ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > スーパーGT:王座狙うカルソニックGT-R。岡山は3位に終わるも「富士でも鈴鹿でも速いことは分かっている」

スーパーGT:王座狙うカルソニックGT-R。岡山は3位に終わるも「富士でも鈴鹿でも速いことは分かっている」

0

2019年04月18日 12:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真スーパーGT第1戦岡山でも速さを発揮したカルソニック IMPUL GT-R
スーパーGT第1戦岡山でも速さを発揮したカルソニック IMPUL GT-R
 4月13〜14日に岡山国際サーキットで開幕した2019年のスーパーGT。開幕前のテストから好調ぶりを発揮していたカルソニック IMPUL GT-Rは、予選2番手、決勝3位とポテンシャルを発揮した。ポールポジションと優勝にこそ手が届かなかったが、チームも「ここで獲れなくても、富士でも鈴鹿でも速いことは分かっている」と前を見据えている。

 オフのテストから好調で、周囲の期待(と警戒)もあれば、「結果を残さなくては」というプレッシャーは高まって当然だ。しかし、2019年シーズンのカルソニックGT-Rにそれは当てはまらない。

 チーム内外の誰に聞いても「今年はうまく回っている」といい、実際雰囲気は明るく、柔らかい。新加入ジェームス・ロシターが作り出す“空気”がそうさせている部分もあるようだが、テストから続く好調ぶりにはしっかりとした裏付けがある。

 このオフ、ニッサンGT-Rには足回りに改良が加えられたが、この部分でのBS(ブリヂストン)タイヤとのマッチングが抜群だったようだ。

「空力や軽量化による重配(重量配分)の変更も効いていると思うけど、アンダーステアは減った。もともとGT-Rはリヤのダウンフォースが出て、トラクションがいい。昨年はアンダーステアだったのでトラクションの良さがアダになっていたけど、曲がるようになってきたことで、トラクション方向の良さもしっかり出せるようになってきた。ダブルで効いている感じです」(佐々木大樹)。

 フロントロウスタートの開幕戦は、タイヤが温まらず、また「水煙の影響か、エンジンが吹けなくなった」(佐々木)とポジションを下げて終わったが、「ここで獲れなくても、富士でも鈴鹿でも速いことは分かっている」(チーム関係者)と、地に足を付けて悲願のタイトル獲得に向け戦う構えだ。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定