ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 粗品、IPPONグランプリ初参戦

粗品、『IPPONグランプリ』初参戦 『M-1』『R-1』との3冠狙う

26

2019年04月19日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真20日放送の『IPPONグランプリ』(C)フジテレビ
20日放送の『IPPONグランプリ』(C)フジテレビ
 大喜利の祭典『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)が、あす20日の放送で21回目を迎える(後9:00〜11:00)。今回は歴代王者5人(秋山竜次、川島明、千原ジュニア、バカリズム、堀内健)、ピースの又吉直樹、ナイツの塙宣之に加えて、インパルスの板倉俊之、霜降り明星の粗品、さらば青春の光の森田哲矢が初参戦。粗品は『M-1グランプリ』『R-1ぐらんぷり』と続いて、前人未到の3冠を狙う。

【全身写真】トロフィーを持ち『R-1』王者を喜ぶ粗品

 『IPPONグランプリ』は、大会チェアマンにダウンタウンの松本人志を迎え、出場芸人10人がシンプルに大喜利のみを行い、勝者を決めるバラエティー番組。単純明快なコンセプト、一筋縄ではいかない問題、出場者たちの面白い回答などがあいまって、「第38回放送文化基金賞 優秀賞」を受賞するなど、回を重ねるごとに反響を呼んでいる。

 出場芸人はAブロック、Bブロックに5人ずつ分かれ、それぞれのブロックで大喜利を行う。Aブロックの審査はBブロックの芸人が、Bブロックの審査はAブロックの芸人が担当し、面白いと思ったら手元のボタンを押す。ボタンは一人2個あり、全員が2個押して、合計10点満点を獲得すると「一本」となる。

 粗品は、今回の初参戦を受けて「芸人になってから、ずっと出たいと思っていたのでうれしかったです。『M-1グランプリ』で優勝して、『IPPONグランプリ』に出るのが夢でした。昔、放送していた『IPPONスカウト』にも、めちゃくちゃ頑張ってアンケートを書いてエントリーをしていました」とコメント。「『IPPONグランプリ』では同じ土俵で戦う方々が、『M-1グランプリ』や『R-1ぐらんぷり』と比べて、ベテランの方々ばかりでしたので、すごく良い経験をさせていただきました」と思いを伝えた。

 慣れない舞台に緊張もあったようで「勝手がわからないので、難しかったですね。ボタンがなかなかつかなくて、テンパりました。Aブロックの審査をさせていただいたのですが、バカリズムさんとジュニアさんは、やっぱりすごかったですね。全部、“IPPON”で良いくらいに面白すぎました。同じBブロックでは、特に川島さんが目の覚めるような回答をされていて、ハッとさせられました」と回顧。「ファンの方々は、僕が“IPPON”を取ることを期待して下さっていると思いますが、例えば4点とか5点とか、“IPPON”を取れなかった時の方が、画面上では僕の顔は大きく映っているので、そちらの恥ずかしい顔も楽しんでいただけたらと思います(笑)」と呼びかけていた。

 番組観覧ゲストには、田辺誠一、夏菜、吉田沙保里が出演する。

このニュースに関するつぶやき

  • 粗チン、『IPPONグランプリ』?私『SO-1』1冠狙う���줷����
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 勝ってもまた『吉本のごり押し』と批判されそうですね(;・ω・)
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

あなたにおすすめ

ニュース設定