ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > エプソン、エコタンク搭載で使い勝手を重視したA4モノクロ複合機

エプソン、エコタンク搭載で使い勝手を重視したA4モノクロ複合機

0

2019年04月18日 14:22  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真最上モデルの「PX-M270FT」
最上モデルの「PX-M270FT」

 エプソンは4月18日、大容量インクタンクを標準装備したA4モノクロ複合機「PX-M270FT」「PX-M270T」、A4モノクロプリンタ「PX-S270T」の計3機種を発表、5月17日に発売する。価格はオープン、同社直販「エプソンダイレクト」販売価格はそれぞれ4万4980円、3万9980円、3万2980円だ(税別)。



【その他の画像】



 いずれもA4モノクロ出力に対応したビジネス向けのインクジェット複合機/プリンタで、1回の充填で約6000枚の印刷を行える大容量インクタンクを搭載し、印刷コストは約0.4円/枚(A4モノクロ文書時)を実現した。



 印刷面を下向きに排紙できるフェイスダウン排紙機構を装備しているのも特徴で、印刷した順に排紙を行える。自動両面印刷もサポート、複合機モデルは保険証や免許証などのカードの裏表を片面にまとめて印刷できる「ID カードコピー」機能も備えた。



 この他、大容量インクパックを搭載したビジネス向きA4カラーインクジェット複合機/プリンタ「PX-M885F」「PX-S885」、軽量小型設計のA4モバイルプリンタ「PX-S06B」「同W」も5月17日から発売される。



 PX-M885FおよびPX-S885は、2018年1月に発売された「PX-M884F」「PX-S884」をベースに無線接続機能を強化したモデルで、新たに5GHz帯無線通信をサポートしたのが特徴だ。価格はオープン、同社直販価格はそれぞれ3万9980円、2万9980円(税別)。



 PX-S06B/Wは、内蔵バッテリー駆動に対応したA4モバイルプリンタで、従来モデル「PX-S05B」「PX-S05W」をベースにWi-Fiへの自動接続機能を装備。またバッテリー駆動時に最大410枚の印刷を可能にする外付けバッテリーをオプションとして提供する。価格はオープン、直販価格はPX-S06B/Wが2万7980円、外付けバッテリーの「PX06EB」が9980円だ(税別)。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定