ホーム > mixiニュース > トレンド > 東京/羽田〜広州往復が総額約1万円! 往復運賃が1,000円の「エラー運賃」販売

東京/羽田〜広州往復が総額約1万円! 往復運賃が1,000円の「エラー運賃」販売

0

2019年04月19日 14:01  Traicy

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Traicy

写真写真

中国南方航空のエラー運賃と思われる東京/羽田〜広州間の航空券が、一部航空券予約サイトで発売されていたことが、19日までに分かった。

中国南方航空を利用する、東京/羽田発広州行の航空券が、一部航空券予約サイトで格安で販売されていた。

この価格で取り扱っていたのは、航空券予約サイト「サプライス(Surprice)」。内訳は、航空券料金が1,000円、燃料サーチャージなどが3,900円、諸税が5,180円の計10,080円と表示があった。

同じ日程・時刻の航空券を、中国南方航空公式サイトでは、54,980円で販売している。航空券料金は45,900円。サプライスの航空券運賃は97.8%引きであるとわかる。

同様の料金は、サプライスにて、5月から10月までの幅広い日程で設定されていた。筆者が確認した、19日午前4時時点でも、購入は可能であった。また、大手旅行会社「エイチ・アイ・エス(H.I.S.)」でも、取り扱い手数料を収受した上で販売されていることを確認した。それ以外の旅行会社では販売されていなかった。

航空券の予約クラスは不明。片道での発券はできなかった。ネット上では、18日午後10時頃から当該運賃の報告がなされていたが、19日午前10時頃までに販売を終了したことが確認された。なお、サプライス上で購入した航空券は、確保はされているというものの、航空券の情報はまだ確認できていない。

なお、サプライスでは「当社は、旅行開始前において、運送・宿泊機関等の運賃・料金の改定、その他の事由により旅行代金の変動が生じた場合は、当該旅行代金を変更することがあります。」と旅行条件書に記載している。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定