ホーム > mixiニュース > コラム > 「ねぎま」の由来は、“ねぎ”が鶏肉の“間”にあるから…ではない!?

「ねぎま」の由来は、“ねぎ”が鶏肉の“間”にあるから…ではない!?

12

2019年04月18日 12:00  citrus

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

citrus

写真写真

■“ねぎ”が鶏肉の“間”にあるって、言われてみれば作り話っぽい…?

 

ちょっとした軽食や酒のつまみなど、あらゆる場面で重宝する焼き鳥。

 

各コンビニのホットスナックの主力商品でもあり、特にファミリーマートが2017年6月に発売した「炭火焼きとり」は、たったの半年で累計販売本数1億を突破したなんてエピソードも!

 

さて、焼き鳥にもさまざまな種類が存在するわけですが、「ねぎま」が一番のお気に入りだという人も大勢いるのではないでしょうか。

 

鶏肉と、香ばしいねぎのコラボレーション……。あの味や匂いを思い浮かべると、よだれが出そうになりますよね。食材の組み合わせ的にヘルシーなイメージもありますから、好きな人は何本だってパクパク食べてしまうことでしょう(笑)。

 

そんな「ねぎま」の名前の由来を、みなさんは考えたことがありますか?

 

“ねぎ”が鶏肉と鶏肉の“間”に挟まれ、串に刺さっているから「ねぎま」――なるほど、いかにも“らしい”説ですね。むしろ、それ以外にあるのかというレベルでしっくりきます。

 

しかし、“ねぎ”は野菜のねぎで合っていても、“ま”には本来、別の意味がありました……。

 

それはズバリ、まぐろ! なんと「ねぎま」の“ま”は、まぐろの“ま”が由来だといわれているのです!!

 

もともと「ねぎま(葱鮪)」は鶏肉ではなくまぐろを使用し、ねぎと一緒に鍋で煮込んだり、焼いたりして食べる料理だったとのこと。「まぐろは単体で食べたほうがおいしくない?」と思うかもしれませんが、まぐろは江戸時代だと“下魚”扱いされており、庶民の食べ物だったんですよ。

 

つまり、まぐろの価格がだんだん高騰して、まぐろの代わりに鶏肉を使うようになったのが現在の「ねぎま」の成り立ち。まぐろと鶏肉では味も食感も大違いですし、誰がどうしてこのチョイスにしたのかという謎は残るものの(笑)、これだけ「ねぎま」の焼き鳥が普及したなら結果オーライなのでしょう!

 

ちなみに、俳句だと「ねぎま」は冬の季語になります。どちらかというと焼き鳥は冬よりも夏に、冷えたビールで流し込みたいという人も多そうですが、「ねぎま」は鍋料理でもあったことを踏まえれば、そこまで意外な話ではないですよね。

このニュースに関するつぶやき

  • 「江戸っ子なら常識でぃ!べらんめい!」←大阪在住。そう言えば「マグロといえばむらさき」って言ったら意味が分からず知ったかぶりして恥をかいた油そば屋が居たなぁ。因みに「ねぎまと言えばよし梅」だよ。 https://mixi.at/a6KKtAX
    • イイネ!9
    • コメント 0件
  • 知らなかったわ。ねぎまってネギとマグロでしたか。
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定