ホーム > mixiニュース > 海外 > 豪3月就業者数は前月比+2.57万人 予想上回る 失業率小幅上昇

豪3月就業者数は前月比+2.57万人 予想上回る 失業率小幅上昇

0

2019年04月18日 12:40  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[シドニー 18日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局が18日に発表した3月の雇用統計は、就業者数の増加が市場予想を大きく上回った。一方で、失業率は小幅上昇した。同国の労働市場が引き続き底堅いことが示された。


統計発表を受けて豪ドル<AUD=D3>は約0.25米セント上昇し、1豪ドル=0.7200米ドルを付けた。トレーダーは、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が利下げを急がないと予想した。


3月の就業者数は前月比2万5700人増加し、増加幅は市場予想の1万2000人を大幅に上回った。増加分はすべてフルタイムの就業者数だった。パートタイムは2万2600人減少した。


求人情報サイト、インディードのアジア太平洋担当エコノミスト、キャラム・ピカリング氏は「フルタイムが主導する底堅い雇用統計となった。家計と企業は利下げが行われるまで少し待つ必要があるかもしれないことが示唆された」と述べた。


「豪中銀を中心とした政策当局者の観点からすれば、これはポジティブな統計と受け止められるだろう」と指摘した。


豪就業者数は年率2.4%のペースで増加しており、人口増加率の1.6%を上回っている。


一方で3月の失業率は、8年ぶり低水準だった前月の4.9%から5.0%に上昇した。労働参加率は65.7%に上昇した。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定