ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > オリンピックの全貌が見えてきた!? 複雑怪奇な抽選申込方法やチケット価格は「東京2020公式チケット販売サイト」でチェックせよ

オリンピックの全貌が見えてきた!? 複雑怪奇な抽選申込方法やチケット価格は「東京2020公式チケット販売サイト」でチェックせよ

1

2019年04月18日 18:40  d.365

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

d.365

写真掲載:d.365
掲載:d.365
全競技のスケジュールも発表され、じわじわと盛り上がりを見せ始めた東京2020オリンピック・パラリンピック。この段階で気になるのは、やはりお目当ての観戦チケットが手に入るかどうかだろう。

【詳細】他の写真はこちら

東京2020組織委員会は本日(2019年4月18日)、日本在住者向けのオリンピック観戦チケットの抽選申込受付を、2019年5月9日より開始することを明らかにした。また同時に、「東京2020オリンピック公式チケット販売サイト」をプレオープン。抽選の申込方法やチケットの席種、シートマップなどが閲覧可能になった。

東京2020オリンピック公式チケット販売サイト

本日公開されたサイト上では、まだチケットの購入こそできないものの、確定した競技日程、チケット価格といった情報をチェックすることで、オリンピック会期中の具体的な観戦プランを立てられる。スケジュールと会場をいまのうちに確認しておいて、5月9日の抽選申込開始に備えたい。

ちなみに今大会のチケット販売は、2019年5月から始まる抽選販売を皮切りに、秋以降に予定されている先着順販売、2020年春以降の直前期販売、そらに都内に設置予定の公式チケット販売所での販売などなど、複数の販売チャネルで五月雨式に展開されていく。

さらに言うと、抽選、購入といった一連の手順や、決済方法がコンビニでの現金払い(30万円まで)とVISAのみだったり、抽選申込および当選枚数に上限が設けられていたりと、とにかく一般的なスポーツイベントとは比較にならないほど複雑なシステムになっている。観戦希望者は、まずチケット販売サイトの隅々まで熟読して、販売システムを理解する必要があるように思えた。

発表会のトークセッションにて。進行役の大橋未歩アナと北島康介氏。

なお、今回の発表を行ったのは、オリンピック3大会出場の競泳・北島康介氏。発表会でのトークセッションでは、「超気持ちいい」「何も言えねえ」といった”名言”が飛び出す一幕も見られた。いざ抽選申込がスタートしてから複雑な申込フローに何も言えなくなってしまわぬよう、今のうちにしっかりと事前準備を進めておきたいものだ。

関連サイト
東京2020オリンピック公式チケット販売サイト

text渡辺 "d." 大輔(編集部)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定