハイ・チーズバーガー・ディライト」と名付けられたこのバーガーには、ハラペーニョのピクルスとペパージャックチーズ、CBDオイルを注入した「サンタフェソース」が使われる。CBDは落ち着きとリラックスを促進するが、気分を高揚させることはないという。


同社の広報担当者は「CBDは現在最も熱い注目を集めている料理トレンドの一つ。CBD運動の先駆けであるデンバーは、この新しいハンバーガーを試す最適の場所だ」と述べた。規制が許す限り、販売を拡大する可能性があるという。


コロラド州では2014年、娯楽目的での大麻の使用が合法化された。


バーガーの価格は4.20ドル(約470円)。「4.20」は大麻吸引を意味する俗語で、4月20日は米国で「大麻の日」と呼ばれている。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定